« [℃-ute]朗読劇ユンカース・カム・ヒア@ テアトル銀座 | トップページ | [Perfume]3rd Tour JPN まとめ(1) »

2012年7月16日 (月)

[モーニング娘。]One・Two・Three/The摩天楼ショー

50枚のシングルが発売になり,10年ぶりに10万枚以上の売り上げを記録しました.特設サイトも出来ていて,特大看板も渋谷に出たりして,凄まじい気合いの入り方でイベントを連日行って達成したこの枚数.往年のメンバーによる50曲分の解説動画も順々にアップロードされてきています.ふるさとを語るなっちとかピースを語る梨華ちゃんはやっぱり素敵.

曲は,Do It NowとかAS FOR ONE DAYと並ぶ感じで,素直に好きです.どうしても好きというわけではないし,これらが一つのラインに並ぶ曲なのかはよく分からないですが...まあ,私は,「暑中お見舞いremix」は好きだけど「みかん」は好きじゃない,みたいな人なので,ハロプロファンの平均的な感覚からは随分ずれているんだとは思いますし.

ただ,この新曲,両A面の両方とも,ファン受けが悪くて外側の人に高評価されている傾向にあることは確かです.いまどき曲が良くても外側の人はそうそう簡単には買ってくれないから,何とも難しいところではありますけれど.でも,娘がその気になれば10万枚売れる,という事実は,世間的にも本人たちにも大きい事実だと思います.

こうして,結局,娘の50枚までにベリキューがトップに出ることはなかったけど,その一方で今の娘なら娘→ハロプロ→ベリキューという流れを作れる気もしています.

両A面の摩天楼ショーは「これぞモーニング娘。」って感じの良い曲だからもっと前面に押し出したいですね.ただ,摩天楼ショーは,聞けば聞くほど握手会で売る曲じゃなくて,テレビ出ることによって売る曲に思えてくるのですが,ところがどっこいそんな売り方は既に世の中に存在しないのです.

まあ,それは,仕方ないですね.

|

« [℃-ute]朗読劇ユンカース・カム・ヒア@ テアトル銀座 | トップページ | [Perfume]3rd Tour JPN まとめ(1) »

コメント

これはこれで、とても興味深く観せていただきました。
あぁ…こういう雰囲気なんですね…イベント。

曲の持っている雰囲気(MVのような)出すのは
とてもとても難しいのですね。
本人たちも“チョビっと”やりにくそうなw
(音が上に抜けていくとか床が滑るとか想像を絶する声援とかw)
この10人の女の子は何に対して“シリアス”に向きあっているのだろう…
とか思います。
「歌うこと」「踊ること」「可愛らしさ」「有名になること」?
スーパーみたいになんでもありだと、「安売り」しか特徴がなくなってしまう…。

投稿: はとむぎ | 2012年7月17日 (火) 08:56

サンシャインは誰もが通る道ですからね.
15年目にしてまたサンシャインをやることにも
それなりの意味はあるのかと.

娘は元々お得感とかそういうネーミングの由来ですので,
なんでもありであることこそが娘の最大のアイデンティティかなーとは思うのですが,
仰るようにちょっとそれが安売りに近くなってしまうんですよね~

投稿: umrn | 2012年7月17日 (火) 22:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123631/55212266

この記事へのトラックバック一覧です: [モーニング娘。]One・Two・Three/The摩天楼ショー:

« [℃-ute]朗読劇ユンカース・カム・ヒア@ テアトル銀座 | トップページ | [Perfume]3rd Tour JPN まとめ(1) »