« [Perfume]COUNTDOWN JAPAN 09/10@幕張メッセ(1) | トップページ | [Perfume]DVD:直角二等辺三角形TOUR »

2009年12月29日 (火)

COUNTDOWN JAPAN 09/10(2)

(2)と書くと紛らわしいですが、昨日の話です。Perfume以外の。

・前説(朝礼)

渋谷さんがフジファブリックについて触れ、その上で観客の使命は熱く盛り上げることだと力説。いよいよ今年も始まります。スピーカは今年も増強、確かにパフュの時も立ってるだけでビリビリ言ってました。

・9mm Parabellum Bullet

演奏がうまいのと耳に残るメロディーと。かっこいいです。ロック自体が好きかどうかという問題はあっても、普通に音楽が好きなら9mmの良さは伝わるんじゃないかと思います。まあ、だからこそここまで評価されてるんでしょうけれど。

・木村カエラ

ベストに収録される新曲のYou bet!!が聞けたり、Butterflyでしっとりしたり、Jasper、BANZAIで盛り上がったり。奇妙に飛び跳ねながらEARTHはカエラワールド。Perfumeもそうだけど、実力の上に曲にも恵まれてるよね。

・RAM RIDER

ちょっとしか見らんなかったですけどVJでは鳥居が沢山出てきて印象的。

・ゴスペラーズ

初出場、正真正銘のアカペラ「ひとり」が奏でられるEARTHは新しい。とにかく「うまいなぁ・・・」って思い続ける時間でした。フォーメーションをとり、おもむろに踊り始める5人、ミモザ。んでMCでは「踊ると思ってなかったでしょ?その上結構喋るんですよ? コンサートだと3時間は帰しませんよ!!」・・・面白い!こりゃPerfumeと良い勝負だな~w ♪ウイスキーはお好きでしょ・・・も披露されたりしつつ、その後も「永遠に」などが響き渡りました。

・坂本龍一

ピアノ二台、片方は自動演奏というパフォーマンス。こういうフェスはジャンルは何でもありですが、とはいえこの日は(Perfumeも含めて)色々盛りだくさんすぎる感じでした。筆者にとってはアウエー感が少なくて良かったですけどね。

・ダイノジ

満員のDJブースをむちゃくちゃに盛り上げたダイノジ。エアギターやら振り指導やら余念がありません。さんざんやったあげく、「これを9mmのライブでやらないように」などと笑いも誘いつつ。

・ユニコーン

初日ヘッドライナーはユニコーン。今年の曲とかつての曲を織り交ぜながら、すばらしい日々を聞いたところで会場をあとにしました。雪の降る町はアンコールだったようですが、そこまでいると帰りが非常に混雑するので致し方ありません。なんでもアリ、ってことを誰しもを納得させる形で出来る人たちなんてそうなかなかいないでしょうね。

++

こうやって色々なアーティストの演奏を聴いていると、そこから色々なことを思い浮かべることができます。

たとえば、夏のRIJと冬のCDJを対比することで、日本に四季があることのありがたさを感じます。同じ「ミモザ」を夏の夕暮れ時に聞くのと、冬の照明の下で聞くのは、どちらもすばらしいのですがたぶん違うものなわけです。

比較的どうでも良いこととしては、ゴスペラーズがあんなに踊るんだったらSMAPとは何が違うんだろう、というテーマもなかなか奥が深そうです。ユニコーンを見ても、Perfumeの15年後が分かるわけではないですが、それでも見ないよりは色々考えることが出来ます。

そんなこんなで、何事も生で見るのは大事だな、とあらためて思いました。その意味合いは昔とは大きく違うとしても。いや、だからこそ。

|

« [Perfume]COUNTDOWN JAPAN 09/10@幕張メッセ(1) | トップページ | [Perfume]DVD:直角二等辺三角形TOUR »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123631/47148435

この記事へのトラックバック一覧です: COUNTDOWN JAPAN 09/10(2):

« [Perfume]COUNTDOWN JAPAN 09/10@幕張メッセ(1) | トップページ | [Perfume]DVD:直角二等辺三角形TOUR »