« [山下達郎]Performance 2010@神奈川県民ホール(1) | トップページ | [Perfume]LIVE@Tokyo Dome 1234567891011 »

2010年10月28日 (木)

[山下達郎]Performance 2010@神奈川県民ホール(2)

昨日の続き,私ごときが曲の話を書いても仕方ないので印象に残ったMCを.

★ライブ開催について
「もともとツアーはアルバムの宣伝のためにやっていた」「アルバムを出す間隔が開くとともにツアーも減っていた」「パッケージが売れなくなってきているし,レコーディング中心からライブ中心に変えることにした.アルバムが出ても出なくてもツアーは来年以降も続ける」

★ライブの「予習」について
「20代30代の方もいらっしゃいますが多いのは親の影響とか(ちなみに私もそうですね)」「最近若い人たちは予習と称して曲を聴いてから来たりしますが山下達郎のライブではそういうのは意味ないですからね!」「予備知識が無ければ楽しめないのはライブではない」

これはまさにそうでしょうね.「この3つを押さえておけばとりあえずOK」みたいな教育をなされて育ってきているのが私たちの世代.私はそれに真っ向から反発していった結果こういう人間になっていますが,確実に少数派ですし.私はアイドルであるところのハロプロの現場ですら,予備知識がなければ楽しめないような内輪状態はあまり好きではなくて,決まり事などは「知っていれば楽しいけれど知らなくても楽しい」状態であるべきだ,という主張はこれまでも何回も書いてきたとおりです.

★メディア露出について
「テレビに出なければ出ないで都市伝説みたいなのが生まれる」「今年ライジングサンに出演したら「ホントにいるんだ―」と客に言われていた,という話を聞いた」「インターネットで変な顔文字(注: 川´3`) )が出来たがあんなに唇は厚くない」

★シュガーベイブ時代,Ride On Time前後の時代について
「地方都市でホールが埋まらないところも多かった」「1500人のホールに600人なんかだと「ここでやるのは今回が最後かもしれない,だからやれるだけやろう」という考えになったのが3時間ライブの始まり」

これは実は普段Perfumeがライブ中に言っている話そっくりで,だいぶ年齢が違うことを考えると驚異的です.まあ,達郎さんがシュガーベイブの一員としてデビューしたのは22歳の時ですから,最近は何を目指すにもずいぶん若い頃から頑張らなければならない時代ですよね.

|

« [山下達郎]Performance 2010@神奈川県民ホール(1) | トップページ | [Perfume]LIVE@Tokyo Dome 1234567891011 »

コメント

やっぱりライブの予習をするのですか・・。職場の若い方もそんなこと言ってたなあ。”なんちゃって千秋楽”は会場全体で一期一会って感じで、そういえばさりげない今日もそういう一日だって思い返したりしました。

投稿: | 2010年10月29日 (金) 22:44

どうなんでしょうねぇ,ボクはそういうことをしない人間なのでよく分からないですけど,周りを見てるとそうなのかもしれません.

投稿: umrn | 2010年10月29日 (金) 22:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123631/49865403

この記事へのトラックバック一覧です: [山下達郎]Performance 2010@神奈川県民ホール(2):

« [山下達郎]Performance 2010@神奈川県民ホール(1) | トップページ | [Perfume]LIVE@Tokyo Dome 1234567891011 »