« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月29日 (水)

[Perfume]COUNTDOWN JAPAN 10/11

今年は修士論文で無理かと思っていましたが,前倒しを重ねて時間が空いたので行ってきました.miwaさん,奥田民生さんに続いてPerfume.例によって最前の左側の前の方,たぶん7~8人目のところで見ていました.

筆者にとって東京ドーム公演以来のPerfume.ドーム公演は個人的にはあまりしっくり来るものではなく,そのことはこのブログにもさんざん書いてきたとおりだっただけに,このEARTH STAGEでのパフォーマンスはとても興味深いものでした.

結論からいうと,とても素晴らしいライブでした.というか,Perfumeを見ていてここまで素直に楽しめて,素直に感動できたのは,かなり久々のような気がします.

セットリスト:
SE FAKE IT(サビ+間奏)
1 ねぇ
2 ワンルーム・ディスコ
MC(ドーム同様カレーの具でチーム分け)
3 VOICE
4 マカロニ
P.T.A.のコーナー(歯磨き,お正月の歌,サバイバルダンス,ウルトラソウル)
5 The best thing
6 Puppy love
7 ポリリズム

FAKE ITがかかるなり,パステル色っぽい衣装に身を包んだ三人がステージに登場.そして早速ステージに幅広くポジションを取り,三人とも前後左右に広く舞い踊ります.そして間奏になりセンターにいたのっちが両手を大きく広げたとき,筆者はやっとドーム公演がちょっとだけ分かった気がしました.

すなわち,従前のPerfumeは,三人が近い距離にいてこそその力を最大限発揮していて,それは武道館でも,横浜アリーナでも,EARTHでも変わらない部分でした.それゆえ,東京ドームのあの距離にはかなりの違和感があったのです.

しかし,今日目の前にいた三人は,明らかに普段より広いポジションを取りながらも,個々人の躍動感,もっと言えば自由が増すことによって,その距離を埋め,確実にかつてと同じような力を発揮しつつありました.それは,ドームで彼女たちが得たのであろう,大きな会場に対するスケール感の表現方法なのかもしれません.

ねぇ,ワンルーム・ディスコと続きMC.ドーム同様ににんじん,たまねぎ,じゃがいもチームに分かれた上で,「全員」を意味する「お肉」レスポンスは,なんと練習なしで成功.ここに今のPerfumeの状況が端的に表れているように思われます.つまり,かなり内輪化しているのだけれど,そもそもその領域があまりに広いので,外との流動が保たれているように見える,という状況です.まあ,これはこれでいいのかもしれません.

VOICEでフロアがさすがに熱くなってきたところにマカロニ.P.T.A.のコーナーも内輪ノリが通用しきってしまう怖さはありますが,今回は「お正月」を三人で歌い,お正月にやりたいことを順番に歌詞に乗せていくという試みがなされました.かしゆかは「お雑煮食べる×3」,のっちは「うーんなにしようコマを回して」,あ~ちゃんは「ショッピングショッピングお餅食べる」みたいな感じ.

そして,Puppy loveやThe best thingの振りを練習した流れで,いつもならチョコレイト・ディスコのところにそのままThe best thingが投下.筆者のイメージでは,この曲はもっと小さいスケールで使うものだったのですが,パーフェクトスター・パーフェクトスタイルやSEVENTH HEAVEN同様に,元の振り付けを崩して大きい方向性で使われることとなりました.サビは本来二番以降の一部がグー・チョキ・パー・チョキ×5だったのですが,今回はもうお構いなし.Puppy love,ポリリズムは,「いつも通り」で充分すぎる曲たちです.

ほとんど最近の曲というセットリスト.かっこいいというよりはかわいい衣装(※).個人的な感想ですが,これならこれで楽しみだな,とも思います.逆に,今日のセットリストに,今日の衣装では,エレクトロ・ワールドやコンピュータシティが入る場所があるとは思えません.

三人まとまってかっこいい,というのとは違い,個々人の魅力を最大限生かすべく個々人の躍動感が増すということ.それが実現したならば,もはや他のアーティストと同じように,普通にステージ上で歌う(もちろん実際に地声で歌うという意味ではないですが)ことで魅せているわけです.

大きいステージへの対応,という面では,それは一つの選択肢ですし,その点においてはむしろ去年より良い方向性かもしれない,と今日のパフォーマンスは思わせてくれました.なんだかんだ言ってもドームあってこその今日のスケール感でしょうし,その進化はやはり連続しているわけで,やはりPerfumeは侮れないというか,どうにも素晴らしかったです.

かしゆかは今日も美しい立ち姿で,なぜか妙にニコニコしてました.反対サイドののっちとどの程度遠くに行くかを調整しつつ動いているあたりがさすがです.あ~ちゃんはグー・チョキ・パー・チョキ×5を説明するときに「AKBのじゃんけん大会の影響とかじゃないですからね―もっと前からある振りなんですよー」とか言ってました.彼女のすごいところは,何を言っても嘘っぽく聞こえないところです.普通の人が言ったらかえって嘘に聞こえそうなのに.

(※:あ~ちゃんは「いつもはあまりこういうアリスインワンダーランドみたいな衣装は着ないんですけどね」と言ってましたが)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月19日 (日)

[℃-ute]Cutie Circuit 会いたいロンリークリスマス@一ツ橋ホール

リリース記念イベント,東京の二回目に行ってきました.

セットリストは
・まっさらブルージーンズ
・即 抱きしめて
自己紹介&MC
・青春!無限パワー
・僕らの輝き
ゲームコーナー
・会いたいロンリークリスマス

新曲「会いたいロンリークリスマス」とc/w「青春!無限パワー」以外は,インディーズ1st,インディーズ2nd,2ndミニアルバム収録曲という,タイムスリップしたかと思うような選曲.ツアーの千秋楽とうって変わって,周囲の席に迷惑な人がおらず運が良かったです.それどころか,まっさらに左右の人からオーイングが入らないという,都市伝説並みの引きを発揮.オーイング嫌いの私にとっては神がかった席でしたw

今日は良い感じにホールの真ん中あたりだったので,かえって気が散らずになっきぃに釘付けでしたけど,やっぱ良いなぁ彼女のダンスは.というか一挙一動は.青春!無限パワーのダンスは,「∞」を描くような振りが多くて覚えやすく,サビの後半はバコーンに近いものも感じました.あと,僕らの輝きは,オリジナルを歌ってたメンバー3人のうち千聖一人しか残ってないので,もう見る機会は無いのかと思っていましたが,ああいう勢いのある曲はいつでも℃-uteに似合うなぁ.

ゲームコーナーは風船リレー.岡井さんが圧倒的に被弾してました.並び順を決めるときの「中島最後!」はいつも通りほほえましい限り.マイマイとまいみぃーの「マイクチェック」が見られたりも,さらにこのときまいみぃーが真後ろにいた愛理に気づかずヒップアタックをかますという見どころまで.

お題:東京都23区では,まいみぃー「足立区」なっきぃ「え?何?東京?...世田谷!」愛理「江東区」舞ちゃん「目黒区」.知ってる3人もなぜその区...だしナカジマさんは期待通りそもそも23区を分かっていないw あげく,お題:歴史の教科書に載っていそうな人物に至ってはナカジマさん一人目なのに苦闘,ひねり出した答えが「岡井千聖踊ってみた」って.一巡してきてなっきぃが「あのホトトギスの人」とか言ってるうちに被弾しておりました.

そしてこのお題の時に個人的にとても嬉しかった出来事が.
...→舞「徳川家康」→舞美「武田信玄」→愛理「伊能忠敬」→...
伊能さん来たよ伊能さん!!

握手は今日も愛理→舞→早貴→舞美→千聖の順.

あいりんに「地図関係の研究してるので伊能忠敬って言ってくれて嬉しかったですよ!」って伝えたら,結構反応良くてびっくり.本当に,愛理は良い子だね.ここまで来ると,何で愛理推しじゃないのか不思議なくらい(笑) しかし,この一言を言っている間に列は流されるわけで,自ずと次のマイマイのところで全く時間がかけられないという事態に.そして筆者はなっきぃTを着ているわけで,そのときの舞ちゃんの目と言ったらもう...もっと時間があればマイマイにも伝えたいことはあるのだよ,言い訳だけど.並び順がこうである以上どうしようもないんだよ.言い訳だけどw

で,なっきぃ.正対すると思うんだけど,あんなにスタイル良いのに背はそんなに高くないっていうところがまたすごいな,と.最近主流の「スタイルの良い美人」はたいてい背が高いけれど,なっきぃはその辺独特だなぁ,160cmも無いわけだから.素直に,メインを取っているc/wの感想とかダンスの感想とか伝えてきました.さすがに青T着てたからか10日前よりは圧倒的に反応良かったw

で,ここで引き剥がされて,まいみぃーのところはかなりのアップアップ.ファンとしても楽しい一年だったこと,来年をもっといい年にしたいってことを.本当はまいみぃー個人のことも言ってあげたいんだけど時間がないし,グループ全体のことを言うならやっぱりリーダーということになってしまいます.力強い握手は今回も印象に残りました.そして更に押し込まれたところでちっさー.なっきぃの回答を流用して「歴史の教科書にのりたいですよね」みたいな会話をちらっと.机に対して45度近い角度まで流されたところでちっさースマイルで手を振ってくれました.あの見送り方はルール違反でしょ! そりゃみんな千聖好きになるよって思いました.

というわけで楽しいイベントでした.MCもゲームコーナーも楽しいし,握手会も握手そのものは速度的にもさておき,直接会話できるというのは楽しいけれど,でもやっぱり歌ってるときが一番好きだな.これは本当の話で,あれだけのステージパフォーマンスが出来るアイドルなんて,そうそういないです.そこは自信を持って良いところだし,僕自身も自信を持ってみんなに勧めたいところです.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月10日 (金)

[℃-ute]会いたいロンリークリスマス@汐留AX

月曜に突如発表された,日テレでのコンサート+握手会に行ってきました.相変わらず二公演両方に行くという習慣がない上に,そんな時間的な余裕もないので,17:30スタートの一公演目だけ見てきました.オールスタンディング,かつ良い番号だったこともあり,かなり間近で見られました.コンサートだと後ろの方の席が多かったので,間近であのパフォーマンスを見たのは初めてでしたが,やはり格別.

1/DANCEでバコーン!
自己紹介
2/会いたいロンリークリスマス
3/甘い罠
MC
4/キャンパスライフ~生まれて来てよかった~
5/JUMP

バコーンのサビ部分ではなっきぃがまっすぐ目の前すぎて,筆者はなんというか直視できないくらい.特に,「♪涙が止まらないよ!」のところのダンスは更に目の前にせり出してくるうえに,折り返すときの目に力がこもりすぎててなっきぃらしいなぁと.近くで見るといっそうダンス上手いなぁと.

続いて新曲を見るのはドイツ村以来二回目でしたが,ダンスがそろってきて,ソロパートもそれぞれ良い味が出ていて,こういう曲ももっと増えていったらいいなぁ,というか,とにかく,単純に良い曲です.甘い罠はダンスがさえて最後が特に圧巻!

MCではイルミネーションの話.なっきぃはディズニーの,あいりんは去年家族と行ったガーデンプレイスの話を.まいまいは六本木の話で,前に背の高い人が居て上手く写真が撮れずに苦労したとか.ちっさーはなっきぃと一緒に行ったディズニーの話をしつつ,

な「またイルミネーション見に行こうよ」
ち「いやイルミネーションを見には行きたくないけど」

と,またもやもめ始めるかと思いきや「というかここ汐留でしょ」という上手いまとめ方でまいみぃーにバトンタッチ.そのまいみぃー,汐留で見ていたらちょうどショーが始まったそうで,「ショーッ」と何かが起こったらしいのですが,それが何だったのかは最後まで分からず.ここで愛理が「あるよね,このシャーって」と噴水みたいなものを演じて見せるも,どうもそれではないようですw

さて,キャンパスライフがいつ聞いても良曲なのは当然として,JUMPをあの狭い会場で,しかもみんな荷物を持って入っているスタンディングにもかかわらず決行したのは℃-uteらしいな,と.全体的に言っても,あの距離感であのパフォーマンスを見られるというのはちょっと贅沢すぎるというか,本当はもっと評価されてあんな小さな箱じゃ見られなくなるべき存在だ,と正直に感じました.

以下,握手会の話を書くわけですけど,筆者からすればやはりこれはおまけで,基本的にステージがとにかく魅力的だし,それだけで十分満足だというのは,本当に素直な気持ちです.今の℃-uteのステージ上での勢いは,なかなか他では見られないし,5曲で1000円というのは,破格にもほどがあるレベルで,ぜひ多くの人に知って,見て欲しいという思いを新たにした日でした.

握手会.すでに持っているCDを買う必要があるので迷いましたが,まあ,買ってみました.しかし,℃-ute5人には5人それぞれに伝えたいことがありすぎて,そうなるとあの速度で臨機応変に処理するのは至難の業.であるばかりか,筆者には想定していたよりもそういう能力が無い,ということが発覚しましたw まあ愛理以外初めてだったからねー

愛理には,いつも歌で元気をもらってるよ的な.素直に恐縮してくれちゃいましたけどそのあたりやっぱエースだし良い人だな,と.最近見るたびにかわいくなっていく舞ちゃんには新曲の感想など.しかしこの辺で前の進み具合が不均一になり,上手く伝わったかは微妙.

真ん中になっきぃ.いわゆる推しメンとの会話って結構緊張するものですね,初めてだし.ブログの感想など,文章好きだよ的な.しかし,今日のなっきぃは左右のメンバーに気を取られてきょろきょろしすぎで,そこがまたらしいといえばらしいのですが,こちらが握手をどれくらい続けて良いのかがよく分からないという状況にw しかし間近で見るなっきぃはまた一段とかわいいし美人だったなぁ.

続いて,前の人が詰まっていたので,ほんの一言になってしまいましたが,が,まいみぃーなんと一瞬でも強く握ってくれるので,本来の握手の持つ,仲間意識とか一体感とか,そういう意味が感じられました.℃-uteがもっともっと大きな存在になっていこうね,っていう前向きな想いを.最後に千聖.「踊ってみた」で周りでも有名になってるよと.ちゃんと言いたかったのですが,なんとここで筆者がかむというw まあ,引き剥がされつつ「ほんとですか?」って嬉しそうにしてくれましたとさ.

握手は特に興味ないなと思いつつ,一言でも直接伝えられるならそれはそれで良い機会だとも思ったり.それから,やっぱり直接話すと,それだけメンバーみんなを更に好きになるというのはあるのかも.なっきぃは当然として,愛理の応対とか間近で見る舞ちゃんのかわいさとか,舞美の力強さとか,千聖の笑顔とか.ただ,5人全員に全力で,一瞬にかける集中力を発揮して接しようと思ったら,筆者にとっては完全なオーバースペックだ,ということも学びましたw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »