« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月30日 (土)

[Berryz]魁!音楽番付LIVE@お台場合衆国

昨日の15:30からのステージ見てきました.

一昨日の夜に出張から帰ってきて,昨日は朝一で大学に行っていたので体力的にはしんどい一方ですが,なんとか14時過ぎまでに予定を終えて一路台場へ.ゆりかもめの車中からちょうどリハーサルが見られて,そのままリハ中に℃-uteの時同様の柵外側ポジションを確保.

リハーサルは付き片を終えた後,なぜかももち1人で桃色片想いを歌うという余興.ももちのサービス精神なのかは分かりませんが,確実にあれで足を止めた通行人がいたのは事実ですから,良い試みだったと思います.ちなみにリハ中に足を止めてくれる方々の中には,「こないだHey!3出てたBerryz工房だ!」とか「あのモーニング娘。の子分(注:正しくは妹分※)のグループ!」とか,「緑の子(注:友理奈)背が高い!」とかなんとか良い反応です.

本編は,付き片→ジンギスカン→MC公開収録→ああ,夜が明ける→雄叫びボーイWAO!→本気ボンバー!という感じでしたかね.

いつものベリらしく,ばらばらな感じがなんともサマになっている不思議なステージをみせてくれました.あと柵外側ってステージの横側なんですが,あの距離で全員太ももの裏側見せてくるとか,最近のベリだともう不必要にセクシーですよね.雅ちゃんとか言わずもがなですが...

まあでもそれはさておき,7人全員とも曲中ファンをくまなく見渡してくれるし,笑顔も素敵だし,そういうベーシックな部分でベリってすごいなと思ったのでした.あと,新曲「ああ,夜が明ける」で目に付いたのは,Bメロのフリで千奈美の腕の長さが際だつところがあるってことかな.あれは素晴らしい.

そして平井アナウンサーとのMC公開収録.またしてもももちの独壇場となっていた気もしますがまあいいか.あとまあ,前出の「こないだテレビ出てた」じゃないけどさ,ベリだけじゃなくて℃-uteもこういう時間作って欲しかったなぁ...やっぱりそれなりに意味があると思うのですよテレビって.次こそは....

※:これも,もはや実態を表した表現じゃないですけど.今のハロプロでは,娘の5期6期の4人の次にデビューしてるのが彼女たち7人なのですし,グループとしての平均年齢は当然一番上ですし.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月27日 (水)

[Buono!]夏ダカラ! / Ice Mermaid

先週20日に発売になりました.まずこの盤面について特筆しておきたいのは,音がとても良いと言うこと.これはCD買ってスピーカで聞くべき!

さて,A面の夏ダカラ!についてはここに書いたとおり.こういうものもロックという,というくらいの心構えが大事だと私は思っています.それはBuono!ではない,という人の意見もすごくよく分かります.私だっていつまでも安全ロック・アイドルロックというBuono!を見ていたい気持ちはあります.でも,そういう範疇においてBuono!のこれからの成長が望めるかというと,私はNoだと思っている,ということです.

うってかわってB面のIce Mermaid.これはいわゆるBuono!らしい曲の範疇に収まっています.良い曲ですし,速度感もありますし,それぞれの声が響いていますし,もうライブで見たら盛り上がること間違いなし,というような曲になっていますね.ただ,こちらの曲もAメロの不安定さなんかに新たな挑戦が垣間見えています.そういうところがあるからこそ次に繋がっていくものだと思っています.

そして夏ダカラ!のインスト.これは是非聞いてほしいですね.素晴らしいトラックになっていますので,このためにシングルを買う価値があるというものです.

私は新たな領域に踏み出していることは全面的に肯定したいと思っていて.その方向性も突飛なことになっていなくて,むしろ分かりやすい方向性だとも感じています.それがこのユニットを続けるほぼ唯一の方法だとも.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月26日 (火)

[Consadole]J2#22 vs ジェフ千葉@フクダ電子アリーナ

千葉 2-0 札幌

土曜日の話がやっと3日遅れで書き終わります.
今季初観戦に行ってきました.今年は4/30の味スタは℃-ute初日と重なっているどころではなく東北の現地調査に派遣されており,7/2の栃木は℃-uteの千秋楽と重なっているため参戦できず,という状況.そして土曜日も名古屋→台場と℃-uteにいってからのフクアリ...

さすがにしんどかったですがまあなんとか頑張りました.そもそも到着が開始30分前で,フクアリのアウエー1Fは物好きな札幌サポで埋まっていて入れず,2Fで立って応援するという状況になりました.途中意識を失いかけましたが,自ら歌ってれば人間大丈夫ですね.

それで試合ですけど,まあしんどい試合でしたよね.シュートはたくさん打たれるし,こっちはボールが繋がらないというか,まあ普段なら繋げるところを封じられていたのですけれど.それを打開する力は今のうちにはないのかな...

守備はオーロイ対策は上手くやっていたと思うのですが,あそこまで中盤を省略されてセカンドボールを拾われたところから中盤が始まるというような攻撃をされるとなかなか厳しい.失点自体は,特に1点目はもったいないような,ミスと事故が絡んだものでしたが,この試合展開では先制点を取られるとしんどかったなぁ.

今年初なので今年のサッカーがどうだとかそういうこと以前に,あそこまで何もできないと非常に悔しいという想いばかりが募りました.あとやっぱりスタジアムは良いですね.あの二色に染まったスタンド.アウエーに乗り込む気概と,アウエーで勝ったときの爽快感は他では味わえないもの.それだけにアウエーで負けたときの肩身の狭さもまた大きなもので,本当に悔しいという思いで蘇我を後にしました.

そういう気持ちにさせてくれたというのは,私にとっては貴重な時間でしたが,選手にとってもそうであってほしいなと.この負けを無駄にしちゃいけない,絶対に勝って上に行くというつもりでやっていってほしいです.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月25日 (月)

[℃-ute]魁!音楽番付LIVE@お台場合衆国(2)

昨日の続きですね.ブログ的には2日遅れということに.

ライブが終わり握手会に.あの新曲の衣装を間近で見られると言うだけで喋らなくても感動的なのですが,まあそういうわけにもいかないので話してきました.高速ですが,いったん折り返すところでメンバーが眺められたり,流される強さもそんなでもなかったり,最後が壁じゃなくてスペースだったり,と普段よりはだいぶまともな状況.

愛理にそのピンク色良い色だね,と珍しく手短に済ませて,マイマイさん例によって私をスルーですか,手は出してるけどこっち見てないでしょw なっきぃには前日名古屋で言ってくれたことに対して返答(「(諸事情により略...)綺麗でした」),だいぶ時間を食っているとさすがに流されます.まいみぃにはDVD楽しみですと伝え,ちっさーには「℃-uteがハロプロで一番好きだからね!」「ほんとですか!ありがとうございます」って感じでした.(ちっさーたぶん分かってくれなかったけど,一応ブログに書いてたことの返答のつもりなのですよ.千聖が何番目に好きかは分からないけれど℃-uteは一番好きだからね)

なんはともあれ,これをもってなっきぃ3日連続,しかも後ろ2日間は握手有りという驚異的な日々が終わりました.まあ色々(自分に対して)思うところはあるのですが,それでもなっきぃありがとう,という想いでいっぱいです.まあこの辺は私自身の話なので,また別の機会にでも?

++

握手待ちの列で,あるご夫婦とお話しさせていただきました.現場が中野のコンサート以来の二度目,初の握手というお二人.奥さんはシャ乱Qのファンでもともとキッズからご存じで,旦那さんは千聖のyoutubeで興味を持っていらしたとのこと.中野のコンサート見て台場にも足を運んでくれた,という事実は本当に嬉しいことです.今の℃-uteのコンサートにはそれだけの訴求力があるのです.しかも,見るだけじゃなくてわざわざCDを並んで買って握手会にも参加してくださるわけですよ.

現場の雰囲気があーだこーだいう人もいますが(私か),それはそれとして解決しなきゃいけないとはいえ,それ以上にステージが素晴らしいので,ファンさえ増えれば何とかなるはずです.彼ら曰く,「歌もダンスも上手いしかわいい,もう少し人目にさえ触れれば」ということですので,ファンのひいき目とかじゃなくて本当にそうなんだと思います.こういう方々が一人でも増えてくだされば...

事実,一昨日はフジテレビ前を埋め尽くすほどの人が見ていました.本当に何かが変わりはじめている雰囲気を感じました.これからが楽しみです.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月24日 (日)

[℃-ute]魁!音楽番付LIVE@お台場合衆国(1)

昨日のステージを見に行ってきました.現在ブログは1日遅れです.

名古屋から夜行バスで帰り,いったん家に荷物を置いて1時間寝て,台場に向けて再出発.何でこんな強行日程をがんばっているのかよく分からないのですが,今の私にはきっと必要なのでしょう.こういうモチベーションが.

もとよりライブ観覧整理券はあきらめて柵の外側から見ることにして(だいたい外から見たってそんなに見え方が変わる訳じゃないし),握手会参加券を購入するために並びます.多少気温が低かったのには助かりました.並ぶこと1時間半,やっともらった番号は250番.販売開始して1時間で250枚しかはけてないという効率の悪さw 配布時は1分で4枚,回収時は1分で20枚という握手券...

その後アクアシティで良い形の椅子を見つけてうとうとしたりして時間をつぶし,この1日半が今年の夏休みなんだろうなと実感しているうちに15時過ぎ.アイドリングが出ていたのでちょっと眺めつつ,終演後に柵にさくっと接近して℃-uteを待ちます.

はじめに新曲のリハーサルで登場した5人.なっきぃをはじめ短時間で真剣な確認が続きます.なんせなっきぃは昨日の握手会からそのまま午前中に名古屋での生放送に出演して帰ってきたばかり,愛理は新宿で握手会をやって移動してきたばかりという,相変わらず信頼されてるといえば聞こえは良いですがちょっと無茶な日程.

本番は,Danceでバコーン!,MC(自己紹介),暑中お見舞い申し上げます,大きな愛でもてなして(short),MC(夏にやりたいこと),世界一HAPPYな女の子,桃色スパークリング,MC(今後の意気込み)という30分弱でした.

出てきて全員後ろを向いたらバコーンの合図.あのカウントが始まってイントロが流れるまでの時間が好きです.そんなバコーンの盛り上がりは言わずもがな.自己紹介も,「やっぱり℃-uteって何でもやればできるじゃないか」というコンパクトにまとまった分かりやすい説明.リーダーからは「ハロプロの5人組」「今日はどんな曲歌ってどんなダンスしてるのかな,とかちょっとでも知ってもらえたら嬉しい」と.また個々人は例えば「妄想が好きな17歳中島早貴です!」とかなんかそんな感じでした.暑中お見舞いや大もては久々に見られて良かったです.

夏にやりたいことは,なっきぃ司会で残り4人が発表.舞美「祖母のおばあちゃ,じゃなくて祖母の家に(中略)メンバーも連れていきたい」とのこと.なっきぃはお約束のごとく「祖母のおばあちゃん?」って突っ込んでて,これぞ℃-uteだな,と.愛理は「浴衣で夏祭りに,浴衣初めて買ったんです」,千聖は「プールに行きたい,日焼けしないようにしつつ,まあ不可能に近いですが」とか.ここでもなっきぃ「それ難しくない?」とちっさーに食ってかかる感じがやっぱりこれぞ℃-uteだな,と.舞は「℃-uteみんなで旅行に行きたい」と.

そしてお待ちかね新曲.ここ数曲と違って結構複雑な(Bメロが長い)曲になっています.今までの曲のいろんな要素が組み合わされた感じで,まだまだパフォーマンスとしては難しそうで全然洗練されてないんですが,可能性を感じる曲でした.ただそういうわけで彼女たちのパフォーマンスも固まってないのにファンはすでにオーイングかよ,という感想は抱かざるを得ない.もう少し待てないんですか,何するにしても...

それにしても新曲はダンスも素敵で,片足でバランス取るという難しいフリもあるし,衣装も5人ともヴィヴィッドな色で完璧に可愛いです.なっきぃは間奏の時にセンターで踊りますけど,その時にステージの雰囲気が変わりますね.あの衣装のなっきぃは,ただでも長い足がとっても長く見えますし,かわいらしいダンスを綺麗に踊っているその姿はもうなんというか,一言でいうならなっきぃの時代来てるな,と.

最後になっきぃから「今日は可愛い曲をやりましたが,格好いい曲もあるので是非いろんな曲を見てほしい」舞美からは「野外は珍しいけど楽しかった」と.二人のどちらだったか忘れましたが「この5人でもっといろいろなイベントに出たい」という発言もありました.年上二人で今日くらいきっちりやるってのも,外に向けたイベントの場合は大切ですよね.

続く.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月23日 (土)

[℃-ute]W Saki発売記念握手会@星野書店

名古屋は近鉄パッセという商業施設の8階にある星野書店で,中島早貴さんの2nd写真集「W Saki」発売記念の握手会が行われました.7月8月はばたばたしているので行ける時に行っておかないと,ということで無理矢理金曜の午後を休みにして名古屋へ.途中東名バスが遅れに遅れて仕方なく掛川から新幹線に乗るという事態になりつつも無事到着.以前こんな夢を見ていたのですが半分当たっているようないないような.

地方の単独握手会といえば,関東からすると超低速で有名で,実際昨日も最初のうちは会話が3往復くらいできるというすばらしい,というより正常な状況.なっきぃも普段以上にいろいろな返しをやってくれるのでこっちが逆にあたふたしたり.元気そうに楽しそうにやっていて頼もしい限りでした.むしろ頼もしすぎてちょっと心配だったりして,ファンとは勝手な生き物ですね(笑)

そして,なんと,私人生初の複数冊購入で同一イベントループという経験をしてしまいました.書店についたらまだまだ券が余っていたので2冊目を購入,始まってみるとたくさんしゃべれるし,なっきぃも喜んでくれるのでついついもう一冊購入.今までにないくらいゆっくりしゃべりましたが,とにかく優しくてまじめ女性だな,っていうところは強く感じました.どうしてもこの業界にいなきゃいけないタイプではないけれど,かといってほかの仕事をしているところは想像しにくいっていうか.

私からの精一杯のありがとうは伝えられたと思うし.まあそれで充分ですよね.あとソウルナンバー3で一緒ですーとか意味ないことを伝えられる時間があるのもまた低速ならでは.グダグダな会話ほど楽しいものもないわけですからね.まして普段のMCがそんな感じのなっきぃとしゃべるんですし.

まあそんなわけで名古屋に行ってきたわけですが,夜行バスでとんぼ返りしてきました.今日の話は明日以降に書くことになり,ちょっとずつ遅れていきますw 一日で2万円以上飛んでいくという事態に全く後悔がない,そんな楽しいひとときでした.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月22日 (金)

[℃-ute]手相でスッPON!@汐留

日本テレビ系列3局で放送されている「PON!」に,なっきぃがソロで出演する,しかもマイスタの前で公開(のはず),ということで見に行ってきました.出演は手相のコーナー.ゲスト「中島早貴」ってなんだか新鮮な文字列ですね.「中島早貴(℃-ute)」じゃないですからねw

もともと台風が近づいていたので,天気次第ではスタジオ内だろうと思っていたのですが,朝起きてみると曇っていたので,これは外でやってくれるだろうと判断し汐留へ.たどり着くと,観覧に来ている人は15人くらい.しかもその面々たるや濃いことこの上ないw 最終的には通りすがりの人(≒レギュラーの重盛さんたちに目がとまった人)のほうが多い,というような状況になりました.まあ,知名度はこれからですね.

まずはリハーサル,やったら足の長い子が出てきたと思ったら案の定なっきぃ.いつも通り真剣な表情でスタッフの話を聞いていました.その後スタジオ内に戻ったなっきぃ,メイク直されてたり,スタッフと確認してたり,台本をチェックしたりする姿がガラス越しに見放題という素晴らしい状況.

本番は直前まで傘を差して待機,していたときはそんなに雨が降っていなかったのですが,本番が始まると霧雨が強くなってきて,見ている私としてはなっきぃの前髪が心配.それ以前に,なっきぃが一人で生放送番組のゲストに出ること自体に不安がないといったら嘘でしたが,真後ろから見たなっきぃがあんなに大きく(もちろん比喩)見えたのは初めてかもしれない,ってくらい頼もしく見えました.そもそもそんなに後ろから見る機会がないけど.

実際,家に帰ってきて録画しておいたのを見ても,柔軟な受け答えで自分をアピールできているし,それでいてバランスも取れているし,良い感じにこなしていましたね.ちなみにコーナーの趣旨からすると,メンバー想いのなっきぃには無駄な設定でしたね.単独行動が好きってところが私はむしろ好きです.まあなんだって出していただければありがたい限りです.

観覧しに行くと,実際に放映されている会話は半分も分からないのですが,そのぶん放送時間外の待機中にふらふらしてるなっきぃとか,実は入るタイミングをミスってたなっきぃとかが見られるというのが何より面白いところ.最後は「ありがとうございました!」って挨拶していってくれました.お疲れさまでした.

しかし自分をテレビで見る恥ずかしさといったら.あんなに人が少ないとは思ってなかったんですよね,これはどう見ても映ってますよね...だいたい両脇の人はなっきぃファンじゃなくて映り込みに来た人だったしw

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月19日 (火)

[スマイレージ]有頂天LOVE発売記念イベント@大宮ステラタウン

昨日,大宮ステラタウンのイベントスペースであったイベント,19時からの回に行きました.高校野球の予選の後一度帰宅して,その後大宮に向かうという不必要な強行スケジュール(笑)

有頂天LOVE
MC(自己紹介,水鉄砲乱射祭り)
明日はデートなのに,今すぐ声が聞きたい
恋にBooingブー!
スキちゃん
MC(新メンバーが入ったらやりたいこと)
有頂天LOVE
告知(シングルとかツアーとか)

って感じでしたかね.

毎回毎回これもどうかとは思うんですが,お約束ですけれど書いておきましょうか.まずショッピングセンターのイベントになぜサイリウムを持ってくるんですか.おかしいでしょ.それからただただ叫ぶ迷惑な人.せっかく通りがかって見てくれてる親子連れとかいるんですよ.ちょっとは考えましょうよ.

さて,有頂天LOVEですが,Bメロのフリは明らかにオーイングを煽ってますよね.スマイレージが本当にそういう方向性で行きたいのであれば良いのですが,単に「楽しいから」とかそういう理由でスマの現場が全般にああなってるんだったら,もう一回考えた方が良いと思いますけどねぇ.良い曲だけに残念というかなんというか.サビのフリはパワフルで好きですし,1! 2! 3! 4!のかけ声なんかはとても素晴らしいと思うのですが.

MCは相変わらずでまあ,あれはあれで良いんでしょうけれど...客席に向けて水鉄砲撒くのはどうなのよ,濡れたくない人も絶対いるでしょ...ちょっと常識がぶっ飛んでる気はしますね.繰り返しになりますが,それに付いていける人だけが付いていけばいい,というグループで良いというのであれば別に良いんですが...結局恋にBooingブー!だってustreamでふざけてるうちにラストに変なMIXもどきが入るようになっちゃったし.

とまあ厳しいことを書いてるような気もしますが,なんせ技術がしっかりしてるだけに本当にそれで良いのかよ,と思う場面も多いわけです.かにょんもいつまでも推しがどうだとか推し変がどうだとか言っている場合じゃないでしょう,とか思ってしまうのです.個人じゃなくてグループを推してもらえるかどうか,の方が今のスマイレージにとってはよっぽど重要だと思います.

あとちょっとだけ本音を言わせてもらうと,スマイレージの現場にあるあの空気を℃-uteとか他のハローの現場になだれ込ませないでほしいってこと.そこはファンの良識が問われていると私は感じています.スマはスマで好きにやれば良いんだけどさ.

うーん,ここまで書いておきながら,それでも「行って良かった」と思わせてくれるくらい楽しかったんですよ.サキチィのポニーテールも可愛かったし.それだけにどうして...というところなんですが.有頂天LOVE,良い曲ですよ.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月18日 (月)

高校野球予選

東東京予選4回戦見に行ってきた.

筑波大附属 2-12 帝京(5回コールド)

駒沢球場はうちから自転車で20分くらいなので気軽に行けるし,たまたま休みだったし,何より相手が優勝候補の帝京高校とあっては是非みたい,ということで,現役学生として同期を応援しに行って以来7年ぶり(ちなみにそのときの相手は前年優勝校の都立雪谷)に,母校の応援に足を運びました.

同じようなことを考えた人が多かったのか,筑波側のスタンドは立ち見が2列出るほどの大盛況.帝京より動員数が多い(しかも別に動員かけてるわけじゃない)というすばらしき母校愛に満ちたスタンドに見守られ,注目の試合がスタートします.

開始前に前に帝京高校のシートノックを見ていたのですが,当たり前ですがレベルが違う! しかもどの選手も体格が良くて,さながら子供対大人というか,日本対アメリカというか,なんかそんな印象を受けつつの開始.

相手のピッチャーはおそらく実力5番手の背番号16番.左腕アンダースローというとんでもない人が出てきましたが,意外とストレートが打ちやすかったようで,あれよあれよという間に単打→三塁打,と1回表にわが筑波が先制してしまいます.これには応援席,勝ったかのような大盛り上がり.早速帝京は実力4番手と思われる背番号14番のピッチャーを投入してきましたが,結局1回表に2点を先制することに成功.

一回裏に多少ミスがらみもあり2点を失いますが,同点のまま2回へ進みます.2回裏はランナーを背負いながらも無失点で切り抜け,3回裏には無死3塁をファーストフライ,レフトフライ+タッチアップ封殺ダブルプレーというすさまじいプレーで0に押さえ,誰もが予想しなかった展開で2-2のまま4回へ突入.

4回の表には相手の3人目のピッチャーを引っ張り出すことに成功しますが,この左腕の速球の前にバントミスが響き,無得点.その裏に6点,5回裏に4点を失い,結局2-12で5回コールド負けとなりました.しかし予想以上の大健闘でしたし,なにより応援に年代問わず集まったあの雰囲気はすごく良かったです.さすがわれらが筑波ですね.

試合そのものは,確かに1回裏のミスが余計だったとか,4回表は強攻でも良かったんじゃないかとか,4回裏のバント処理はサードに投げて良かったんじゃないかとか,それなりにターニングポイントみたいなのはありましたが,それ以前に実力差は明らかでしたしね.

最初は帝京のバッターが我がピッチャーのスローカーブやスロー直球を打ちあぐねて全部引っ張る方向のファールになっていましたが,4回くらいからそのタイミングが合ってきてしまったので,まあいずれにしても時間の問題だったでしょうし...願わくはあと二人ピッチャーを引っ張り出して,相手のエースを見たかったのですが,結局彼はずっとファーストのままでした.何でピッチャーが5人もいるんだよw

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月 9日 (土)

[Buono!]夏ダカラ!(MV)

Buono!12枚目のシングル,「夏ダカラ!」のMVが公開されました.

まあ,今までとはちょっと違う雰囲気の曲ですけれど,こういうロックはあると思うし,良い曲だと思います.たしかにBuono!は分かりやすい激しい曲,のりやすい曲を求められているところはあると思いますが,そればっかりやっていたら活動を再開した意味がないと私は思っていますので,こういう路線大歓迎です.もっと言ってしまえば,Buono!はこれくらい普通の曲歌った方が良いと思うのです,意外と見渡してみると誰もやってない領域ですし.

もちろん,Buono!がBerryz工房から2人と℃-uteから1人を引っ張ってきた3人組である以上難しいところはあって.特に,ベリが誰も到達できない領域に向かい,Buono!は誰もが到達したい方向の領域に向かっているので,結局Buono!の扱いが難しくなってくるとは思います.でもさ,ファンの要求が様々だからって,℃-uteみたいにいろんな曲を順番に出すグループにはなってほしくないな,Buono!には.きちんとしたコンセプトでじっくりやってほしいです.(もちろん℃-ute大好きな私としては℃-uteこそそうあってほしいのですが...)

なんはともあれ,こういうゆったりしたロックの領域に踏み出したのは,幅を広げるという意味で個々人にも良い経験になるでしょうし,Buono!というグループの可能性も持続させる気がしています.薄いけどちゃんとした味がついているこういう曲には,何度も味わうという楽しさがあります.あとはライブでどうなるか...BメロにPPPHとか入らなきゃ嬉しいですけどね.あと愛理の台詞もライブではやる必要は無い気がしています.音として流しておけば.

MVも,全般に3人ともちょとずつ大人になってきたな,という感じを見せつつもやはり可愛い.そして,台詞の愛理はかわいいですね.あと,台詞あけの歌い方,すごく好きです.まぁただ,とはいえ,こういう時の表情はなっきぃに一日の長があるなぁとも思いますけれど.身近にそんな人がいるだけに,愛理もこれからどんどんうまくなっていくんだろうなあーなんて思うと,それもまた楽しみです.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月 8日 (金)

[Berryz]七夕スッペシャルライブ★777★@横浜

単発のライブ.7周年で7/7だからスリーセブンってことですね.横浜BLITZオールスタンディング.やっぱりライブハウスのスタンディングは僕は大好きですし,ああいう雰囲気の中からしか生まれないものもあると思うので,たまにこういう企画ができると良いな,と思いました.

Berryz工房は3月の座間公演,結成7周年記念日以来4ヶ月ぶり.秋の単独ツアーがないことを考えると,単独はしばし見納めって感じになるのでしょうね...客入れは夏の日の1993とかミスチルのまた夏が終わる~とか,なぜか90年代前半の夏の曲が大量に流れた後,沖縄っぽい音楽が数曲流れてスタート.

七夕ってことで笹と短冊が並ぶステージにメンバーが出てきて流れはじめたのは,1stアルバムに収録された「蝉」.ちなみに1stアルバム「1st超ベリーズ」は,7年前の今日,2004/7/7リリース.7年前のアルバム曲を進化した形で歌えるアイドルグループって実はレアだよね.夏を意識した選曲が続き,1stから「恋はひっぱりだこ」,3rdミニから「マジ夏すぎる」など,最近聞けたり聞けなかったりという名曲のオンパレード.「ピリリと行こう!」なんかもやりつつ,途中からは最新アルバム曲をいくつか.

なんだか,浴衣で7人並んで楽しそうに歌っているのを見ていて,やっと私自身,昔の印象が最悪だった頃のハロープロジェクトキッズを認められたのかな,という気がしてきました.特にこの気持ちは,デビューがやたら早かったベリに対して根強く持っている部分があったわけですけれど,あの頃があるからBerryz工房があるってきちんと納得できたのは今日が初めてかも.

途中でメンバー一人ひとり短冊を飾っていくコーナーとか,ファンが書いた短冊を読んでその場で実現してくれるコーナーとかあって楽しかったです.いきなりやったボイパのうまさには感動.セクシーポーズも雅ちゃんからももちまで完璧w ベリは今日みたいなテーマ絞ったステージだと無敵ですね.(ちなみに,℃-uteはダンサブルなコンサートだと無敵で,そもそも分野が違うので一緒にコンサートやる意味ないな,っていう感想を持ちましたが,まあ,やるなら仕方ないですよね...)

真っ白いあの雲(千奈美は「あの白い雲のように」とか言ってたけどそれは...w),本気ボンバー,ヒーロー現る!(これも千奈美「ヒーロー現れる」って言ってたけど違う!!w)とか歌った後,最後は「BE」.良い曲で幕を閉じました.素敵な7人と過ごせた時間,短かったけど素敵な七夕になりました.

Berryz工房の魅力ってやっぱり説明しにくいな,っておもいながら見ていました.でもなんだかすごく素敵なのです.みんな歌もダンスもうまいけれど,別に7人の動きが一緒な訳でもなんでもなくて,でも場としての一体感はかなりのものがあって.一人ひとりの個性が発散している感じが不思議とまとまりを生んでいるとでも言うのでしょうか.

今日も佐紀ちゃんは小柄な体いっぱいに元気に場をもり立ててたし,雅ちゃんは独特のタイミングで「みんな私たちのヒーローになってくれるかなぁー?」と煽ってくれるし,梨沙子は「今ここに石があったのぉ」とか相変わらず可愛いし,もう...7人みんながいてBerryz工房だな,って.どこから話始めても必ず話しきれない部分が残る,こんな不思議なグループは他に見たことがないです.

単独ツアーが予定されていない今,ツアーじゃなくても良いから,こういうライブハウスでの単発イベントで良いから,むしろツアーなんか下手に組まなくてもこういうのを月に一度ずつでもやっていくというやり方もあるのかな,なんて思いました.何にも無いのではもったいないよさすがに.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 4日 (月)

[Berryz]HEY! HEY! HEY!

Berryz工房が久々にHEY! HEY! HEY!に出演しました.アイドル特集でしたが,案の定フットボールアワーの岩尾さん推薦枠で出場.本当にありがたいことです.芸歴10年目,結成7年目の彼女たち,他の面々に比べて圧倒的なベテラン,その割にまだ全員10代というそれだけで不思議なグループだと言うことがご理解いただけることと思います...誰に向けて書いてるんだ?w

今日は「付き合ってるのに片思い」を歌ったわけですけれど,いいねーやっぱりテレビで歌ってる絵って.ライブとCDの中間として非常に良いですし,やっぱりライブは限られた時空間でしか行われないので,なかなか参加できない方には貴重な機会でもあります.

さらにトークでは7年前の映像まで流れ,質問にまともに答えていない梨沙子がクロースアップされるというおいしい展開.まあこうしていじられても平気になった梨沙子も大人になったなぁと思いつつ.ももちはそこに割って入っていくし.大健闘だったと思います.ダウンタウンはやっぱうまいな.

++

というわけでハロプロからこの時間帯の音楽番組に出演して歌を歌ってくるなんてことは近年きわめて稀なので,良い機会になったと思います.Berryz工房を久々に見て興味を持ってくれた方が一人でもいれば.次は℃-uteだな!(お約束)...まあBerryz見るついでに,秋のBerryz・℃-ute合同コンサートにでも来ていただければこれ幸いです.

真面目な話をすると,Berryzには岩尾さんという強力な援軍がいますけれど,℃-uteの場合は芸人さんと言うよりは音楽家,ミュージシャンの方々にファンが出てきてくれて,番組なりなんなり出させてもらえればなぁという思いがあります.℃-uteの5人のすばらしさって,一緒に仕事をした方にはかなり伝わっているみたいなので,ぜひ仕事をいろいろなところで外に向かってすることによって,現場で気に入られて,そこからの流れでテレビに出る,というような一流っぽいルートをたどってほしいな,とも.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

[℃-ute]Cutie Circuit 2011 桃色スパークリング@横浜

3回目行ってきました.千秋楽の翌日くらい休んでほしいのですがね.

今日はアットホームな感じで,全般にゆったりのびのび,でも手抜きじゃない,っていうあたり,うまくなってきたなぁ.ずいぶん傷んできた桃スパの衣装も今日でほぼ最後とか.セトリは桃スパ→FARAWAY→超WONDERFUL→(サイコロトークコーナー)→まっさら→都会っ子.

八王子夜,千葉夜と,客席がだいぶ良い雰囲気を見せていたのですが,今日はいつもの℃-uteの客層っていう感じで,これは何とかしたいですよね,私も含めて変わっていかないと.FARAWAYはもう今日以外見る機会が無いんじゃないかという気がしますが,みんな静かに見ているし良い曲でした.超WONDERFULはツアーのロングバージョンと違って通常バージョン.お正月のハロコン,Kiss meのリリースイベントでもやりましたが,一緒に3拍子打つのは楽しいね.あとは,昨日の今日でまっさらの間奏あけの普通のフリが見られて良かったです(笑)

なっきぃのラストMCでの「ツアーもリリースイベントも終わり,しばらく単独がないけれど,ハロコンでは℃-uteらしさを見せたい」という言葉には,今回のツアーを通して℃-uteの絆が深まったんだろうな,という大きな期待を持ちます.メンバーが異口同音に単独が好き,℃-uteは℃-ute,みたいなことを連呼している状況下でのこの現実も不思議ですが,それだけ結束が固いのでしょう.私はついていくよ.

++

で,握手会ですが,今日は速かった...あんな1往復もまともに会話ができない流れ作業なら,メンバーも疲れるだけだから早く帰してあげたい,っていうくらい速かった.前から言っていますが,無いなら無いで良いですよ私は.やるならちゃんとやろうよ,という話で.

まあそんななか,愛理からは「いぇーい!!」っていう素晴らしい返答をもらった(私「℃-uteチームでもっとHAPPYになろうね」に対して)のですが,ここでなぜかなっきぃの前くらいまで飛ばされる.マイマイさんから「ぁざーす」という返答をもらって,いざなっきぃですが明らかに時間不足.

「しっかり休めてますか?」
「あ,・・・,は↓ぃ~」
「頑張りすぎないでね!」

とここまでなんとか言い切ってきましたが,なっきぃ明らかに「ありがとうございました」って言おうとしてたでしょw そんななっきぃも好きですが,「あr,(やばっ),」みたいなときの表情が何とも言えずかわいかったので良かったです.あとあの独特のイントネーションの「はぁぃー」も聞けたしね.

いつものことながらまいみぃーとちっさ-,時間が無くてお互いしんどいという状況で何とか一往復の会話を経て押し出されました.舞美も握手にいつもの強さはなく(それでも充分強い),さすがの千聖もいつもほどの100%笑顔ではなくて,まあ疲れてるよね.第一あの速度で会話しろってね...

まあ,なんはともあれ,5人に会えて嬉しかったし,まずはしっかり休んでね,と本当に思います.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

[℃-ute]超!超ワンダフルツアー@千葉

千秋楽,夜公演行ってきました.

こんなに終わってほしくないって思うツアーなんてそうそう無いんですが,昨日はそんな気持ちでいっぱいでした.でも,いざ今日始まってみればいつも通りあっという間で,いつも通り素晴らしいコンサートがそこにはあって...ツアー4回目なので個々の曲がどうとか,この部分がどうとかあんまり書かないつもりですし,千秋楽というのはファンも盛り上がりすぎて凄まじい空間を生み出すので,普段とは少し違う,という面もあるので,それはさておき.

でもね,5人それぞれのMCはもちろんのこと,ちょっとした動きとか仕草を見ているだけで,℃-ute5人とも好きなんだな,とか,にじみ出てくる向上心が人間性というモノなんだな,とか,そういう思いを新たにしました.

正統派で,素直で,まっすぐで,いつでも全力で.それが℃-uteだから.
技術的にも,人間性も,もう充分すぎるほど進化してきているから,あとは本当に羽ばたくだけなんですよね.

愛理のソロMCでは,キッズ加入以来9年で一番長い休みがあった(地震の影響でしょうね)ということから始まり,自分と向き合って,むかし良く行った場所に行って,自分が本当にやりたかったことを思い返した.それでギターをはじめたし,やっぱり歌が好きなんだ,歌い続けたいと思った,という話に始まり,

普段は家族や学校の話をするけれど今日は℃-uteの話を,といってはじめたのは,キッズ15人のイベントで,Berryzがデビュー曲を歌う中,袖でその真似をすることしかできなかった悔しさ,デビューしても無告知イベントに人が集まらなかった悲しさ,ツアーでだめ出ししばかりされていた悲しさ,そういう気持ちを5人が共有している,そういう感情はどんなグループより強いと思う,ということ.こんなに大きな会場でできる日が来るとは思っていなかったし,それがとても幸せだと思っているということ.

今はメンバーで建設的な意見を出し合えている,これからも一人ひとりが,そしてグループとしても,スキルアップしていくから応援してほしいということ.次の単独ツアーがいつか分からないけど,是非また来てほしいということ.長い年月をかけて成熟してきたチームは,メンバーだけじゃなくて,歌やダンス,MCの先生も(比較的)固定されていること.スタッフ,そして何よりファンの皆さんも,その「℃-uteチーム」の一員であること.

++

そんなわけで,言いたいことはほとんど愛理が言ってくれたので,後は残りを.

なっきぃによるリーダーネタMCでは,リーダーのできる一面と天然な一面を交互に紹介していく感じで微笑ましかったですが,「可愛いから許せる」というメンバーに対して「これからはそれは許されない」と自ら主張する舞美さんが頼もしかったです.その割に最後MCでミスってたけどw そんななっきぃも「成長できたツアーだった」,まいみぃーは「一人ひとりのスキルアップがグループに還元されている」という心強い言葉を残していきました.

今日は,開演前のアナウンスをメンバーが行ったり,気合い入れを音声越しにファンと一緒にやったり,あと千秋楽スペシャルということで最後にまっさらブルージーンズが追加されたりしました.まっさらと都会っ子を外して挑んだこのツアーですが,やはり最後に一曲足すとすればインディーズデビュー曲のまっさらなんだな,と.この曲やっぱすごいわ.間奏あけの舞美ソロではメンバーみんなロミオ(しかもファンより激しい)という超爆笑展開.こういうことをやってくれるのも℃-uteの良いところですね!(実を言うと,普段のあでやかに両手広げるの見たかったんだけど,まあそれもまたよし)

それで,ダブルアンコールは曲はありませんでしたが,「久々にゆっくり手振ってこう!」ってことでゆーっくりステージの端から端まで,前から後ろまで手を振ってお別れしました.素晴らしいツアーでした.笑顔と少しの寂しさを残しながら,また会える日まで楽しみに待っています.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »