« [℃-ute]2012春夏~美しくってごめんね~@ 中野サンプラザ | トップページ | [東京女子流]仙台Rensa:おまけ »

2012年5月 6日 (日)

[東京女子流]2nd JAPAN TOUR 2012~Limited addiction~@ 仙台Rensa

仙台公演行ってきました.札幌から福岡まで回る,やっぱりこういうものをツアーって言うんだと思います.まあそれはさておき.

久々に時間を忘れて楽しむ、という経験ができました。最近はどんなライブに行っても頭の片隅にライブ後の予定があったり,懸案事項が脳裏をかすめたり,という瞬間があるのですけれど,今日は2時間半ずーっと目の前の5人に夢中でした.これはすばらしい.

冷静に考えると目の前で踊っているのは10代半ばの学生であって,それは変わらない事実なのですが,そんなことを気にさせないパフォーマンス.そして気にさせないのは若さの力でもあります.疲れている日々の最中には5人まとめてスモールライトで小さくして目の前においておきたいと思ったりしています.そういう安心感というか,自然さというか,そういうものがあふれているグループですね.

女子流現場に顔を出すようになったのはつい最近ですが,すべてオリジナル曲で回せるようになったタイミングだったのは運が良かったのかもしれません.来年になったらきっと「この曲やりたいけど時間的に入れられない」ということになりそう.それにお客さんも増えるかもしれないですしね.小さい箱の温かさと一体感,表情が見えるくらい間近,という幸せ.

曲は最初から最後まですばらしい.盛り上がる曲は盛り上がるし,同じ盛り上がるにしても力強いのもあれば激しいのもあるし.いろいろな日本語を想起させてくれるラインナップが揃っているのは今後かなりの強みになる気がします.すごく久々に,踊っているあぁちゃんを見ることもできました.あぁちゃんの今回の怪我があって,女子流が一回り大きくなったなんて声も聞きますが,きっとそうなんだろうなぁと想像できます.

あと本題とはそれますが,あぁちゃんのあ~ちゃん化とみゆちゃんのかしゆ化が著しい気がしました.特にグッズのTGSトートを肩に提げて出てきたみゆちゃんは,どう見てもGAMEツアーでグッズ紹介の時にトートを肩に提げて出てきたかしゆかそのもの.シンクロ率で言ったら250%くらい.なんかドキドキしちゃうくらいですね.まぁ,そういうことを思わせる理由のもう一つは,現場の雰囲気がすごく当時のPerfumeに似てることでしょうね.みんな丁寧であたたかい.

以下ネタバレ.

序盤はしっとり目の曲,シックな衣装.こういう大人っぽい表現ができるようになってきたのは本当に大きいなと.これからどんどんいろいろな分野にファンが広がるだろうという期待を抱かせます.

みゆちゃんの腕の長さと胴の細さ.あのみゆちゃんの迫力あるパフォーマンス,スケール感の大きさはこれまたかしゆかそっくりですね(笑) ゆりちゃんの安定した高音.どんどんうまくなっています.めいてぃんのしなやかなダンス,あぁちゃんの中低音は相変わらずすごいサウンド.そしてそつなくセンターをこなすひーちゃんの安心感.5人それぞれのレベルで言ったらもう向かうところ敵なしに近くて,あとは5人揃ったときにその技術をどこまで高めあえるか,という感じ.

「きっと忘れない、、、」は鳴子ありのパフォーマンス.あぁちゃんが「鳴子があるときと無いときでは音(=アレンジ)も違う(=これは鳴子の音が入る分考慮してるんでしょうね)」と言っていましたし,そのうえ振り付けも違うのですけれど,そういう細かいところを追求していることがやはりすばらしいなと.いやしかしこれ良い曲.松井寛という女子流サウンドを担うアレンジャーが「作曲」した曲ですが,存分にその能力を示す感じとなっています.

本編ラストは「ゆうやけハナビ」.歌詞に合わせ,客席も隣の人と手をつないで一体感が高まります.これはステージの女子流にとっても壮観でしょうけれど,客席の知らない隣の人同士にとっても大きなイベントです.今日はたとえば600人弱のお客さんが入っていましたが,その一人一人が女子流を応援する仲間であって,これから大きくなっていく彼女たちを応援していく同士なのだと感じられるあの瞬間.

アンコールはデビューシングル「キラリ☆」,そして最新シングル「Rock you!」,キラリ☆で終わるようにしても私の好みなのですが,まあ力強い曲で終わるっていうのも良いですよね.こうやって所々にアクセントになる曲が入ってくるから,強いサウンドの曲も生きるんだなーと思う次第です.

最後に.

終わったあとに「もっとできそう」と思わせてしまう雰囲気が何より特筆すべき点でしょう.本当は今日でも十分すごいことをやっているし,もしかしたら彼女たちは相当精一杯なのかもしれません.でも,それでもまだまだ期待してしまう何かを彼女たちは持っています.

きっとこんなものじゃ終わらないだろう,と未来が描けるというのは,若いからということに加えて,進むべき道を着実に進んでいることを(今日初めてみたとしても)実感できるステージだからです.それは本当にすばらしいことだと思いました.

|

« [℃-ute]2012春夏~美しくってごめんね~@ 中野サンプラザ | トップページ | [東京女子流]仙台Rensa:おまけ »

コメント

GWに暇があったので
MVですけど、聴けるだけ聴いてみました。
(まあ…殆ど聴いたわけですがw)

まずはサウンドが超きれい!
ちょっと、彼女らには、もったいないくらいw
でも、少し子供だけれども、その分歌声は澄み切っていて…
すぅーと、通るかんじは今だけのレア物。
ライブはどうなんでしょうね?

投稿: はとむぎ | 2012年5月 8日 (火) 00:47

PV無い曲にも良い曲あるんですが
とはいえそもそもまだ20曲くらいしかないですからねw

音楽に限った話ではなくて,
ある意味過剰に投資されているものこそ
魅力的なんじゃないかなーと思っています.

ライブはまだまだこれからだな,と感じるところは多々ありますけれど,
すぐに伸びるだろうな,という期待はすごく持たせてくれますし,
1年前のPVでも随分こどもっぽく思えるくらい見た目も歌声も成長が著しいです.

投稿: umrn | 2012年5月 8日 (火) 02:45

仙台お疲れ様でした!
おいらは悩んだ結果、日本青年館で9nineの初ホールLIVEを観てきました。

女子流ちゃんは今回で2回目のツアーとなるわけですが、楽曲やダンスのクオリティからして、あとはほんのちょっとしたきっかけがあれば、すぐにビッグバンは起こるような気がしますね。

個人的には「なんでこんな素晴らしい子たちがもっと売れないのか?」と思いつつ、「売れちゃって遠くに行かれると困る」とも思ったりしていますw


> あぁちゃんのあ~ちゃん化とみゆちゃんのかしゆ化

ツボに入りました(笑)

「じゃあ、のっちは誰?」ということになるわけですが、のっちのダンス部分はめぃてぃん、MCのお笑い部分はゆりちゃんかなぁと思っています(笑)

残ったひぃちゃんは、、、センターということであ~ちゃんですかね?(笑)


女子流ちゃんの歌声については、CDではレコーディング直後なので声質がとても細く、子供っぽさがどうしても出てしまうんですが、やはり成長期だけあって、LIVEを重ねていくうちにクオリティが上がっていくのが目に見えて分かりますね。

そこがついついイベントに足を運びたくなるひとつの要因だったりもしますね。

投稿: 鯉さまっ | 2012年5月 8日 (火) 12:27

もうちょっと,もうちょっとで良いからそこで待っていてほしい,
でも数年後にはもう大きく売れていてほしい,
みたいな感覚は私も持っています.

声やパフォーマンスは,おっしゃるとおり,
3月と一昨日ですら随分違うので本当に驚きます.

のっちは,世界観だとひーちゃんかなーとは思いつつ,
ひーちゃんはなんでも一人で出来る子だし,
ダンスはめいちゃんと似てるかなーとは思います.
無理に当てはめるのはちょっと難しいかな,とw

投稿: umrn | 2012年5月 9日 (水) 01:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123631/54643763

この記事へのトラックバック一覧です: [東京女子流]2nd JAPAN TOUR 2012~Limited addiction~@ 仙台Rensa:

« [℃-ute]2012春夏~美しくってごめんね~@ 中野サンプラザ | トップページ | [東京女子流]仙台Rensa:おまけ »