« [℃-ute]超!超ワンダフルツアー(Blu-ray)(1) | トップページ | [Perfume]JPN(1) »

2011年11月29日 (火)

[℃-ute]超!超ワンダフルツアー(Blu-ray)(2)

後半戦は横須賀の大先輩こと石川梨華さんの話題から.梨華ちゃんに憧れてこの世界に入ったなっきぃが大活躍していますw そしてこの公演は岡井さん生誕公演でもあり,「僕らの輝き」で緑色一色に染まる客席は本当に綺麗.事態を理解した愛理はイントロでファンと揃って「ちさとー!」とコール.このエース愛理の気遣い,一体感.これが℃-uteですねー

ここから℃-uteお得意のたたみかける後半戦で,よく彼女たちはこれ歌って踊りきれるなぁと見るたびに思うわけですが,むしろ前半からこの安定感が出るようになると本当に最強になるな,と思ったりもします.ふつう終盤は疲れてくるはずなのにむしろ調子が上がってくる,というのは不思議なことで.

そうしてアンコールのMCでは愛理の「緑は綺麗だなぁー」発言にざわつく客席と驚くメンバー,自分の発言に気づいて慌てる愛理,という面白い図が.しかし「禁句禁句(笑)」って連呼してますけどそんな禁句なんですかそれ,っていう疑問は残しつつ,もうかれこれ愛理が緑からピンクになって2年経ちますからね~

ラストのなっきぃフィーチャ曲,曲そのものとしてどうなのかはまた別ですけれど,セットリストの最後としてはなかなか良い曲だなぁと改めて思ったところで本編が終わります.特典は別パターンのソロ曲と千秋楽メイキング.ソロ曲では愛理がさすがですねー.本編の残暑お見舞いに対して,昼公演では「YES!しあわせ」を歌っているわけですが,こういう明るくてノビのある曲もきちんと歌いこなす鈴木愛理という人の実力を感じます.

そして,千秋楽の映像からは,このツアーにかけるメンバーの気持ちが伝わってきます.ツアーがあるたびに大きくなっていくこの5人を見ているのが楽しい,そういう気持ちを思い出せます.もう次のアルバムの予定も決まっていますし,あとは単独ツアーが待ち遠しい,といった感じですね.

[Blu-ray] [DVD]

|

« [℃-ute]超!超ワンダフルツアー(Blu-ray)(1) | トップページ | [Perfume]JPN(1) »

コメント

なっきぃの青春
なっきぃの夏が、通り過ぎていく。
その喧騒の後により輝く何かをみつけて
もっと、遠い存在に生っていく…っていう。
DVDってやっぱり“過去の記録”みたいな映し方で
後味がものさびしい感じ。
妙に整理されているせいかもしれませんがね。

投稿: はとむぎ | 2011年11月30日 (水) 09:26

現場がないまま映像だけ見ていると,
なんだか後追いみたいな感覚なのかなーとは思ったりします.
とはいえ,過去の記録,戻れないところ,っていう作品じゃなければ,
むしろあんまり価値はないような気もします.
だからこそ良いんだろうなって.

投稿: umrn | 2011年11月30日 (水) 09:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123631/53342231

この記事へのトラックバック一覧です: [℃-ute]超!超ワンダフルツアー(Blu-ray)(2):

« [℃-ute]超!超ワンダフルツアー(Blu-ray)(1) | トップページ | [Perfume]JPN(1) »