« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月24日 (木)

湘南戦

湘南ベルマーレ 1-2 コンサドーレ札幌
得点:アジエル、西谷(=PK)、ダヴィ

前半は、サイドに開いてもトップにあてても、ボランチが前に進んでも、とにかくどこに出してもボールが収まらない状況。急造ライン自体はそこまで破綻しなかったもののセットプレーで失点、これはかなりきついと会場の誰もが思った(と思う)。

後半からは、いつものキレが無く池内とのコンビネーションも今ひとつだった征也に代わり砂川が、ポストは収まっていたもののいつも以上に苦しんだ中山に変えて石井を投入し勝負に出る。

すると面白いようにボールが動き出す。砂川のところを除いては前半同様あまり収まってはいなかったが、とりあえず動くには動くという状況。

その後2点はいって逆転勝ちしたわけだが、まとめて思ったこと。

○点を取るという選手の気持ちと、とにかく追いつくというサポーターの気持ちとが、上手くかみ合っていた。点が入るという雰囲気を作り出せている感じはする。

○サポーターは同点で満足せずもう一点とろうという声があちらこちらから聞こえてきた。選手も同点の後はもちろん勝つつもりでやっていた。それは素晴らしいことだと思う。

○追いついていい感じに攻め続けていたらいつの間にか失点していた、という去年までのイメージはない。サポーターには若干後遺症が感じられたけど、僕らも「絶対点は入れられない」という雰囲気にもっていけるようになれば強いと思う。

●征也はいくら何でもあれではちょっとなぁ。
●ダヴィはキック力が弱いのか何なのか。ヘディングは見事。
●吉瀬のフィードはいい感じ。

相変わらず平塚はちょっと東京を脱出した気分になれて良いところ。しかし微妙に遠いのが玉に瑕。おまけに仮眠の後CLを見たりしたもんだから今日は眠いったらありゃしない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »