« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月26日 (土)

[Sweet Vacation]@音霊 Sea Studio

今年も音霊にスイバケが帰ってきました.あいにくの小雨でしたが.

14時開演,スイバケは16時からと聞いていたので,てっきり4~5組目かと思っていたら,なんと1組45分+転換15分という長丁場.6組出演したら20時じゃないか.そんな遅くまでいるわけにはいかないのだが,ということで,結局スイバケまで見たところで撤収してきました.

セットは

(SE)I Feel So Good More
why don't you
Escape!!

MC

Walk This Way
Suddenly I See
TOKYO DAYS

MC

グッディグッディ
heaven's discotheque
ラブカメラ
Summer Day

となんとまあ10曲.google,appleのシスターズと4名でのステージで充実の時間でした.なんかいろいろな曲のフリがちょっとずつ変わっていましたが,進化しているようですね.

次のアルバムに収録されている曲では,heaven's discothequeがDJ以外では初披露(?),まあとにかく私は初めて聞きました.twitterで大地さんが「自信作」とおっしゃっていたのですが,このディスコチックな曲は今のMayさんだから出来る表現だなぁと思いました.そうそう,Mayさんずいぶん大人っぽくなったなぁというのが今日の第一印象で,この数ヶ月でちょっと雰囲気が変わった気がします.相変わらずかわいいけどね.

あと,シスターズは,やはり先代に比べると動きが人間っぽいので,悪い見方をするとすごく普通のアーティストのバックダンサーに見えてしまうんですよね.すると,たとえばTOKYO DAYSみたいにサビが何度もリピートする曲では,ただなんかステージ上で飛び跳ねてるだけ,みたいに見えてしまう恐れがあって,「どこかの屋外ステージで行われているパフォーマンスと何が違うんだ」という疑念を一瞬抱いてしまう面はありました.まあ,それはそれで悪くないんですが.

翻って先のheaven's discothequeですが,これは柔らかい動きの方があってるんだろうな,と.聞いてるうちにHappy Night(モーニング娘。4thシングル「Memory 青春の光」のc/w)が思い出されたのはどういうわけか,作者の意図に反してなければよいのですが...こういう賑やかさというか猥雑さというか,エネルギッシュというかバイタリティがあるというか,それをheavenって単語につなげるのはすごいなぁと思ったのでした.良い曲!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

[Perfume]Music Lovers Live@Yokohama Arena

17時からということで4組で20時くらいには終わるんだろうと思っていったら21時半までかかりました。意外と皆さんたくさん曲目をやるし、休憩時間も長く確保されるとかで。ちなみにAI→KREVA→Perfume→スキマスイッチの順。

どのアーティストも良いライブだったのでなかなか大満足でした。しかしパフュの前の舞台転換では本気で何も出てこない、今日はお立ち台もない、ということでまっさらなステージが目の前に残されるのは圧巻。そしてそこできちんと三人だけでパフォーマンスを完成させるのもさすが。

DF→不自然→ORD→MC→セブンス→ナチュラル→PTA→チョコ→パピラ

今日は、

・東京ドームの告知が初めて聞けた
・不自然なガールフルが初めて聞けた
・セブンスが聞けた
・ほかのファンもいる中でパピラを決行した

といったあたりが見所でした。かしソロ好きっす!!スタンドだとさすがにパピラの上下上上下上下下に苦戦する人が多数いらっしゃったのですが、筆者は精一杯がんばってみました。そして聞けるとは思っていなかったセブンスには感動。東京ドームを意識した発言もたくさんみられ、また何か新しいものへの挑戦を目の前に控えたがゆえの力強さというか頼もしさというかが感じられました。しかしあの登場の仕方はどうなのよ。いろいろ事情があるにせよ、edgeでいつも通り登場してほしかったな。

++

あと楽しみ方は人それぞれとはいえ、なんかもうスタンドはカオスでした。僕はDFのコールは嫌いなんですよ。BメロもPPPHリズムに持ってく必要はないと思うのですよ。ましてORDのサビでPPPHしてる(!)人もいれば、スキマスイッチの全力少年のBメロでPPPHリズムを試みる彼らのファンの方もいたりと、もういろいろでそれはそれで楽しかったです。あと、どうしても初めての人が多いと手拍子が多くなるんだけど、個人的にはパフュは手拍子はそんなに必要な場面がないと思っていたり。

なんはともあれ4組とも魅力的で楽しい日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »