« [℃-ute]Cutie Circuit 会いたいロンリークリスマス@一ツ橋ホール | トップページ | [Hello! Project]2011 Winter@中野サンプラザ(1) »

2010年12月29日 (水)

[Perfume]COUNTDOWN JAPAN 10/11

今年は修士論文で無理かと思っていましたが,前倒しを重ねて時間が空いたので行ってきました.miwaさん,奥田民生さんに続いてPerfume.例によって最前の左側の前の方,たぶん7~8人目のところで見ていました.

筆者にとって東京ドーム公演以来のPerfume.ドーム公演は個人的にはあまりしっくり来るものではなく,そのことはこのブログにもさんざん書いてきたとおりだっただけに,このEARTH STAGEでのパフォーマンスはとても興味深いものでした.

結論からいうと,とても素晴らしいライブでした.というか,Perfumeを見ていてここまで素直に楽しめて,素直に感動できたのは,かなり久々のような気がします.

セットリスト:
SE FAKE IT(サビ+間奏)
1 ねぇ
2 ワンルーム・ディスコ
MC(ドーム同様カレーの具でチーム分け)
3 VOICE
4 マカロニ
P.T.A.のコーナー(歯磨き,お正月の歌,サバイバルダンス,ウルトラソウル)
5 The best thing
6 Puppy love
7 ポリリズム

FAKE ITがかかるなり,パステル色っぽい衣装に身を包んだ三人がステージに登場.そして早速ステージに幅広くポジションを取り,三人とも前後左右に広く舞い踊ります.そして間奏になりセンターにいたのっちが両手を大きく広げたとき,筆者はやっとドーム公演がちょっとだけ分かった気がしました.

すなわち,従前のPerfumeは,三人が近い距離にいてこそその力を最大限発揮していて,それは武道館でも,横浜アリーナでも,EARTHでも変わらない部分でした.それゆえ,東京ドームのあの距離にはかなりの違和感があったのです.

しかし,今日目の前にいた三人は,明らかに普段より広いポジションを取りながらも,個々人の躍動感,もっと言えば自由が増すことによって,その距離を埋め,確実にかつてと同じような力を発揮しつつありました.それは,ドームで彼女たちが得たのであろう,大きな会場に対するスケール感の表現方法なのかもしれません.

ねぇ,ワンルーム・ディスコと続きMC.ドーム同様ににんじん,たまねぎ,じゃがいもチームに分かれた上で,「全員」を意味する「お肉」レスポンスは,なんと練習なしで成功.ここに今のPerfumeの状況が端的に表れているように思われます.つまり,かなり内輪化しているのだけれど,そもそもその領域があまりに広いので,外との流動が保たれているように見える,という状況です.まあ,これはこれでいいのかもしれません.

VOICEでフロアがさすがに熱くなってきたところにマカロニ.P.T.A.のコーナーも内輪ノリが通用しきってしまう怖さはありますが,今回は「お正月」を三人で歌い,お正月にやりたいことを順番に歌詞に乗せていくという試みがなされました.かしゆかは「お雑煮食べる×3」,のっちは「うーんなにしようコマを回して」,あ~ちゃんは「ショッピングショッピングお餅食べる」みたいな感じ.

そして,Puppy loveやThe best thingの振りを練習した流れで,いつもならチョコレイト・ディスコのところにそのままThe best thingが投下.筆者のイメージでは,この曲はもっと小さいスケールで使うものだったのですが,パーフェクトスター・パーフェクトスタイルやSEVENTH HEAVEN同様に,元の振り付けを崩して大きい方向性で使われることとなりました.サビは本来二番以降の一部がグー・チョキ・パー・チョキ×5だったのですが,今回はもうお構いなし.Puppy love,ポリリズムは,「いつも通り」で充分すぎる曲たちです.

ほとんど最近の曲というセットリスト.かっこいいというよりはかわいい衣装(※).個人的な感想ですが,これならこれで楽しみだな,とも思います.逆に,今日のセットリストに,今日の衣装では,エレクトロ・ワールドやコンピュータシティが入る場所があるとは思えません.

三人まとまってかっこいい,というのとは違い,個々人の魅力を最大限生かすべく個々人の躍動感が増すということ.それが実現したならば,もはや他のアーティストと同じように,普通にステージ上で歌う(もちろん実際に地声で歌うという意味ではないですが)ことで魅せているわけです.

大きいステージへの対応,という面では,それは一つの選択肢ですし,その点においてはむしろ去年より良い方向性かもしれない,と今日のパフォーマンスは思わせてくれました.なんだかんだ言ってもドームあってこその今日のスケール感でしょうし,その進化はやはり連続しているわけで,やはりPerfumeは侮れないというか,どうにも素晴らしかったです.

かしゆかは今日も美しい立ち姿で,なぜか妙にニコニコしてました.反対サイドののっちとどの程度遠くに行くかを調整しつつ動いているあたりがさすがです.あ~ちゃんはグー・チョキ・パー・チョキ×5を説明するときに「AKBのじゃんけん大会の影響とかじゃないですからね―もっと前からある振りなんですよー」とか言ってました.彼女のすごいところは,何を言っても嘘っぽく聞こえないところです.普通の人が言ったらかえって嘘に聞こえそうなのに.

(※:あ~ちゃんは「いつもはあまりこういうアリスインワンダーランドみたいな衣装は着ないんですけどね」と言ってましたが)

|

« [℃-ute]Cutie Circuit 会いたいロンリークリスマス@一ツ橋ホール | トップページ | [Hello! Project]2011 Winter@中野サンプラザ(1) »

コメント

初めまして。ただのPerfumeファンです。
COUNTDOWN JAPAN の評判が良く,いろいろレポを探していたところ,
このように東京ドームとの関係まにまで広げて見事に昇華された形で
書かれたものはなかなかありませんでした。
僕も東京ドームにはある引っかかりを覚えた口ですが,この記事を
読ませていただいてうまく割り切れた気がします。
よろしければこの記事にリンクさせていただけませんか。

投稿: elf51 | 2011年1月 3日 (月) 20:02

コメントありがとうございます.
過分なご評価をいただいてたいへん恐縮です.

リンクはご自由になさってください.

投稿: umrn | 2011年1月 3日 (月) 23:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123631/50426953

この記事へのトラックバック一覧です: [Perfume]COUNTDOWN JAPAN 10/11:

« [℃-ute]Cutie Circuit 会いたいロンリークリスマス@一ツ橋ホール | トップページ | [Hello! Project]2011 Winter@中野サンプラザ(1) »