« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月28日 (日)

[Buono!](ネタバレ注意)Rock'n Buono! 4 at Yokohama BLITZ

横浜昼公演行ってきました.夜が雅ちゃん生誕だったようですが,私はつくづく生誕とは縁がないようです.まあ,イベントを発生させずに普通にやっている時の方が好きなのでそれで良いのですが.

後ろの方で見ても良いかな,なんて思っていましたがなんだかんだで前に.客入れの時点でやっぱりBuono!はひと味違うな,という雰囲気.横ブリでここまでの重低音聞いたのは久々のような気がします.ベリキューでもこれくらい出せばいいのに.

セットリストは名古屋と一緒...?ですかね.賛否両論あるようですけれど,私はとても気に入っています.ロック系の王道を可能な限り残したまま,ポップ系の曲を新しい方向性の曲にちょっとずつ変えている,という状況.曲が増えていく以上何かは外さなきゃいけない,外すという行為が勝負だ,と.話はそれますが,℃-uteの春ツアーでまっさらと都会っ子が外れたのは,すごく大切なことだと思っています.勝負するから面白い.

愛理のフィーチャ曲の桃子・雅のコーラスは本当に綺麗.これが,それぞれのグループで誰もがセンターをはれる実力というもので,さすがとしか言いようがありません.それから,今日も桃子フィーチャ曲では雅ちゃんに釘付け...かわいすぎる...どうした...従来の私からすれば,見た目的に好みのタイプかといわれたら違うと思うんですが...いやだってもうさあ,「×」と「=」と「∞」と「100」を何十回も一緒に描いてたらそりゃ好きになる...(?) ちなみに桃子の最後の一言は,名古屋ではコップンカーでしたが,今日はメルシーでした.

なんだかよく分からなくなってきました.フィーチャ曲って単なるソロ曲じゃないか,と音源だけだと思いがちですが,現場に行くとそういう意味合い以外にも見どころがあって,一人ひとりがこういう経験をすることによって3人組としてもっと大きくなれるかな,なんて感じました(これが言いたかった).

全般的には従来のBuono!とは変化を見せていて,エレクトロっぽい曲を入れたりしつつ,3曲目にロッタラが来たり,途中でBlue-Sky-Blueが出てきたり.この曲が今日は印象的でした.歌詞がぴったり合っていて.

僕が帰るのは 君のいるところ
長い長い路の途中で さまよい続けても
変わらずあるもの 変わってゆくもの
未来も過去もすべてはこの同じ空の下
心の奥に 切り取られたBlue
(Blue-Sky-Blue/Buono!)

変わっていくけれど変わらないし,一緒に付いてきてくれたら嬉しい,というようなメッセージにも聞こえます.今日もBuono!は最高!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月25日 (木)

[スマイレージ]小川紗季さん。

サキチィことスマイレージの小川紗季さんが,27日限りでハロプロを卒業して芸能界を引退する,ということが発表されました.色々な事情で突然の発表となったようですが,実はスマイレージの追加オーディションもこれを受けて行われていた,ということのようです.

スマイレージそのものは,ステージは素晴らしいけどファン含めた現場は好きになりきれない,そんな私ですが,見に行ったときはサキチィをメインに眺めているくらい好きなメンバーでした.4人の中で一人だけ年下でありながら,その歌唱力は今後のスマイレージ,あるいはハロプロの希望だと信じていました.それに,あの笑顔はおはスタで眠い朝に元気をくれる存在でした.何度も見たわけじゃないけど,サキチィからもらった笑顔を大切にしていきたいです.

どういう事情があろうと,そこまで含めて彼女自身の決断なら,それは今後の人生を応援するのみです.あのときアイドルになって良かった,って,それがたとえ10年後でも思ってくれたら,応援していて良かったな,って思います.そういう人生でありますように.

今回の話を聞いて顔が浮かんだ人が二人.

もちろん一人目はなっきぃですね.ここ半年くらいでサキチィと仲良しになったなっきぃだけに,今回のことは残念だと思います.後輩と接するのが決して得意ではないなっきぃがやっと見つけた,気の合うサキチィがいなくなってしまうのは,結構ショックじゃないかなぁなんて想像してしまうわけです.こないだハロコンの雛壇で仲良く喋っていたあの2人が,まさか並んでいる姿を見る最後になるとは...冷静ななっきぃのことですから,この件に関してあんまり感情を口にすることはないでしょうけれど,だからこそ心配してしまうわけで...ファンって余計なことしかしないよね(笑)

自分の話で恐縮ですが,小学5年の時にとても気の合う友達が出来たけれど,私は6年になるときに転校することに.そのとき彼のお母さんが言ってた,「○○(彼の名前)は仲のいいお友達が出来るといつも転校しちゃうんですよね」という一言が思い出されました.私は転勤族の家に育ったからそれが当然でしたが,彼にしてみればいつも突然そういう話が降りかかってたんだろうな,って思います.

二人目も,もちろんというべきか,アップアップガールズ(仮)の佐保明梨さん.サキチィ以外のスマイレージ3人との4人でしゅごキャラエッグ!に選ばれながら,サキチィと入れ替わるようにしてスマイレージに入れなかった彼女は今何を思っているのでしょう...佐保ちゃんの場合は,後にしゅごキャラで一緒になったフクちゃんが娘9期メンバーに選ばれるなど,高校1年生にしてどれだけのつらさを味わっているのだろうか,などと考えてしまいます.

それから,いつかなっきぃにもこういう日が来るかな,ってこと.でも,きっと私は特殊なんでしょうけれど,本気で推してる人の決断なら,どんなものでも受け入れられると思っています.今彼女に何があろうと,それが彼女自身の決断なら.そこは全面的に信頼しているからこそ,全面的に推せるのです.

だいぶ遠回りな話になりますが,02年後半からの卒業のルーティン化,卒業発表の前倒し方針に反発してハロプロからいったん離れた私としては,前々から発表しておけばそれで良いとは思いません.送り出してあげる機会があれば嬉しいというのも分かるのですが,私は常に「いつが最後になるか分からない」と思って応援しています.それが,石川さん以来の熱の入れようで応援するメンバーが生まれたとき,自分自身に約束したことですし,そのことに納得したうえでハロプロに戻ってきたのです.

今は今この瞬間にしかない,だからこそ貴重なんだと.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月24日 (水)

[Buono!]お台場合衆国2011

Buono!名古屋から夜行で帰り,昨日午後はお台場にBuono!を見に行ってきました.もう台場やら汐留やら,何度行けば夏が終わるのでしょう?(笑) ℃-ute・Berryzの時と違い,雲一つ無い晴れ,ということで凄まじく暑い中リハーサル.「うらはら」を披露していきましたが,これは本番には無い曲でした.前回の桃子のソロといい,こうした企画は嬉しいですね.

本編は,夏ダカラ!→MC→カタオモイ。→MC→ホントのじぶん→Kiss! Kiss! Kiss!の4曲.まあ,30分ですし,インフォマーシャルの宣伝も兼ねていたのでこんなモノでしょう.名古屋では聞けなかった曲もあって良かったです.屋外のBuono!ってやっぱり似合いますよね.

インフォマーシャルはフジテレビ製作の,コマーシャルにちょっとストーリー性を持たせたようなもの.今回Buono!はアロンアルファとピラニア3Dの2本に出ています.アロンアルファでは最後にリーダーがはがし液を持ってきて「さすがリーダー」と二人に言われ,「もっと褒めて?」というももちに「調子に乗るな!」と二人が突っ込む展開.これをステージ上で一緒に見ていた雅ちゃん,「調子に乗るな!」のところでなぜか腕を突き上げてノリノリ,客席爆笑.

続いてピラニア3Dは,かぶり物をかぶったももちがあっちこっち出没するという謎な展開を見せますが,ここでも雅ちゃん,ももちが「わぁっ!」と脅かすところで大爆笑.客席つられて大爆笑.この一連のみやがかわいかっただけで見に行った価値があるというモノ.三人それぞれ特徴が出ていて良いステージだなぁと思ってみていました.平日で若い人も多かったし,こういうところから何とか突破口を見つけていけたらなぁ,とは思うわけです.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月23日 (火)

[Buono!](ネタバレ注意)Rock'n Buono! 4 at ZEPP Nagoya

昨日の名古屋公演行ってきました.一応昨日8月22日はBuono!が初めて公の場で曲を発表して4周年に当たる日で,だからこそ平日でも無理矢理ライブをやるもんだと思っていたのですが,特にそういう企画はなく.でも楽しいライブでした.当然,平日の名古屋となると客は少なくて,これだったらZEPPじゃなくてDIAMONDでやればよかったのでは,その方が密集したかんじになるし,とは思いましたが,後ろは後ろでゆったり見られ,私は400番台でも最前エリアにするする入っていけるというわけで,これはこれで良かったです.

まずやっぱりスタンディングだからこその良さってありますよね.近いのなんの.あの一体感というか.普段そういう環境でやっていないにもかかわらず,客をあおったり身を乗り出して近づいたりして,それを演出できる3人もさすが.partenzaからスタートして,フランキンセンスΨへの流れはもう完全にエレクトロイベント.今まであんまりこういうダンスメインというか,視覚的に魅せるタイプのステージは無かったと思うのですが,うまいことものにしつつあるな,これが新たな出発なら応援したいな,と思いました.

ライブ前半はメンバーのフィーチャー曲を織り交ぜつつ.3人それぞれ特徴が出ていて良かったし,あんまり好みじゃなかった桃子の曲も結構現場で聴くと良いものでした.というより,ちょっと下手側にいたので,目の前に来た雅ちゃんのダンスに釘付けだったのですが...あのフリは癖になります.×,=,∞って何度一緒に描いたでしょう(思い込み),というかショートボブのみやかわいすぎる!!

前半ラストからDolceも登場して7人体制に.後半はロックぶっちぎりで飛ばしに飛ばしてあっという間にラスト.モッシュが始まってうまいことするするさらに中に入ったらさらにえらい目にw 「じゃなきゃもったいない」を生で見られたのはうれしかったなぁ!もう,どの曲がどうとか,そういうのはあんまり無くて,良いセットリストだなあというか,良い曲たくさんあるなぁというか,そんな風に飛び跳ねてました.あとBuono!のMCは独特でおもしろくて,今回も「ねー!!」とか「(ロックンボーノ)フォー!」とか,意味もなく言い合う掛け合いをみんなでできたのはよかったなぁー.

アンコールは夏ダカラ!とワープ!.夏ダカラ!の愛理の歌い出し,リリイベの時より明らかにうまくなってます.本人も言ってましたが,「こういう声が出せるんだ」っていうのをもっと極めていってくれたらまだまだ行ける,と思います.そしてラストにワープ!を持ってこられる強さが4年間の歴史だな,とも思いました.今回のみにアルバムでは新しいステージに向かっていて,そこは賛否両論ですけれど,そういう状況だからこそこのワープ!の意味は大きいな,と.変わらないものは変わらないって思わせてくれたら,それで大丈夫なんだと.

前すぎてメンバーはそれぞれかなり近くで見られて大満足だったので,横浜ではセット全体が見えるくらいの場所にいようかな,なんて思ったりも.いろいろな楽しみ方ができるからこそ,また見に行きたい,と思うツアーなんですよねー.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月22日 (月)

[℃-ute]中島早貴2nd写真集 W Saki (2)

写真集感想の続き.

黒パートの最初ですが,これはこれで等身大のなっきぃというか,その辺がこのコンセプトと上手く合致したところなのかな,と.柵のないビルの屋上とか怖くないんですかね(質問したところ,別に怖くないらしい).私はああいう下が見えないの苦手なんですよね.それはどうでも良いか.

この辺からスタイルもさることながら全体的な美しさが強調されはじめて,普段なかなか見ることの出来ない表情が見られる展開に.シルエットの美しさとかね...と思いきや水着が始まるのですが,何かよけないことを書きそうなので自粛.前髪横に流すのは結構私は好きですね.まあどんな髪型も似合うんですけど.

モデルっぽいページを挟んで,いよいよ黒の真骨頂とも呼べる悪魔ゾーンへ.ほんのちょっとMEGさんっぽい雰囲気もあって,前回も書きましたがメイクで変われるってのはホント素敵だなと.クライマックスの濃いメイクのあたりは本当に圧巻.これが17歳かと思うくらい綺麗.なっきぃ自身「写真集でこういうのやりたかった」と語っているとおり,本当に素晴らしい.だんだん闇にに落ちていくこの感じからは,彼女の底知れぬポテンシャルを見た気分です.

そしてラスト,DVDが挟まってるページですね.このページだけで泣きますよ私は.なんと綺麗な表情をしているのですかこの人は.天使か悪魔か,なんてオビには書いてありましたけど,もう天使とか悪魔とかそういうんじゃなくてこのページのこの一枚がなっきぃだな,って思うわけです(テンション上がりすぎてだいぶ意味不明).なっきぃのファンで良かったな,と心から思う見開きページになっております.

もちろんなっきぃの見た目を特徴付けているのは足の長さだったりスタイルの良さだったり,目だったり唇だったりです.でも,それはそれとして,彼女の真面目さとか優しさとか冷静さとか,そこに秘められた負けず嫌いな一面とか強さとかいたずらっぽさとかをすごくよく引き立てた現場だったんだな,ってことが作品から伝わります.本人も言っているとおり,それだけ良い雰囲気で撮影できたんでしょう.それはもう,うらやましいくらいに.

だから,多くの人がこの写真集の感想として,情欲的だとかそういうことを思っていたとしても,それはそれで彼女の一面でしょうしいいんですけれど,私は全くそういう思いを抱かないまま最後のページまで見たわけですよ.ただただ感動しながら.まぁ,それはそれで我ながら驚きですね.本当に好きなんだなと.

あとはメイキングが届いたときにまた.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

[℃-ute]24時間テレビスペシャルライブ&お宝オークション at 日産スタジアム

これ,行ってきました.

℃-uteの出番は15時55分ということで,雨だし15時くらいに着けばいいかと思って出かけていったものの,到着したらすでに大量の人.仕方ないので柵の外側でなっきぃが見やすそうなところ,と思って良さそうなところにひょこっと入っていくとたまたま隣に知り合いの方が.

しばらくは別の出し物が続きますが大雨.天気予報は曇りだったけど,舞美さんの力はやはり強いですね...雨合羽持って行って良かった.手話ダンスとか,ななめ45°の鉄道ネタを楽しみ,一発ギャグのアッキーナ審査で独自ワールドが展開され,雨が弱くなり,いよいよ℃-ute.まずリハーサルで新曲をちらっと.

本番は,SE→世界一HAPPYな女の子→めぐる恋の季節→MC→キャンパスライフ.

3曲でしたが非常に充実していましたし良い選曲.CLも久々のフルでなっきぃの「スキ×3」聞けるし,新曲ではもちろん間奏のなっきぃセンターのダンス見られるし,めぐる恋の季節はみんなはじけてて元々本当に好きな曲だし.衣装は24時間テレビのTシャツに新曲衣装のスカート.柵の外とはいえなっきぃが本当に見やすい場所で真っ直ぐ前に来たりして,なんかすみません,という感じw あと,ハロコンの時に感じるような閉塞感もなくて,やっぱり℃-uteは℃-uteとして出ているときが一番輝いているよ.

その後,アナウンサーと「ダンスも歌も素晴らしいですね」みたいなやりとりがあって,「新曲はどのくらいで覚えるんですか?」という質問.なっきぃ「3時間×2日」マイマイ「2日目のはじめには覚えてないとまずい,という感じ」とか.

ただ,質問の趣旨としては,「これだけそろえるなら時間かかるんじゃないですか?(それだけ頑張ってるんですよね?)」という意味合いだったと思うので,ここは「もう結成して7年目なので短い時間でもそろえられる」とか「お互いのことがよく分かっているのでやりながら臨機応変に直せる」みたいな受け答えが出来ると良かったのかなぁ...あるいはそう答える自信かなぁ...踏み出しちゃってほしいです.

そして,オークション.舞美さんメインのメンバーサイン入りうちわが15万円で落札された時点でメンバーかなり引いてますw 愛理の笑顔は固まり,舞美はいつになく不思議な表情をしており,千聖も10万超えたあたりで「えー」って顔に,なっきぃは目を大きく見開き,マイマイさんもいつになく神妙な表情.

次々になっきぃによるうちわが10万円,愛理による冷却スカーフが13万円,ちっさーによる℃-uteTシャツが10万1千円,そしてマイマイさんのマイクロファイバータオルその他はなんと34万円即決落札という結果に.最後の方はなっきぃもう口を手で覆ってる感じで驚いているんだか哀れんでいるんだかもうなんだか...w

まあ,イベント自体は良い雰囲気で進んでいて楽しかったですし,その上,メンバーが次々に上がっていく値段にノリノリじゃなかったのも安心しました(笑).最後はお見送りして,なんだか3曲だったとは思えないくらい元気をもらって帰ってきました.やっぱり℃-uteは最高だね.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月20日 (土)

[℃-ute]中島早貴2nd写真集 W Saki (1)

論文の提出に手間取ってだいぶ遅くなりましたが,写真集の感想でも.

オフィシャル的説明がこちら.

白パートでは、キュートな白水着はもちろん、男の妄想的あこがれ・白シャツ姿でのキッチンシーンや、天使衣装を身にまとい、柔らかな世界を創出。黒パートでは、セクシーな黒水着のほか、美しい体のラインがくっきり分かるシースルー的な黒シャツ、挑発的な小悪魔衣装などで魅了。17歳らしい等身大のかわいらしさと、負けず嫌いで勝気な部分・・・性格的な二面性も「白」と「黒」で表す内容です。

なんだか色々詰め込みすぎで訳の分からない日本語になっていますね.本人は「凛とした中島早貴」っていう表現もしていました.いい表現ですね.それでまあ,名古屋まで買いにいったり東京でも買ったりしてたくさん手元に来たのがやっとじっくり見られる状況になりました.

説明にあるとおり,表紙の白水着から始まってとりあえず白パートが続きます.白シャツがはじめに来るのですが,それがキッチンであることなど説明を読むまで忘れてしまうくらいなっきぃの表情にひきこまれますね.以下ずっと同様なのですが,以前書いたように,

なっきぃという人は,シーンの中に存在するのがすごく上手いな,という印象があって,周りの風景をとめられるのですよね.だから浮かび上がるという意味では写真の方が美しい,(後略)

というわけでして.その真っ直ぐな目から感じる秘めた強さとか,横顔に感じる微かな冷たさとか,それぞれ一つひとつがなっきぃらしいな,って思わせてくれます.続いてカラフルな衣装3ページ.これは背景が白なだけで,別に白と関係ないじゃないかw その次のページや紫の水着のページの,どこかいたずらっぽい表情はとても素敵ですね.

続いて白水着に移って二ページ目,このなっきぃの目こそなっきぃの優しさですよ.白で表現されてるものはかわいらしさというよりも,優しさなのでは,なっきぃは本当は,何を差し置いてもまず第一に優しい人なんですよって,私はそう思っています.見開きでうつぶせになってるページとか,今作はその目を見開く反対に細めたり瞑ったりしているページもあって,それもまた魅力的.

その後,外での撮影シーン.この辺が今の素のなっきぃに一番近いのかな,なんて思ったり....あの,写真集ってページ数が入ってないから,こうやって説明するの大変ですね.それ以前にもうかなりの長さになってますよね....室内に戻って花柄の衣装.メイクが変わって,ちょっとMayさんっぽい雰囲気になっています.この後も色々表情が変わっていくのですが,色々になれるところがなっきぃのすごいところかな,なんて.

なっきぃは「女の子にも,『メイクでこんなに変われるんだ』っていうのをみてほしい」なんて言ってましたが,まさにそんな感じで...そして,白パートラストは,なっきぃおすすめの緑の部屋着.彼女のおすすめが写真全体としてとても綺麗なページで,すごく嬉しいです.

ふぅ.こうして白パートだけでもこんなにダラダラと書いてるんですけど,なんか意味あるんですかねこれw まあ,黒パート以降はまた後日...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月19日 (金)

[近況]8月第3週

今年は大学の夏学期が先週まであり,今日が9月修了の人の最終発表ということで,カレンダー通り土日が休みという夏休み.私は自分のことだけを考えると,大学にいっても行かなくてもあまり変わらないので,多少家でのんびりしながら作業していました.そんな修論発表に向けて,月曜は練習ということで聞きに行きましたが,研究室間の文化の差を感じる結果に.木曜の練習に至っては予告されていたにもかかわらず実施されないままでした.まあ,今日結果的にそこそこ発表してたしそれでいいんですかね.

日曜日にNHKの番組(スマイレージのリーダー和田彩花さんが出てる)を見ていたら,英単語を覚える回で,和田さんが「infrastructure...社会基盤?」と言っていて,社会基盤学専攻の私としてはもうテンション上がりまくりですよ.ちなみにこの番組には,震災の調査で通りかかった石巻市の渡波中学校の生徒たちも出ていました.元気に頑張ってほしいものです.

そんな今週ですがとにかく暑い,そして今日は豪雨.完全に夏ばてと夏風邪と気圧の低下で体調を崩しています.というか,体調崩しすぎですよね私...7月後半に頑張りすぎたというのはあるにせよ.第一研究室の冷房は節電と関係なく,性能の問題であんまり役に立たないし.それなのに交通費を節約しようと炎天下歩いたりするから悪いんでしょうね.でもお金はないしね.ははは...

お盆なので大学のプールが空いていて快適でした.プール帰りにスイバケのTシャツ,Perfumeのバスタオルという,ロックフェスに来てしまったかのような格好で大学構内を歩いていたのが私です.それくらい暑かったですね昨日は.GRASSとLAKE行ったり来たりするあの感覚.本郷キャンパス内の移動にも,もう少し日陰がほしいなぁなんて.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月18日 (木)

[℃-ute]世界一HAPPYな女の子(MV)

9月7日発売,℃-uteメジャー17枚目のシングル,「世界一HAPPYな女の子」のMVが公開されました.

ご覧の通り素晴らしい出来で,私としては℃-ute史上でも最高のレベルになったと思っています.もう少し手が込んだことも出来るのではないかとは思いますが,それは今の状況に対しては高望みですからね.同様に,今回の衣装が手抜きだという意見も分かるのですが,同じ予算で目立つようにやろうとしたらこの選択は間違ってないと思います.その点,とりあえず壁に挟まれて踊っておけ的なカットに逃げていないし, 桃スパと違って小道具も一応タイトルと関連させて使ってくれてるし,評価できると思うわけです.

ハロプロの中にいると忘れがちですが,そもそも今の℃-uteの実績で,コンスタントにシングルが出せてそれなりにコンサートツアーも出来る,というのは非常に恵まれているのですよ.ファンがこのことに感謝できなくなったら次はないと思うのです.もっとお金をかければもっと良いものが出来るというのは正論ですけれど,数字だけを見ればそんな立場にはないでしょう.そのことをメンバーはきっと分かっています.もっと危機感を持たなきゃいけないのは我々ファンでしょう.

実力がいくらあっても評価されず売れないまま終わってしまったグループなど山のようにあるわけで,℃-uteは今ちょうどその境目にいるのだと思っています.お金のかけるかけないで判断できちゃう世界だったら面白くない.その壁を乗り越える5人だから面白さがあると思います.

曲ですが,卑近な例で言うと,ぱすぽ☆の開拓した領域と従来のハロプロのかわいい路線との間にうまく収まりそうな印象.そこ攻めるのはおもしろいかもな,と.パート割りはますます均等になってきて,ついに私が言い続けてきた「全員センター」時代の到来ですね! まあ,やっぱり舞美と愛理がちょっと多いし,ダンスもだいたい前にいますけれど,それはそれで収まりが良いので私はあまり気にしていません.5人それぞれが℃-uteという一つの集合体のために力を出し合っているこの雰囲気が何より頼もしいのです.ジャケットもなんだか素晴らしいことになっていますね.

ライブではもっともっと化ける曲になれるはずで,例えば愛理はもっと出来るはず.「だもん」は完璧にかわいいですが,「男の子に求める条件は」ももっと魅惑的に歌えるでしょう!ダンスも今はおっかなびっくりなところがありますが,きっとベリキュー合同コンサートの頃には完璧に仕上げてくるんだと思っています.

あと,繰り返しですが,このBメロにオーイングはおかしい気がします.ファンがはじめたならまだ諦めもつきますが,エッグ主導ですしね...小節ごとに歌詞の日本語が切れてないのに,オーイングやって強制的に小節ごとに切っちゃうのは,完全に曲の流れを無視してますよね.切れ目のない歌詞こそこの部分の見どころなのでは...だからせめてオーイングするなら2小節で1ターンとしてやったほうが良いのでは,とも...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

[Berryz][真野恵里菜][吉川友]ライブハウスR-1公開生放送@NHK

何となく申し込んでしまったこの番組の観覧が当たったので行ってきました.ベリ6曲に真野きっか2曲ずつという,無料とは思えないくらい盛りだくさんで大満足の放送でした.黙って座って見てる感じかと思いきや,むしろ盛り上がることを要請される番組で,立って飛び叫びの凄まじい空間.NHKのスタジオとは思えない光景がそこにはありました.放送にもアレがのってるとなると良かったのだろうか...?

きっかのきっかけはYOU!からスタート,真野ちゃんの世界はサマー・パーティが終わったところで二人でちょっとだけトーク,そのあとベリが付き片→スキスキ→ああ、夜が明ける→トーク→ジンギスカン→ライバル→本気ボンバー.私が珍しくもセンターに陣取ってしまったので,入れ替わり立ち替わりメンバーが真っ直ぐ前に来るという素晴らしい席でした.多少見にくいところはあるとはいえ.

そのあと21時を回って梨沙子が退場し,きっかがハピラピ,真野ちゃんがMDfYを歌って,最後に全員で愛は勝つを歌って終了.変にトークとか企画が多いわけでもなく,ライブハウスから中継しているという体をそのまま体現している,つまり曲が多い,今の時代珍しい番組だなと思いました.

佐紀ちゃんは病み上がりってことでちょっと心配でしたがさすがキャプテン,なんとかこなしていました.あと,ももちが何かするたびに,雅ちゃんと千奈美が嫌そうな顔をするのですが,たまたま雅ちゃんのその目が私と合ってしまったときの衝撃.きっとお互い同じような顔してたんだろうな!(←強烈な思い込み).でも最近雅ちゃんがセクシー担当とか発言する度に「別にそんなことないし,そんなに頑張らないでも」とか思ってしまって,その分応援したくなるんですよね.あと,段差のない会場だと友理奈が安定して強いですね.どこからでも見えるランドマークガール,さすがです.

ベリは最近,新しい曲にこだわることなく,付き片とかスキスキとかジンギスカンとか披露しているけれど,そういう方針で売り出していくんですかね.良い曲とか耳になじみのある曲を前面に押し出すってのも一つの方針だとは思いますけれど.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月16日 (火)

[吉川友]汐留博覧会ライブ

フジテレビがお台場合衆国なら日本テレビは汐留博覧会,ってまあそれはアーティストベースでいうとどうでも良いのですが,今日は汐留にきっかが出たのを見てきました.金曜日はお台場だそうです.

この汐留博覧会のテーマソングともなっている2ndシングル「ハピラピ~Sunrise~」をひっさげての登場.セトリはハピラピ,c/wの水色,同じくLove You Forever,Candy Pop,きっかけはYOU!,そしてもう一度ハピラピという6曲.相変わらず安定した実力で,19歳らしい落ち着きときっからしいはっちゃけっぷりを併せ持った,期待感溢れるステージでした.

デビューから映画や写真集やDVD,日テレではレギュラー出演,そして次のシングルも順調に発売,と良い感じに来ていますので,なんとかこのままもっと大きくなっていってほしいな,と.かつて真野ちゃんやスマイレージがハロプロエッグの希望だったように,きっかもこれからはますますそういう立場になっていくんだなぁということを実感しました.

個人的には,開始直前に割り込んできた意味不明なファンとか(許し難い),やたらうるさいファンとか(まああれだけ暑い中なので斟酌の余地はあろうが),余り立ち入っては行けないゾーンに紛れ込んでしまいましたが,それでも楽しめるきっかのパフォーマンスの良さは本当にびっくり.Candy Popの「キミの~」のところでいつもこっち向いてくれるという嬉しいポジションでしたしね.この数ヶ月でずいぶん上手くなったなぁ...って思いました.

純粋で正当な明るいポップを歌ってくれたり,バラードを歌ってくれたり.ハロプロが苦手としている二十歳前後以降からのプロデュースのヒントもこの辺にありそうなものです.

P.S.
前から疑問なんですが,きっかけはYOU!のBメロにPPPH入れるのって,Bメロ=PPPHっていう固定観念に支配されすぎなんじゃないですかね? リズムがAメロ同様4つ打ちであるところにPPPHを入れるのって,どうも僕には理解しかねるというかなんというか...PPPHって,もとのリズムがターン,タ,タンってなってるところに入れるからこそ生きる気が.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月15日 (月)

[Buono!]partenza

Buono!のミニアルバムpartenzaが発売となりました.これまでとはだいぶ趣の違うアルバムとなっており,なかなか評価は割れているところですが,私なりに思ったことを.

まず内容ですが,全8曲で,そのうち先行曲がシングル「雑草のうた」「夏ダカラ!」と,雑草のうたのカップリング「JUICY HE@RT」.残り5曲が新曲,ということになります.その5曲は,ファーストトラックのpartenza~レッツゴー!!!~と,3人それぞれのフィーチャー曲が3曲,ラストトラックはSIAM SHADEのヒット曲「1/3の純情な感情」のカバーという構成.

「partenza~レッツゴー!!!~」ですが,エレクトロのイベントに出られそうなトラックとなっており,従来のロックとかポップなことをしていたBuono!とはだいぶ違う方向性が提示されています.雅ちゃんフィーチャの「フランキンセンスΨ」も同じ流れを汲む曲.ライブハウスで原色系のスポットを浴びて艶やかに踊ってる感じですね.

愛理フィーチャの「My Alright Sky」は一転してヴォーカルが強調されたつくり.初期の大塚愛を彷彿とさせるところもあり,優しくて強すぎない旋律が心地よいといったところ.桃子フィーチャの「キアオラ・グラシャス・ありがと」はとても元気な曲ですが,桃子の声の生かし方がこれか,となると何とも...「マリンスポーツ!」を歌っていたときの矢口さんと一緒で,それしかないのか?という感じは受けつつ.

ラストトラック「1/3の純情な感情」,気づけば古い曲になっていたのですね.オリジナルの発売当時は私も小学生でした.たぶん彼女たちは記憶にあるか無いか,といったくらいでしょうけれど,まあこれが上手く歌ってるので良いカバーになってます.

++

と,まあ一曲一曲はこんな感じですが,アルバムとしては,Buono!の難しさを端的に表してしまっていると思いますね.何をやっても結構上手いので,良曲揃いですし問題は無いと思うのですが,これがBuono!なのか?という疑問は当然生まれてきてしまうという.

前向きに考えれば,色々なジャンルに挑戦する機会ですし,メンバーはそれぞれ成長の場になるでしょうし,これがフルアルバムじゃなくてミニアルバムであるというのもそういう意味合いなのかな,とも思えます.また,以前も書きましたが,いつまでも初期のような曲を歌い続けることは出来ないので,活動を続けるからにはこういう試みが必要だとも思います.アイドル...という枠をあえて外してみたとき,勝負しなきゃいけない.今のPerfumeにエレクトロ3部作のような曲を求められないのと一緒で,変わることは認めるしかない,とは思うのですよね.個人のフィーチャはちょっと役割分担が違うんじゃないかとは感じますが.

懸念があるとすれば,一つは従来のファンが離れてしまうこと.もう一つは,彼女たちのパフォーマンスが現場レベルで追いついていない可能性があること(これはツアーで見てみたい点).最後に,実はこれが再編の序章ではないか,ということ.ベリキューではなくBuono!に秋の単独での仕事が決まっていたり,Buono!が福岡でライブをしている裏でベリキューのメンバーの一部が川崎でイベントを行ったり,という状況は,なかなかどうして,そわそわさせてくれます.信じていますけれどね...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月14日 (日)

[H!P]ハロコン補遺

●ハロファンと℃-uteファンの狭間で
ハロコンはそれなりに楽しかったですけど,℃-uteファンとしては物足りなさとか消化不良感もかなり残るものでして.「ハロコンでも℃-ute目立てるように頑張ります」っていってたけど,ちょっとハードルが高すぎたかな,ってのが昨日の感想.

●話題に事欠かないグループの影で
今回のハロコンは愛ちゃん最後のハロコン,スマイレージは新メンバーということで,ベリキュー真野ちゃんは完全に脇役でしたよね.娘の新曲みたいな全盛期のポップチューンこそ今℃-uteにほしい曲だと思いますし,今の℃-uteならあれを歌える実力はあると思っています.別に世界一~が悪い曲だとは思いませんが...オーイングを雛壇のエッグメンバーに煽られるのはかなり萎える.

●曲順も...
モベキマスのどっちからやっても3番目になってしまうっていう順番.真野ちゃんのMDfYと,ベリの「夜が明ける」に挟まれるのは,ベリ高フェスのミスコンの雅ちゃん並みにハンディが大きい.「ギャグ100」の後に,より小ぶりなかわいらしさを発揮する「大もて」で存在感を示せと言うのも無理でしょう...いくら最後にSteady go!でなっきぃが頑張ったところで,℃-uteらしさを出せるチャンスはほぼ皆無...

●それでも私は℃-uteが好き
スマみたいに,新メンバーはサブメンバースタート,とかよく分からない構造まで持ち出して話題を作りにいくのは,それはそれでいいと思います.でも,私は℃-uteみたいに中身が評価されるまで地道に続けてるのが好きです.だからこそ今のハロでは浮いて見えるのかもしれないけれど,そこを乗り越えてこそ℃-uteだと思っています.これからも応援してる.

●ソロが悪いんじゃなくて
ソロの最後5人,愛理サキチィ愛ちゃんれいな梨沙子ってもう,日本が誇れる歌い手だと思うわけですよ.アイドルとかそんなことどうでも良くて.だけどもさ,それはそれで良いとしても,普段のハロコンならシャッフルユニットの曲があったわけで.今回は愛ちゃんの卒業ということで,今日だけHigh-Kingがあったとはいえ,それもそれで変な話だよなぁと.

●次世代へ
ソロならソロで,やっぱり愛ちゃんがいなくなる以上,上記の残り4人は特に頑張らなきゃいけないわけですよ.そういうフィーチャのされ方とか,身内からやらなきゃ誰もやってくれないんじゃないかなと思います.愛理みたいなスーパーエースが温存されてるこの状況は明らかにおかしいと思いますし,社会全体にとっても大きな損失だと感じます.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[H!P](ネタバレ注意)Hello! Project 2011 Summer@中野サンプラザ

行ってきました.ハロコンは今回東名阪の18公演ですが,私はこの1公演のみ.セトリが色々なのはどうなの,と思うところもありますが,まあどうせ1回しか見に行かない私には関係ない話でもあります.メンバーの負担を考えるとまた別ですけれど.

以下つらつらと.

■全般になっきぃが雛壇にいるときはなっきぃを頑張ってみていたので,コンサートがどうだとか言えるほどちゃんと中身を見ていない気がしてきました.僕の右目は常になっきぃを見ていて,左目は歌ってる人となっきぃを視野角広く見るという難儀をこなせる人間の脳はすごいですね.

■娘は鈴木さんがダンス頑張ってるのが印象的.フクちゃんもえりぽんもずいぶん収まりが良くなってきましたね.新曲は全盛期らしい(面白さの傾向としては,その無茶な繋げ方も含めてウィアラに近いと感じました)曲で好印象.今のメンバーで笑顔YESヌード見られたのは収穫.

■ベリはずいぶん復調してきたなという印象.新曲にも色々思うところはありますが,ステージとしては申し分ないかなという感じですね.真野ちゃんは客席をかなり味方につけている印象で,今のハロの中では一番ステージ上と客席に一体感があるのが真野ちゃんでしょうか.スマは相変わらずステージそのものは非常に素晴らしいです.有頂天にショートカット,夢15,スキちゃんと見られたし満足.

■そんななか,今日のセトリでは,新曲+大もて+Steady go!ですから見せ場が少ないとはいえ,℃-uteはハロの中で浮いちゃってるというか,やりにくそうな印象を受けたところもありました.たぶんそれは,各グループの新曲5曲の中で一番王道な分だけ訴えどころが難しい,とかそんなところですかね.こないだのラジオで愛理が「Berryzかっこいいなぁ」って袖で見てる,っていってましたけど,どこかでそういうのも吹っ切れないとだめかなぁなんて.

■今日のチケット代は,ギャグ100でももちにPPPHやろうと雛壇から飛び上がったものの,横のフクちゃん以降誰も立ち上がってくれなくて「あれ!?」ってなってるなっきぃを見られただけで元が取れました.そして,ソロで歌う千聖を見つめるなっきぃの真剣なまなざし.普段はあんまり見せないですけど,ああいう表情見てると仲間としてもライバルとしても良い関係なんだな,って思えて嬉しかったです.

■こんな感じであまりにもなっきぃばかり見ていたので,雛壇にいるなっきぃのフリが適当だと僕も同時に間違えて隣の人とぶつかる,と.なっきぃとサキチィが雛壇で並んでたときとか全く曲見てなかったですすみません.そんななっきぃですけど,Steady go!はもちろん,ベキマスやモベキマス全体での曲中フォーメーションでセンターに来ることもあり,そこには大きな期待を感じました.なっきぃのダンスは遠目にも判別つくくらいきれいです.

■そしてなんと,前半でモベキマス代表して一人がMCするところもなっきぃという私の運の良さ.ちっさーの家に泊まりに行ってツイスターしてたときの話をしてました.なっきぃ「赤とピンクが一番離れててかなり開脚しなくちゃいけなくて~」ファン「おおおおおおお」なっきぃ「いやいやいやいや」というおきまりの展開が.楽しそうに喋るので楽しい気分になりますよね.前も書きましたけど,全ての話にオチが必要なわけではないですから,楽しかったことは楽しそうに喋ってくれればそれでよいかと.

■スタッフに丁寧に挨拶してそうな人ベスト3は,まいみぃー,真野ちゃん,キャプテン.各ユニット代表の3人がこうして並ぶとそれだけで何か嬉しいですね.気づけば私がベリキュー真野ちゃん推しに変わっていたのも頷けます.早口言葉が苦手そうな3人は,あやちょ,愛理,愛ちゃん.こちらもなかなか期待通り.

■サキチィがショートカットの開始前に後ろで転倒して,その分の時間を稼ぐために,前でギャグ100歌ってたベリメンが曲終わっても一歩も動かずに数秒止まってたところにはハロプロの真骨頂を感じました.ラストはALL FOR ONE & ONE FOR ALL!.モベキマスという物語の中にあっても素晴らしい曲ですね.物語の意味するところは昔とは違ってきていますけれど,それでもこの曲が示すような幸せはあるのだな,と思いました.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月12日 (金)

[Berryz]ああ、夜が明ける

Berryz工房27枚目のシングルが昨日発売になりました.

MVもジャケットもそうですが,今年のベリはこういう路線で行くのでしょうかね.まあでも,今までのBerryzに特に接点がなかった人が初めて見る分には,良い曲ですし,それなりに上手くまとまっているのかな,とも.一方でずっと見ている人からすると,Berryzってこういうのじゃないでしょ,という思いも当然あるわけでして.

いま置かれている状況と相まって,今年は○○路線,なんていうから話がややこしくなるのだとは思うのです.これが他のコミカルな曲とかポップな曲とかと同じように,一つの曲だと捉えれば,とは思うんですけれどね.

やっと地方に販促イベントに行ったり,テレビに再び出始めたり...と活動が少しは活発になってきたのかな,とか,それは去年でも良かったんじゃないかなとか,でも友理奈が18歳になるこのタイミングを待っていたのかな,とか,色々考えることはありますが,まずは今後も個性豊かな7人グループを見ていたいという思いが一番強いです.

昨日チラッと書いたことに関連しますけれど,私にとっては今のベリが3期以前の娘と一緒で,特別な推しメンバーがいない,グループとしての活動を楽しみにしているグループです.そういう意味では,2期以前の娘みたいな曲を歌ってくれることそれ自体は嬉しいことであったりもします.まあいろいろと難しいところではありますけれどね...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月11日 (木)

[HANGRY&ANGRY-f]レコンキスタ発売記念イベント@新宿タワレコ

石川梨華と吉澤ひとみによるユニット,HANGRY&ANGRY-fのシングル「レコンキスタ」が本日発売になりました.たまたまバイトが早く終わって,たまたま新宿でイベントがあったので,寄ってきました.偶然を装うためだけの「たまたま」が多いですけど,今日は本当にたまたまです.開始直前に買いに行って,1800円のCD買ったらサイン入りアナザージャケットの手渡し会に参加できるって,この2人もそんな時代かぁ...と思わないでもないのですが...

4期って私にとってはやはり特別.3期以前の娘は普通のグループとして見ていたのが,梨華ちゃんの存在により「推し」なるものが発生したわけです.そして時とともに彼女は推しを超えた存在になっていきました.今は,周りから見れば推し変したとか言われるのかもしれませんけれど,そういうことじゃないんです.これは,人生でそう何人も出会う人じゃないでしょう.

まあ,まず今回何より良いのは曲.こうやって言い切れるのは嬉しいことです.

メイクはだいぶ違いますが,それでも,かつてはるか彼方の存在だった2人と対面.今でも彼女たちをはるか遠くに見ているその思いは変わらないんだな,と思いました.「ずっと歌い続けてくれたら嬉しいです」と本心を伝えつつ,もちろん歌ってない梨華ちゃんもよっすぃーも素敵ですけれど,歌ってる方が好きなんです.ドリ娘でもいいけど,せっかくならやっぱり娘とは違うことが続けられたら面白いなぁと思っていますので,これからも期待しています.

ハロプロのレコンキスタもそろそろ...なんて思いつつ聞いています.曲もジャケットもMVも,これくらいこだわってほしいな,どの作品も.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月10日 (水)

[Buono!]夏ダカラ!発売記念イベント@横浜BLITZ

2回目行ってきました.平日なので夕方と夜の2回なのですね.世の中すっかり夏休みの人もいれば,私みたいにいつが休みなんだか全く分からない人もいて,休みがないことが分かっている人もいて.いろいろですけど,Buono!が好きな気持ちは一緒,だからこそ良いんですよね.

[セット]
夏ダカラ!
MC
こころのたまご
紅茶の美味しい店
MC
Take It Easy!
ロッタラロッタラ
MC
マイラブ
Bravo☆Bravo

リリイベとしては珍しい7曲!かなり満足でした.しかもハロコンにベリキューそれぞれの活動,Buono!ライブの準備,とこの忙しい中で準備してくれたメンバーやスタッフには感謝です.さすがにダンスなど準備不足感は否めませんでしたが,まあそれは仕方ないかな,と.

夏ダカラ!はダンスに今ひとつコンセプトが見えないというか.曲は素晴らしいですけれど,愛理にセリフを読ませてしまう時点で,かえって幅を狭めている気はしました.もちろんセリフの時の愛理はかわいいんですけれど.

こころのたまご,紅茶の美味しい店とやっぱりこの3人がハモると綺麗だなぁーと思いつつMCへ.愛理に夏ダカラ!のセリフを読んでもらうコーナーになりました.ついでに雅ちゃんとももちも読んでいましたがまあ,やっぱこれは愛理ですね.そんな愛理も「普段℃-uteではもっとかわいらしい子がやってるのでセリフは,♪きみーのせんぽうとか,私やらないし」ってそこでなっきぃを引き合いに出しますかw

後ろ4曲で急にロックモードに火が付き,ロッタラで終わるかと思いきや更に2曲.まあリリイベだし...なんて暢気に見ていた私も最後には疲れているというすばらしさ.3人のMCは相変わらず良い関係で,楽しかったです.

あと握手はさくっと高速で回ってきましたが,あの速度でやるなら握手なしであと2曲でもやってほしいかな.まあ,3人それぞれそれなりに会話できましたけれど.ももちの力強さは健在.雅ちゃんにはファルセット綺麗ですね!って言ったら喜んでくれました.実際彼女の裏声にかかってるところは大きいと,私は思っています.愛理には北海道に写真集撮りに来てね~と.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月 5日 (金)

[℃-ute]W Saki発売記念握手会@福家書店

新宿サブナードの福家書店で,中島早貴さんの2nd写真集「W Saki」発売記念の握手会が行われました.先月の名古屋に遠征している途中に発表された日程でしたが,幸いなことに今週一番予定が入っていない木曜日に当たってくれたので,順調に参加してきました.

順調に,とはいっても,なんか,確かに,一般論として「1冊しか買わない」とついこないだまで主張していた写真集を名古屋のループですでに3冊持っているのですからここは控えめに...というつもりだったのですが,目の前にはなぜか4冊...(苦笑)

私にしては今日は余裕がある日で,早めに着いてしまって書店の奥の方で文庫を見ていたら,更に奥のスタッフルームから聞き慣れた声が(!).なっきぃがスタッフの質問に答えているようでした.店内の音楽にかき消されて聞こえないところも多々ありましたし,それ以前に完全に「盗み聞き」なので,文庫を見ることもままならず引き上げてきました.

...ちなみに,ダンスはダンバコより圧倒的にSteady Goのほうが大変なんだって.センターだからとか最後の曲だったからとかじゃなくて(この辺がなっきぃらしいなぁと思いながら聞いてましたが),「むしろ最後だからなんとかがんばれた」とかとか.

++

みなさまにお会いしつつ,最初の2回はビルの屋上での撮影について聞いてきました.ある程度ゆっくりでしたが,やはり東京の場合常識的な一つのやりとりを行うのに2回必要だなぁとは思ったり.東京でループしたの初めてですけど,今までの1回で言い切らなきゃ感に比べたら気分的に余裕があります...ね.まあでもループなんて滅多にしませんけど(気弱な宣言)

そんなわけで3回目で話を終わらせようとしたのですが,褒めちぎってたら「ほんとですか? いや全然...」とか最後に否定されたあげく中途半端に私が返答できなかったので,迷いましたが4回目を急遽購入.「いやいやそんなことないよやっぱり(略)」と言ったものの,なっきぃ折れてくれず「いや全然そんなことないです」とか話が平行線のままっていうw 今日も優しい目をして元気ななっきぃでした.

++

その後最後までグダグダ残っていたら,なんと記念写真を撮るというイベントが突発的に発生.なんだか一緒に写真に写ってしまいました.普段はちょっと残念なのですが,今日ばかりはこのブログの写真の解像度低くて良かった...「みなさま静かにしてくださらないとこの撮影が中止になりますからね」と注意を受けてスペースに入ったのに,一番声を上げていたのが当のなっきぃという,「らしい」展開w

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月 4日 (木)

[Berryz]YOYOGI PIRATES 公開生放送@VIVID

見に行ってきました.出演は嗣永桃子・徳永千奈美の2人.

今日は某社に短期留学生を連れて行き,会社の説明を受けて最近の空間情報分野について説明を受けた後,渋谷で飲んで,その流れで代々木に行くというもの.22時くらいに着いたらかなりの列でしたがまあどうせ1度見て帰るので問題なし.

たまたま「ここ最後尾ですか?」って聞いたところから隣の方と色々話しつつ並んで,最近のハロのことについて喋っているとみんな思うことは似ているなぁなんて.まあ,ベリキューファンから見たときの娘の見え方,というような大枠で似ている,という意味なのですが.

そうこうしているうちに順番が来てガラス前へ...って今日ガラス汚すぎでしょ.豪雨があったから仕方ないとはいえ.そしてももちは本当に顔が小さくて,千奈美はなんというか笑顔が元気で.そしてたびたびネタになるとおり二人の座高が一緒で.二人とも会話に真剣でこっちをちらっと見てくれる程度でしたが,最後に千奈美が手を振ってくれました.二人ともかわいかったぁー.

あと,ラジオを進めるために,本人たち直筆のQ&Aシートみたいなのが見られてそれがまた良かったです.ももちは「アイドル王国千葉地方」とか書いてるし.字結構綺麗なんだなぁー.

知人にお会いして,お先に失礼すべく「明日もあるので」って言ったら,「なっきぃですよね!」って思いっきり言われてしまったけれど,本来はそういう意味じゃなくて「明日も(色々やらなきゃいけないことが)あるので」っていう意味だったのだが何となく否定できずに帰ってきてしまったのでしたw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »