« [Berryz][℃-ute]ベリキューアイランド@ アクトシティ浜松 | トップページ | 2011 »

2011年12月26日 (月)

[℃-ute]大人の麦茶第十八杯目公演1974@ 紀伊國屋サザンシアター(3)

なんかばらばらと書いてきましたがこれで最後ですね.

岡井さんですけれど頑張ってましたね.本当に.王様ゲームと良い1974といい,頭が良い(もしくは勉強が出来る)役をやっていて,それはちっさーにとっては結構な挑戦だと思うのですけれど,持ち前のまっすぐさが存分に発揮されていました.二人の関係性を見ながら,たぶんぼくはちっさーみたいな人にはなれないから,なっきぃみたいに何か強いところ探さないとな.とメタ的に思ったりもしていました.

なっきぃに戻って,信念を持って前に進み出すシーン,そこはりつ子の決意であり,ある種なっきぃ自身の決意に重なるようにもみえて心に来るものがありました.心許ないはっちゃけ方なのがまたよくて,そうそうそういう感じになるよねたぶん,っていうところの真ん中を貫いていた感じです.

初恋の人が同性だと知ったときのショックとはいかなるものかと思いますけれど,真実を知ってもなおその姿に恋しているというあたりの切なさは最後のシーンに至るまでずっと継続されていて,そこもまた素敵でしたね.

ステージのシーンになると,これは変な話ですけど,踊り始めたらやっぱりさすがなっきぃ,そこだけは(上手すぎて)りつ子というよりなっきぃになっちゃってたかなぁーなんて思いはしますけれどそれはしょうがないかな.

そして最後のモノローグ.ここをなっきぃ一人に任せられたのはなっきぃ自身の成長あってこそですし,その期待に見事に応えていたと思います.あれを見てしまうともう来年も期待せざるを得ない,なっきぃの来年はもっともっと女優として羽ばたける年になると良いなと願っています.

|

« [Berryz][℃-ute]ベリキューアイランド@ アクトシティ浜松 | トップページ | 2011 »

コメント

内容がかなり伝わってきます…
ここまでお話がすすむということは、
今回かなりの「でき」とお察しいたします(笑)

なっきぃの来年…
学生でなくなってしまうんですね…
環境が変わることが、何かを大きく変えそうですが
全身全霊、全力投球が大好きな彼女ですから今まで育てた“芽”は
今後もますますしっかり根付いて、成長してゆくことだろうと思います。
女優やレポーターもいいですね。私は特になっきぃの“声”が聞ければもう…
それと前回ご紹介頂いたなっきぃの「1974後記」とても感動しました。
書くのにえらい時間がかかっているようですが
ああやってきちんと気持ちがまとまると人としての“なっきぃ”が
しっかり、伝わってくる文章がかけるんですね…
ここも是非、是非挑戦してほしいと思います。

投稿: はとむぎ | 2011年12月29日 (木) 10:31

℃-ute全般に言えることなのですが,
「私はこうだから」ってどうしても決めつけちゃっている部分があって,
それを破れるようになれればもう一歩前進できるかなーと.

それが例えばなっきぃなら歌であり,文章であり,っていうところなんですけれど.
失敗してもいいから,思い切ってやってほしいと思っています.

学生ではなくなって完全な社会人になることが
そのきっかけになってくれればなぁーって思ったりも.

投稿: umrn | 2011年12月30日 (金) 02:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123631/53539037

この記事へのトラックバック一覧です: [℃-ute]大人の麦茶第十八杯目公演1974@ 紀伊國屋サザンシアター(3):

« [Berryz][℃-ute]ベリキューアイランド@ アクトシティ浜松 | トップページ | 2011 »