« [℃-ute]超!超ワンダフルツアー(Blu-ray)(2) | トップページ | [Perfume]JPN(2) »

2011年12月 1日 (木)

[Perfume]JPN(1)

2年4ヶ月,待ちに待ったアルバムがついに発売されました.Perfume4枚目のアルバム,その名も「JPN」.そして待ちに待ったツアーも始まります.これにあわせてファンクラブからは久々の会報が送られてきました.相変わらず三人それぞれが三人らしいコメントや回答を残していて,これがPerfumeだなぁ,と思います.

今回は,あまりの多忙でテレビやラジオはもちろんのこと(?)雑誌すらチェックできていないので,完全に私が聞いたままの感想になります.

真っ先にAlbum-mixでリアレンジされたレーザービーム→GLITTERの流れ.シングルとは全く違う曲に仕上がっています.やはりこれが作品というものだろう,と改めて思いますね.裏を返せば,元のオリジナルを聞きたかったらシングルも買わなきゃいけないということ.

こうやって,アルバムを待っててもほぼ違う曲が収録される,って作品形態にするのが本来のシングルの意味であり売り方なんですよね,音楽作品である以上は...Album-mixと表記されていない曲もリマスタリングされているのが分かるくらい音が変わっています.だからアルバムを作るんだし,だからシングルを売るんですよ(繰り返しw)

90年代に定着した,タイアップベースでシングルを出して,そういうシングル3曲を軸にアルバムを構成する,というようなやり方は明らかに限界で,このJPNは原点回帰してる良い方向性だと思います.クイック・ジャパン的に言って,これからはアイドルの意味ならぬアルバムの意味を回復する3人なのでしょうか.もっといえば,CDの意味を回復する3人ってことになるでしょうかね.

なにがすごいって,バンドやシンガーソングライターではない彼女たちはサウンドプロデュースに全く関わっていない,というところです.いわゆる外部プロデュース(実質中田さんはどう見ても内部ですが,それでも)でこれが出来る,というのは本当に素晴らしいことです.

あとは新曲を中心に.

5曲目,MY COLOR.ちょっとスイバケっぽいな,とも思ったり.最近流行っている,いわゆるテクノポップのお家芸でもあるこういう曲ですけれど,これが自然に出来るようになったのがPerfumeの現在の位置なんだな,と感じます.もうこれくらいじゃ誰も驚かない,その代わり普通に「良い曲だなぁ~」って思える,そういう感じです.しかしこれ歌詞からすると携帯電話のCMに使われそうなもんなんだけれど,どうもそうでもないみたいで.

6曲目,時の針.一転してみんなのうたみたいな曲になっています.ソロパートもふんだんにあり,それぞれの声の特徴が生きています.こういう,個性の発揮というのは,今年のPerfumeの一つの方向性なのではないか?と昨年末にこのブログに書いたような話で,これは面白いのでもっと続けてほしいです,個人的には.

11曲目,心のスポーツ.ヤスタカ氏の歌詞がここまで来るともう気持ち悪いを通り越して恐ろしいです.12曲目,Have a Strollはその名の通り軽やかな曲.この辺はアルバムのラストに向けてつなぎみたいな曲なんですが,そういうところこそ完成度が高い,というのはさすが中田さん.結局のところ,こういうこだわりだけがポップスを芸術にするし,ガールポップを芸術にするし,アイドルを救うんだと思います.

14曲目スパイスが終わり,再生が終了します.
既発曲だらけだからなぁ...とか思ってた私が間違ってました,やっぱPerfumeすげーわ.⊿と比べても,JPNは素晴らしいし別格.アルバムが文字通りアルバムになっていて,それこそ一冊の本を読み終えたときに近い感覚が味わえます.

こうなってくるともっとツアー行きたくなってきましたが,ただ,これ以上増やそうにもどこ入れても遠征になるという難しさはありつつ...なんはともあれ,今後が楽しみです.

|

« [℃-ute]超!超ワンダフルツアー(Blu-ray)(2) | トップページ | [Perfume]JPN(2) »

コメント

あなたが“良い”というのだから
私は、ほぼ無条件に“かなり良い”という基盤からスタートする訳ですが…。
いつも思うことですが…Perfumeとは
「アイドル」あるいは「アイドルより」ですか?それとも大きな括りで
「(ビジュアル系)アーティスト」なんでしょうか?
今更…ですが。

投稿: はとむぎ | 2011年12月 1日 (木) 09:14

前作より遙かに良い出来だと個人的には思っています.

Perfumeは元々は完全にアイドルですし,
いつまでもアイドル的な面はあると思いますけれど,
アイドルだと認識していない人も多いです.
見ている人の元々の立ち位置によると思いますし.

アイドルとアーティストってどこかに境界があるわけではないと思いますし,
その二つしかないわけでもなくて,
そういうことを具現化したのもPerfumeの一つの功績なのだと思います.

PerfumeとはPerfumeである,というのが唯一の答えなのかな,と.

投稿: umrn | 2011年12月 2日 (金) 10:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123631/53367639

この記事へのトラックバック一覧です: [Perfume]JPN(1):

« [℃-ute]超!超ワンダフルツアー(Blu-ray)(2) | トップページ | [Perfume]JPN(2) »