« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月29日 (火)

COUNTDOWN JAPAN 09/10(2)

(2)と書くと紛らわしいですが、昨日の話です。Perfume以外の。

・前説(朝礼)

渋谷さんがフジファブリックについて触れ、その上で観客の使命は熱く盛り上げることだと力説。いよいよ今年も始まります。スピーカは今年も増強、確かにパフュの時も立ってるだけでビリビリ言ってました。

・9mm Parabellum Bullet

演奏がうまいのと耳に残るメロディーと。かっこいいです。ロック自体が好きかどうかという問題はあっても、普通に音楽が好きなら9mmの良さは伝わるんじゃないかと思います。まあ、だからこそここまで評価されてるんでしょうけれど。

・木村カエラ

ベストに収録される新曲のYou bet!!が聞けたり、Butterflyでしっとりしたり、Jasper、BANZAIで盛り上がったり。奇妙に飛び跳ねながらEARTHはカエラワールド。Perfumeもそうだけど、実力の上に曲にも恵まれてるよね。

・RAM RIDER

ちょっとしか見らんなかったですけどVJでは鳥居が沢山出てきて印象的。

・ゴスペラーズ

初出場、正真正銘のアカペラ「ひとり」が奏でられるEARTHは新しい。とにかく「うまいなぁ・・・」って思い続ける時間でした。フォーメーションをとり、おもむろに踊り始める5人、ミモザ。んでMCでは「踊ると思ってなかったでしょ?その上結構喋るんですよ? コンサートだと3時間は帰しませんよ!!」・・・面白い!こりゃPerfumeと良い勝負だな~w ♪ウイスキーはお好きでしょ・・・も披露されたりしつつ、その後も「永遠に」などが響き渡りました。

・坂本龍一

ピアノ二台、片方は自動演奏というパフォーマンス。こういうフェスはジャンルは何でもありですが、とはいえこの日は(Perfumeも含めて)色々盛りだくさんすぎる感じでした。筆者にとってはアウエー感が少なくて良かったですけどね。

・ダイノジ

満員のDJブースをむちゃくちゃに盛り上げたダイノジ。エアギターやら振り指導やら余念がありません。さんざんやったあげく、「これを9mmのライブでやらないように」などと笑いも誘いつつ。

・ユニコーン

初日ヘッドライナーはユニコーン。今年の曲とかつての曲を織り交ぜながら、すばらしい日々を聞いたところで会場をあとにしました。雪の降る町はアンコールだったようですが、そこまでいると帰りが非常に混雑するので致し方ありません。なんでもアリ、ってことを誰しもを納得させる形で出来る人たちなんてそうなかなかいないでしょうね。

++

こうやって色々なアーティストの演奏を聴いていると、そこから色々なことを思い浮かべることができます。

たとえば、夏のRIJと冬のCDJを対比することで、日本に四季があることのありがたさを感じます。同じ「ミモザ」を夏の夕暮れ時に聞くのと、冬の照明の下で聞くのは、どちらもすばらしいのですがたぶん違うものなわけです。

比較的どうでも良いこととしては、ゴスペラーズがあんなに踊るんだったらSMAPとは何が違うんだろう、というテーマもなかなか奥が深そうです。ユニコーンを見ても、Perfumeの15年後が分かるわけではないですが、それでも見ないよりは色々考えることが出来ます。

そんなこんなで、何事も生で見るのは大事だな、とあらためて思いました。その意味合いは昔とは大きく違うとしても。いや、だからこそ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Perfume]COUNTDOWN JAPAN 09/10@幕張メッセ(1)

長いことライブハウスでライブやってたって理由も大きいんでしょうが、07年のサマーソニック大阪以来すっかりロックフェス常連となったPerfume、年末恒例のCOUNTDOWN JAPANには三年連続の出場となりました。

今年ももちろんキャパ最大のEARTH STAGEですが、実は「同じステージに帰ってくる」のは今回が初めて。(※例えばロキノンは、MOON(07冬)→LAKE(08夏)→EARTH(08冬)→GRASS(09夏)) もちろん、初めてのしかもアイドルらしからぬ場所でさんざん経験値を上げてきた彼女たちですが、とはいえすでに経験しているというのは大きいことなのか、去年よりも楽しそうで伸びやかなパフォーマンスを見られました。なおかつツアー終盤よりも動きにキレがあって、かなり素晴らしい出来だった気がします。

いっぽうフロアは、休日だった昨年と比べると社会人の数が少なく、すなわちファンの主力を一部欠いた状態であることは否めない面がありました。フロントエリアの真ん中くらいでも自分の声がよく聞こえ、コール&レスポンスの「そうでない人」やら「うえのはーしたのはー」「サバイバルダンス」「ウルトラソウル」あたりは初めてなのかぽかーんとしてる人も沢山いました。あまりに本当にぽかーんとしてるので面白かったけど。

それに限らず荷物持ったままフロントに入って、オープニングアクトの9mmでいきなりモッシュがかかってあたふたしてる人とか、パフュのORD始まった途端に予想以上の身動きの取れなさに脱出してくる人とか、ちょっとそれはどうなのと言いたくなる場面もなきにしもあらず、とにかく事故など起こらず良かったです。

それでは1曲目から。

::I still love U
SE無しで暗転したまま三人出てきたかと思ったら突然始まりました。サビのYou and meのところでサイドの二人がずんずんっと前に出てくるところはいつも素晴らしいです。

::ワンルーム・ディスコ
フロアがPerfumeの温度になったところで今年唯一のシングルを投下。今年もEARTHはディスコになりました。

::エレクトロ・ワールド
ここで休む間もなく最強のチューン投下。スタンディングでエレワは久々なわけで、ファンは完全にヒートアップし飛び跳ねるのみ。セットリストでは今日最大の収穫。

::MC
今回はフェスとしてはちょっと長めで恒例の客いじりやら茶番やら。

::Dream Fighter
まあ、定番ですね。意外とこっちも体力使うんだこの曲。たぶんサビが長いからかな。

::Zero Gravity
イントロの波の音でざわつくと、さいころが袖から登場しイベントでは初披露のゼログラ。間奏でさいころの上に立って会場に手を振る三人、そこにいるだけで幸せですね。

::MC/PTA
前述のサバイバルダンスなど。当然この後に続くのは、

::チョコレイト・ディスコ→::ポリリズム
説明不要ですね

++

ライブはいつもですが、今日も本当に楽しかったです。去年と同じステージ同じ角度で見ると、あ~ちゃんがさらに細くなったなぁって実感。かしゆかものっちもすっかり大人っぽくなりました。MCでも曲中でも楽しそうな三人を見てちょっとだけ明日への希望がわいてくる、Perfumeにはそういう力がありますよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月22日 (火)

[Sweet Vacation]E-TRiPPER4@DUO

去年の12月に代官山UNITで第一回目が開催されてから、会場をDUOに移して4ヶ月に一回のペースで1年経ち、4回目を迎えました。今回は、レコライド、Jaccapop、LIL、Sweet Vacation、Q;indivi starring Rin Oikawaの順に5組、合間にはDaichiさん、SiZKさん、tsugeさんのDJといういつもの布陣。

初出演のレコライドで既にかなりの盛り上がりを見せ、常連となったJaccapopやLILには回を重ねるごとに勢いを感じます。SUNくんの「JaccapopヴォーカルのSUNです! ・・・本気で怒られるかもw」は面白かったですね。MIRUさん赤い衣装がとても似合ってました。LILともなると、私の周囲では当然のようにモッシュがかかり、周囲に結構驚かれたりもw

++

そんでもってスイバケ。久々のフルバケイションだったのですがVJスギ様は2階からのコントロールで、正面は5人体制。今日はクリスマスライブというコンセプトなので、完全に冬モードでしたね。今までにないセットで新鮮さもありつつ、暖かみのあるライブでした。

昨年配信限定でリリースされたクリスマスソング、Magic Snowでスタート。Mayさんはキャビンアテンダントみたいなかわいい衣装に帽子、Daichiさんは真っ赤なシャツに身を包んでいらっしゃいました。登場するなり"Mayサンタ"からお菓子の投げ入れサービス。近所の二つ拾った方に一ついただきましたv

つづいて、1月発売のCover the Vacationから、GhostbustersKidsを連続披露。「ゴーストバスターズ!」の合いの手に会場が一つになります、というかMayさんの煽り方がかわいい上に面白い。

MCではアルバム発売、シークレットライブ、クリスマス話、サンタさんの話などなど。Mayさんの話が本当なら、タイにはサンタはそもそもいないらしいですw 曰く、「タイは暑いから、Reindeer(トナカイ)が死んじゃうでしょ?」「それにchimney(煙突)も無いのよ」と。一方のDaichi先生が「まだサンタを信じてます」と言ったその時のMayさんの不満そうな顔といったらもう。かわいいですね。

セカイカメラの企画のテーマソング、Mayさん曰く「大切な人に会いたくなる曲」Love Cameraには、一部のファンが大好きなDaichiさんパートがありますw 続いて、アリオの時よりだいぶパワーアップした気がするアプリのテーマTOKYO DATE、そしてあいにいこう。Daichiさんパートで起こるモッシュと大合唱はもはや定番(?)。「良いお年を」という挨拶を挟んで最後の曲はCalling You。なるほどこれ冬の曲だったんだな。Mayさんから日本語でこの一年間について感謝の言葉が語られ、終演となりました。

それにしてもMayさんは綺麗な、というか透明な声してるよなぁ。あの声を聞いているだけで幸せになります。そういや、Mayさんをあんまり褒めると調子に乗るからほどほどにするように、って大地さんに言われた気もしますがw

++

最後はQ;indivi。クリスマスらしい曲目で、透明な音に浸って、すっかり良い気分になって帰ってきました。Jaccapopの物販では前回買えなかったアルバムを買い、Daichiさんとちょこっとお話しさせて頂き、そんなこんなでクリスマスの良い思い出です(推定)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »