« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月21日 (火)

[東京女子流]東京女子カフェLIVE 2012 SUMMER(1日目)

行ってきました.これでなんと女子流4日連続.

イベントの詳細がfacebookにしか載っていないという,なかなかちょっとそれは...という状況に加え,そもそも情報が少なすぎて参加方法も直前まで分からず,ファンが右往左往する中で始まりました.今週いっぱい続きます.4000円でCD(東京女子カフェ #1 a-bossa)とミニライブ.開演前にやたら並ぶフリードリンクと,軽食と称するサンドイッチ三切れもついてきます...まあ疑問点は色々ありますが,イベントとしては素敵そのもの.

繰り返しになりますが,女子流がカフェテイストで8曲歌ってくれることは本当に素敵.

カフェ,あまりかしこまらないというコンセプトのもと,5人とも私服で登場.リーダーはさすがのおしゃれ感.本当におしゃれな人ってシンプルにワンポイント入れてくるよなーという感じです.

あぁちゃん貫禄の3曲,「Bomb A Head!」ではステージ上のテーブルで眺める残りのメンバーをあおる余裕まで.さすがです.「EZ DO DANCE」ではメンバーが脇から盛り上げて客席がそれに応じるという素敵空間.

ひーちゃん,「亜麻色の髪の乙女」.本当に新井ひとみという人を大切に育てないといけないな,と別になんでもないただのファンである私が思ってしまうアーティストとしての天性.「LOVE2000」もさすが.それにしても2000年のぼくと今その曲を歌っている新井ひとみが同じくらいの年とは...なんともはや.

みゆ「夢見る少女じゃいられない」.CDに入ってないのがもったいない.みゆらしい素敵な歌.友梨「Give me a Shake」.小悪魔っぽさを前面に押し出してさすが.そして最後にめいてぃんwithフルメンバーで「WOW WAR TONIGHT」.

自分の出番が終わって急にリラックスした表情でメンバーと談笑を始めるリーダーと,最後まで出番が来ないので最後まで笑顔が硬いめいてぃんが対照的でなんだか面白かったです.

女子流というグループについて言えば,こういう,濃いファンが多いイベントの時に色々挑戦していければ,いろいろな人の前に出たときも絶対良いことあると思うんですよね.そういう意味でも素敵なイベントでした.彼女たちは連日で大変でしょうけれど...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月20日 (月)

[東京女子流]ニコ生進出記念!「東京女子流についてのいろいろ勉強会!」@ ニコニコ本社

ニコニコ生放送の公開観覧に行ってきました.竹下通りに行く用事の半分はダイソー,もう半分はニコニコ本社というのは自分でもどうかと思うのですが,それはさておき...

CDを購入して参加券をもらうと自動的についてくる高速握手会の後,本番.ちなみに握手会は,あぁちゃん「毎日会えて嬉しい 月末出張だからしばらく空いちゃうけど」未夢ちゃん「(またしてもゲームの話)」ひーちゃん「(青い衣装について)」友梨ちゃん「その後宿題は終わったの?」「まだなんです」「8割のままなの?」「いや9割!」:天才中江頑張ってるみたい,そしてめいてぃんも宿題頑張ってるらしい.

女子流の5人,まず椅子の高さの調整に手間取る.椅子に座ったままレバーを上げても体重が軽すぎて降りない,たまらず降りてレバーを上げれば座面は一番上まで上がる,みたいなことを繰り返していましたw 結局最初に高さ調整を終えたあぁちゃんが一番安定した高さ.

いざ始まると佐竹さんがデビュー以来一曲ずつ紹介していく流れ.曲ごとにアンケートが入るなどして盛り上がりました.

  • あぁちゃん問題をちゃんと聞いておらずマイペース
  • 自称10歳のひとみは考えたあげく「ランドセルしょってる」
  • キラリ☆の「MVのメンバーが幼すぎて恥ずかしい」
  • おんなじキモチの久々の振り付け練習
  • 鼓動の秘密は「中江センタースタートが見どころ」
  • と思ったら佐竹さん「友梨がセンターにいるの最初だけ」
  • LAの聞き所は山邊さんの「タイムリミット~」
    (ちなみに未夢ちゃん,あぁちゃんにこの部分絶賛されて照れてたw)
  • Rock you!のかけ声を会場と実演

等々,放送自体は放送で見た方が楽しいんだと思います.現地にいると生でメンバーを見つつ隣の画面で字幕を見たりしてなんか忙しないw そんななかでもメンバーは結構丹念に字幕読んでましたし,そういうところは女子流の真面目なところだなーとか思いつつ.それでいてなんか勝手に別の話でヒソヒソ盛り上がってたりして若いなーと思いつつ.

最後にあぁちゃんが歌って本編終了.あの距離であのアットホームな感じで聞けるのは素敵.その後プレミアム会員向けにQ&Aのコーナー.あぁちゃんがオチを連発して良い感じでした.「皆さんまだ夏は終わってないですから,プールに行って(シンクロの)練習してください!」とか,最後は一体何の話なんだかw

何が面白かったとか,何が楽しかったとか言われるとすごく難しいイベントなのですが,一つ言えるのは無理して行って本当に良かった,ということです.あの空間にいられたことが幸せだった,という雰囲気がそこにありました.

女子流って,メンバーもスタッフもファンも,必ずしもみんなが同じ方向を向いているわけではないとも思います.でも,メタ的なところでそれが許容されているというか,それすらも一つのまとまりとして成立しているというか...一般的にありがちな,「せっかくなら○○しないのはもったいない」みたいな,優しく見せかけた強要みたいなのがないから心地よいんでしょうね.

彼女たちはこの忙しさの中よく頑張っていると思いますし,とにかく無理はせずに・・・と思ってしまうくらい毎日見ている気がします.明日もあるんだけどね.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月19日 (日)

[東京女子流]個別サイン会

女子流のサイン会に行ってきました.5月発売のシングルのイベントが8月というスケジューリングで予定が冷や冷やなのですが,幸いにも今日は何も無く助かりました.日曜日の午前中から活動すると有意義ですね.午前中に女子流さんたちと楽しくお話しし,午後は研究,と.

以下,何の意味があるのか良く分からないですがとりあえず.

・小西さん

「昨日良かったよー髪型もかわいかったし」
「ありがとうございます!」
「それにしても随分髪伸びたね」
「あ,今めっちゃ長いですよ」
「前にひめスタゲストで出てたときに,(読んでくれたメールの話),したら昨日カバー曲少なかったよね(笑)」
「(笑)」

笑いあえるって素敵

「あ,でも昨日だけだと思いますよあれは.9月からはまたカバー曲も増えると思います」
「新しいのも楽しみにしてますね!」
「がんばります (サイン書き終わる)こんな感じで良いですか?」
「ありがとう~」

・中江さん

「(ジャケット)中江の隣に書けば良いですか」
「もう一面使っていいよ」
「いやいや他のメンバーの上にはかけないですよ」

中江さんいい人

「昨日の髪型かわいかった!」
「あ,これね(エアーで一つ結び) あんな上で結んだの久しぶりだと思います」
「あーそれだとぼくは多分初めて見たんじゃないかなー」
「友梨ちゃんにさ,」

(以下私のプライベートな話なので省略)

「じゃあぜひ!」
「はい!」

中江さんの前ではなぜか素直になってしまう私.

・新井さん

「(ジャケット)まだ他のメンバーも(これに)書きますか?」
「いやまだ別のあるから広く使って良いよ」

新井さんもいい人

「昨日かっこよかったよー」
「ありがとうございます,何か,新曲も披露して,」
「うん,」
「すごくかっこいい曲で,」
「そうだよね,」
「あの衣装も,「うんうん,「(以下延々続く)」
「あれ最初未夢が引っかけてるだけなのかと思ったらみんなああなっ「そうなんですよ,ああいう作りで「面白いよね「かっこいい感じになっていて(後略)」

ひーちゃんがひとみぼっち状態で,ずっと相づちを打ってましたw
で,やっと私のターンになったので

「ひーちゃん英語出来るようになるよ」
「出来るかな~」
「大丈夫大丈夫,関西弁とかしゃべるの上手いじゃん!しゃべれれば出来るようになるって!」
「がんばります」

・庄司さん

「今日の服ピンクでかわいいね!」
「ありがとうございます!」
「前にひめスタで(読んでもらったメールの話)」

ちゃんと覚えてて,記憶力のいい御方で

「ああーうーんこうなると難しいんですよね」
「北日本の方言はやっぱむずかしいよね 細かかったりして」
「ほんとですよねー」
「でも,」

(個人的な話なので省略)

「あ,そうなんですか!」

・山邊さん

「ルミネのコーデ見に行ったよ!」
「ありがとうございます,どうですか?」
「いやーあれ難しいよなかなか...似合う人限られてるんじゃ」
「そんなことないですよ☆」

深く考えなければ幸せなパターン

「そうそうそれであのゲームやってみたよ」

(以下延々ゲームの話)

「でもなんであんなにめいてぃんが未夢ちゃんジャンプさせてたのか分かった!」
「飛びましたか?」
「飛んだ飛んだ,でも飛ぶのかと思ったらくぐるのもあって」

(まだゲームの話)

「(スコアについて)まだまだですね,芽生は○○くらいまで行ってますよ」
「え!? あれでも寝ながらやると傾いちゃって何かうまくいかない」

(佐竹さんがはがしにやってくる,それでもまだゲームの話)

「でも寝ながらでも大丈夫ですよ,まあ座ってやった方が良いと思いますけど,」

(未夢ちゃんまだしゃべりたそうだけど私は退出するように言われてるんですが...w)

未夢ちゃんの前ではなぜか素直になれないので言うべきことを言えてない気がしますが,これはこれで楽しかったので良かったのかもしれません.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月18日 (土)

[東京女子流]LIVE*040「Season3の幕開け」@ SHIBUYA duo MUSIC EXCHANGE

ついに女子流定期ライブのSeason3が始まりました.昼のLIVE*040の方に行ってきました.夜のLIVE*041は家でustreamで見られるという素敵な時代です.duoくらいの大きさでライブを見ると,大きい会場も良いけれどやっぱりこういうのが良いな,と思います.

で,女子流は活動再開してから1日に見て,ハイタッチして,5日に見て,握手して,そして今日なので,別にそんな久々でも何でもないのですが,やはり単独ライブのステージに立つ瞬間は格別です...し,それ以上にとにかくかわいい!の一言.かわいさでとりあえず圧倒される感じ.

圧倒されたままキラリ☆,Rock you!,AHBPと最初から飛ばします.

間近でみるあぁちゃんの特に横顔はますますきれい.裏話を暴露し続けるパワフルなMC.未夢ちゃん編み込み.相変わらず顔小さいなぁ.そして謎の「デリケートゾーン」発言かと思えば「お水飲んでた!」と三日月目の笑顔で友梨ちゃんの話をスルー.ひーちゃんはとても最年少とは思えない圧倒的なパフォーマンス,それでいてMCの不思議っぷり.友梨ちゃんはポニーテールで元気.めいてぃんの腕すっごくダンサーっぽい.

バラード系の曲とかいろいろあったんですけど,カバーはBE MY BABYのみであとはオリジナル,もしくはオリジナル化したカバー曲で最後まで進みました.「次のブロックでははなかっぱの曲をやります」というので,始まるかと思いきや「それでは,Sparkle!」という大爆笑曲紹介なんかもありました.

アンコールのGIS,そして新曲TGS24「Bad Flower」で終了.新曲もかっこいいですね.なんかまだステージも音響も衣装も色々プロトタイプのようで,ちょっと発散している感じはあるのですが,落ち着いてくるときっと良い曲になる気がします.

1日2回公演はあんまり好きじゃないのですが,1回目とはまったく違うライブを2回目にやってくれるので,だんだん両方見たくなってきます.1日1公演しか見ない,という私のポリシーが破られる日も近いでしょうか...次回の定期ライブは9/2に渋谷WWWという450人の箱.こんな良い機会は滅多にないと思いますが,私は出張中です.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月15日 (水)

[Perfume]Spending all my time / ポイント / Hurly Burly

新曲が出ました.3曲入り.

A面は,Spending all my time.この曲で世界進出,ということのようです.一般的に,海外でウケが良い日本らしい曲といえば,Perfumeでも「スウィートドーナッツ」とか「コンピュータードライビング」だと思うんですよ.それに対して,あえて「これからのPerfume」という新たな形を提示してそのまま海外に持って行く,という姿勢.全力で応援したいですが,さてどうなることやら...

そして,早々にテレビでは歌わない宣言.テレビに出られなかったからライブを頑張るしかなかったユニットが,テレビでは歌わない宣言が出来るまでになった,というのは感慨深いことです.

B面の「ポイント」「Hurly Burly」とも素敵な曲です.こちらは最近のPerfumeらしい曲で,変態コード進行も健在.そして3曲とも,CDで聞けば,スピーカーで聴けば,ヘッドフォンで聴けば新たな発見がある,というのは,音楽を購入するときに非常に嬉しい点.

PVは田中監督が務めます.私は,Perfumeの映像は関さんだけが撮ればいいと思っていますし,そういうところまでもが固定されてきたのがPerfumeだと(今でも)思っています.ただ,やろうとしてることがそういうスケールに収まらなくなってるのもまた事実.

でも,そうなると,音と歌詞とPVとライブ演出含めて楽曲というならば,可変なのはPVの監督に限られるのでしょうか? 振り付けは? 楽曲製作は? という疑問は,これから常について回ることになると思います.そして,この疑問は否応なく,踊り手は,歌い手は...あの3人である必要があるのか? というところに行き着きます.現に,グローバルサイトで踊っている3体は,確かに3人のモーションの複製ですが,しかしあくまで複製です.

だからといって,誰でもPerfumeたる曲をかけるとか,誰もがあの3人のように踊れるというわけではないのは当然です.ただ,それが,これまではかなり自明な部分だったのに対して,これからは前述の疑問を反証することによって明らかになることに変わってきたかな,という印象を受けます.

なぜ自明でなくなったのか,という点については,「音楽と人」の2011年12月号にある,「メンバーが思っているPerfume像を理解している人はメンバーとMIKIKO先生,関監督くらい」というくだりに多くが語られている気がします.いろいろなPerfumeを見ている人が,いろいろなPerfumeを製作してしまっています.古くからのファンよりは,はるかに後になってPerfumeを知ったスタッフも多いことでしょう.そうである以上,なぜPerfumeなのか?は自明からは遠くなっていきます.

もちろん,打ち合わせなどを重ねて修正はされていくと思います.しかしそれは修正であって,楽曲と歌詞が神から降ってきて,それを映像と振り付けで丁寧に紡いでいって,という順番で出来上がるモノではない,というのもまた事実.実際,楽曲が降ってくる前にスタッフは動いているのです.この現実をどう乗り越えていくのかは,でも,とても楽しみでもあります.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月11日 (土)

[Consadole]J1 #21 vs仙台@ 札幌ドーム

札幌 2-1 仙台

今日はドームだっけ,とか,あれ,今日は14時開始か,とかばたばたしながら重い体を引きずってドームに行ってきました.18位のチームが首位のチームに勝ったりするから面白い.本当に面白い.

そして札幌のサポーターとして勝利のタイムアップを聞いた瞬間の喜びは,絶対に他のJ1チームの多くよりうれしいものだ,とも思います.あの瞬間があるから,弱いチームでも応援しているのだな,と改めて感じます.

今日も,試合開始当初は攻め込むもののセットプレーから失点し,いつもの展開か...とおもいきや仙台もなかなか攻めてこず,結果的に最後に後半ロスタイムのオウンゴールで勝ち越すことに成功しました.上手下手を別とすれば選手もがんばっていましたし,良い試合だったと思います.

最後のゴールシーンはすべてがスローモーションで,といか実際にボールの速度は遅くて,だからこそオウンゴールに繋がったのかもしれませんが,あのボールがゴールの中に入っていく瞬間を間近で見ていると,あれ....え,入った..?!!!!みたいな感じでもう完全なお祭り.

この雰囲気を来週以降に生かしていけたらいいなあと思います.祝勝会って良いものですね.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Perfume]RISING SUN ROCK FESTIVAL 2012 in EZO

あ~ちゃんがライジングに出たいとずっと思っていたというように,私も愛する北海道で,ライジングでPerfumeを見たいと思っていて,その夢が今日叶いました.広い空に広い大地,Air Asiaで今年3度目の帰札です.

ライジングの会場である石狩には,麻生からバスで向かいます.降車専用レーンから臨時バスに乗るのですが,ここは私が中学に通うために毎日専用バスに乗っていたまさにその乗り場.あれから11年もたつと思うと懐かしいですが,それ以前によく中学の頃は7時過ぎに毎朝ここまで来てたなぁなんて思ったり.

楽しい楽しいフジファブリックに続いて,Perfumeの出番.セットリストは,GLITTER→Spending all my time→ポリリズム→MC→Baby cruising Love→PTAのコーナー→FAKE IT→チョコレイト・ディスコ→MY COLOR.前半は先週のRIJFと全く同じ.BcLはフジファブリックつながり,モテキつながりで選曲したとのこと.

近年まれに見る真剣な圧縮で,開始前から離脱者が出るフロントエリア.GAMEツアーやそれ以前に匹敵する状況だったと思います.GLITTERが流れてさらにカオスになり,気づけば私も前から2列目に.こんな近くで,しかも正面から見る機会は相当久々でした.そのうえ,それがかつてを思い出すような,まっすぐ立つのが難しいような厳しい条件下というのも感慨深いというかなんというか.

古い曲は「あぁ,こうだったなぁ」と思うし,新しい曲は「こんなだったんだ」という新たな発見も多々ありました.特に見入ってしまうのはBcLのフル.あの間奏の特徴的な漕ぐフリを,もう一度間近で見られる日が来るとは思っていませんでした.あの曲がもう4年以上前とは早いものですね,そして遠くまで来たものですね...

その一方で,近くで見ただけあって,3人のことをしっかり見られました.PTAのコーナーの指切りでかしゆかは小指の第二関節を伸ばしたり曲げたりして小悪魔的なことをやっていました.そして,「外内外外」の練習時に,あ~ちゃんが「こんなに揃うライブは初めて」と言ったとき,客席を凝視する有香ちゃんの素直な反応がかしゆからしい一瞬.あの表情がその光景のすごさを物語るとともに,若干黒ゆか入ってましたけどそれもまた懐かしく.そしてMY COLORの最後ののっちは妙にはっちゃけてて,やっぱりあの人をステージで間近で見るとかっこいいなあーと.

そういう,表情が手に取るように分かる,アイドル的な意味での魅力も健在.有香ちゃんと目があったとき,私の本拠地はかしゆかサイドだと改めて思いました.

ライジングは楽しいですね.普段は道じゃないところを使っていたりするので過酷ではありますが,それもフェスですしね.夕暮れ時の矢野顕子・上原ひろみというすばらしいピアノと面白いトークを眺め,小さいステージをまったり見て,戻ってきました.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月 8日 (水)

[Berryz][℃-ute]クロストークBOOK「RIVAL~12少女の10年物語~」発売記念握手会@ 福家書店新宿サブナード店

この本の発売記念握手会に行ってきました.もともと自分自身の予定が不透明だったので参加できただけで良かったとはいうものの,それにしても高速でしたねー.18時集合で19時近くに行くと,既に列が閑散としていたあたりが高速さを物語っていました.

で,高速となればもうメンバーが並んでいる順番を聞いて,脳内シミュレーションを行って,しかも良いタイミング(例えばなっきぃ以外のファンの女性の直後)に並ぶことが肝要なのですが,そこまで準備させておいて,途中の休憩時間でメンバーの並び順変えないでほしいんですけど!聞いてたのと違うじゃないですか!

まあでも高速の方が邪念が入らないのか,なっきぃとの会話に集中できて,かえってよかったなーと.なんでか知らないけど(いや高速だから目の前の人に集中してなきゃいけないからでしょうけれど),久々にちゃんとこっちの話を聞いてくれたし.

ちなみに最初のちっさーが一番落ち着いて(っていうか顔をゆっくり見て)しゃべれて,次のなっきぃで会話1往復半粘った結果だいぶ吹っ飛ばされて,その様子を見ていたマイマイさんが「ピンクのって(どれのこと)?」みたいに返事をしてくれても答える時間はなく.

で,もう,佐紀ちゃんあたりからは一人分ずつずれた状態での握手を余儀なくされることになるし,しかも前の女性が意外とあっさりはけていってしまうので,この時点で雅ちゃんと梨沙子という後ろ二人が手持ちぶさた.こうなるとスタッフはどんどん流してくるんですよねー.

というような厳しい状況下で,私「Loving you Too much良いね!」佐紀「ありがとう!」私「10代やり残したことは?」雅「ないっ!」私「あ,えっとその髪型良いと思うよ!」梨沙子「おーありがとう」みたいなこんな感じでしたかね.これでも良いか,というのは,ベリのゾーンの方が話題にこだわりが無いというのもありますけれど...

梨沙子のところは本当は違うこと言おうと思ってたんですが,あの髪型になってから初めて見たんですけどすごく良いと思ったんですよね本当に.色々言われてますけど,似合ってるし私はあれ素敵だと思うんですけれどね...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月 6日 (月)

[東京女子流]TOKYO IDOL FESTIVAL 2012 (2日目)

TOKYO IDOL FESTIVALの2日目に行ってきました.コンディション的には昨日のRIJからの今日の炎天下ということでかなりしんどかったですが,でもやっぱり楽しかったです.

会場はお台場の南の方,物販やってる広場はいわゆるお台場寮の中庭なので、知り合いの留学生がその辺の建物にたくさん住んでると思うと,不思議でしかありません.湾岸スタジオの屋上にステージがあるのは良いのですが(こんな景色も見れるし),エレベーター2基でこれを運営するのは難しいかなーという印象.

とりあえず女子流関連を.

今日は握手会からのスタートで,幟を先頭に佐竹さんが目立ちながらの登場.そして佐竹さんが頑張って客をはがしにかかるという大活躍.その様子を眺めた後にステージ付近に移動して待っていると,移動してきた友梨ちゃんから手を振ってもらうまだまだ元気な昼前.

アイドリング!!!とさくら学院とのコラボステージでは,めいてぃんとひーちゃんがサクラ学院の「ベリシュビッッ」に参加.女子流の頑張っていつだって信じてるは未夢ちゃんセンターの変則バージョン.とかこんな感じでコラボは楽しいですね.もう一つのコラボステージでは,あぁちゃんと未夢ちゃんが参加するSTEADYとか,ひーちゃんが参加するチョコミントフレーバーとか見られてこちらも素敵でした.

単独ステージの1回目は,Rock you!,Lolita☆Strawberry in summer,おんなじキモチ.日が沈んだ2回目は,ヒマワリと星屑,ゆうやけハナビ,僕の手紙,追憶.どちらも前方に凄まじい数の人が押し寄せましたが,後ろから見よう後ろから見ようと思っているのにそこに行ってしまう私も私です.でも楽しかった!

単独ステージの間には,室内特設スタジオでインタビューに答えているところに遭遇したり,別のスタジオでインタビューに答えるのを見学したり,そうこうしているうちに幟とともにその辺を適当に移動し始めるので,ぐったりして休んでたら5人に目の前を横切られたり,あるいは私がまったく気づかずに友梨ちゃんとめいてぃんの前を横切ろうとしていたり,と,自然なんだか不自然なんだか良く分からない光景がありました.

握手会では,券をAIマネージャーに渡しても列が進まないのでとりあえずAIちゃんとしゃべる時間.それで,あぁちゃんにはSTEADYの話を一通りしたところで,列が進まないので「ありがとうございます」「これからも頑張ってね」「ふふふ」「(進まないね・・・)」みたいな謎の見つめ合う時間.

未夢ちゃんとは,あれこれ説明するのが大変な状況に陥ったものの,ここもやはり列が進まず,手を握り続ける時間.ひーちゃんのところも,同様になかなか進まず,その上ひーちゃん結構お疲れで反応もふわーっとしててかわいい.これはこれで,普通の人間同士の会話っぽくて好き.

続いて,佐竹さんネタを引っ張って,

私「佐竹さんいじめてるとか思ってないから」
友梨「ふふ」
(ここで後ろの佐竹さんにはがされる)
私「佐竹さんの話してたのに!」
友梨「笑」
佐竹さん「いじめられてるって?」
芽生「うふふ」

なんという寸劇.しゃべってるのメンバーじゃなくて佐竹さんと私.(※ちなみに今日の握手会の様子はustreamで生配信) この後めいてぃんにベリシュビッッを目の前でやってもらえるという歓喜.まぁベリシュビッッやってるめいてぃんは生配信されてるんだけど.

結局,女子流5人の握手会のはずなのに一番長くしゃべったのがAIちゃんだったり,間に佐竹さんとしゃべってたりと,おかしな事になりました.祭り気分って怖いですねw というか,さすがに私も2日間の疲労がひどすぎて,今思えばあぁちゃんと見つめ合う時間とかもう少し話すことあっただろう,とw

握手も終わり,最後に未夢ちゃんから「武道館頑張るぞー」というかけ声などで盛り上がった後,解散となりました.

その他.

きっかのステージは圧巻.さすがの安定感.MCもいつもほどではないにせよ絶好調.というかいつもが飛ばしすぎなだけで,今日も随分面白かったです.さよなら涙を聞きながら,デビュー前のハロコン思い出してちょっと感動したり.ハロ出身だとオーイング少なくて快適というのも良いところ.

9nineはみんな大人になりましたね~.ちゃあぽんが広島弁でしゃべるのを見てると,あ~ちゃんが昔いろんなステージであれこれ頑張ってたなぁという記憶がほんの少しよみがえったりもします.

コラボではタンポポの乙女パスタに感動とか,ブラックビスケッツのタイミングとかいろいろあって良かったです.歌ってる人たちは流行ってた頃をほとんど知らないんだろうなぁと思うと音楽はすごいなぁと.

でも,実は一番平和なのは,木陰の芝生の上に寝っ転がって,ステージ間を移動する色々なアイドルを眺めている時だったような気もします(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 4日 (土)

[Perfume]Rock In Japan Festival 2012@ ひたち海浜公園

あ~ちゃんも言ってましたが,やっぱりRIJが始まると夏って感じがしますね! 昨年は参加できなかったので,2年ぶりのひたちなかでした.ステージも屋台もそこにいるファンも変わらない面々で,うれしいです.

今年はPerfumeは18時からのステージということで,ゆっくり出発しても問題ないというありがたさ.11時過ぎに到着し,HALCALIとピエール中野のDJなどをゆったり眺めました.中野さん,期待に違わずスウィートドーナッツ(しかもフル)をかけるという暴挙で,Perfume本人たちのステージではできない「ゆかちゃーん」コールができたり.

そして圧巻はももクロの怪盗少女がかかった瞬間.何で西武ドーム(※ももクロの単独ライブが行われている)にいないのかと思うようにみんなしてコールを入れる入れる.「あーりんわっしょい」がDJ BOOTHに響き渡る!TIFより西武ドームより楽しいアイドル現場(推定),ただし本人不在みたいなカオスになりました.ちなみに音源は6人バージョンでした.

エレカシ,カエラさんとPerfumeファンの皆様方と遠くから眺めつつ,カエラさんの途中から徐々に前に.saku sakuにあかぎあいさんの代わりに登場した時のカエラさんからは想像もできない姿がそこに.

そして9mm.楽しいんだけどやっぱり例によって激しいっw 「自分から心の中の火をまわせとは言わないけど,隣からまわってきた火はちゃんと回してあげてないとすぐに消えてしまう,だからまわしてほしい」とか,相変わらず彼らの放つ言葉は素敵だなーと.

で,体力をはじめとするいろいろなモノを奪われたままPerfume.淡いピンクの衣装が素敵!

GLITTERスタート.いやーSE兼用のGLITTERは沖縄思い出しますね!かっこいい! 続いてSpending all my Time,この新曲は生で見るとなんか難しいというか,(良い意味で)何がしたいのかよく分からないという謎さがあります.ここで挨拶かと思わせつつの休みなくポリリズム.

挨拶を挟み,雑談を挟み,スパイスでちょっとゆったり.ここで,なんとなんとあのイントロがかかります! Seventh Heaven!! あ~ちゃん曰く「RIJは特別な場所だから久々にやることにした」ということで,Perfume的なフェスの楽しみはやっぱりこういうところにあるなーと.去年はFAKE IT,一昨年はコンドラとかやってますからね.Spring of Lifeから(順番間違ってました)PTAのコーナーへ.

あ~ちゃん,ローラさんのまねという新たな境地を開拓しようとしていましたw あと,昨日はプライベートでPA卓あたりからステージを見たというあ~ちゃん.ステージ上のアーティストがすごく小さい,と指で示したところにかしゆかが「ホント?2cmくらいしかないよ」というかしゆからしいコメントを残してました.さらにあ~ちゃんが「もっと後ろなんて」といったところで,のっち「もう(大きさが)無いじゃん」などというおもしろ発言.やっぱりPerfumeは面白いなぁ.

もはや大きなフロアの定番FAKE IT,ここにSpring of Life,そしてやはりフェスの定番チョコレイト・ディスコと場を盛り上げ,ラストはMY COLOR.この使われ方を見ると,Puppy loveみたいにしばらくはオールマイティなラスト曲になってくれるのでしょうか?

以前ここに書きましたけれど,やっぱりフェスにおけるPerfumeの中に,かつてPerfumeが経験を積んできたステージのエッセンスが残っている,そんな思いを新たにしました.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 3日 (金)

[Perfume]3rd Tour JPN まとめ(3)

過去と未来.

振り付けが見せるスケール感.

アリーナ対応の振り付け.ライブハウスではなくアリーナ前提の振り付け.それは進化した証.セラガが,PSPSが変わっていたのとは違い,心のスポーツなんて最初から大きな会場を想定したフリになっている気がしました.

そんな心のスポーツの「心のスポーツなんだよねLOVE」の「LOVE」ところの「L」のフリは浸透するんでしょうか...ああいうのは小さい会場だからこそ細かいことが出来たのかな,とも思います.現に,最近はパピラの「P」ですら危ういし.PSPSの腕を伸ばさなかったところもコールサインになったし,セラガも常に3本指になったし,Tbtも1番からグーチョキ(ryになりそうだし.

私は本当は,ニューイヤーコンサートのラデツキー行進曲みたく「2回目だけ拍手」みたいメリハリが好きなのですけれど.まあしかし,ニューイヤーコンサートのラデツキーだって指揮者が客を押さえ込まなきゃ1回目から拍手だらけになりそうだから,そんなものかもしれませんね.

かしゆかがみせるスケール感.

沖縄公演で,BODY & SOULを歌う3人.かしゆかがそこにいる奇跡を感じるような瞬間.歌うのが好きで,踊るのが好きでそこにいるあ~ちゃんやのっちとは違う何かを感じるのは,決して過去を知っているからではないと思うのです.

樫野有香という人が,かしゆかとしてそこにいること.なぜ他の人ではなくかしゆかだったのか,という大きな物語が,常にそこにあります.ドームに引き続き,映像とのコラボレーションで,一人先陣を切って突入するかしゆか.自ら進んでこの世界に入ったとは言いきれない彼女こそ,Perfumeという唯一無二の形の象徴であるかのように.

決して数万人を目の前にするタイプでも,客を煽るタイプでもない有香ちゃんがそこにいるという意味.決して向いている仕事だとは思えないけれど.楽しそうにやってくれていたらうれしいという私の気持ち.

次のスケールへ.

それでも,やっぱり,SoLの間奏あけであ~ちゃんが復活するあの瞬間だったり,Perfume(曲)の最後で3人が集まるあの瞬間だったり,のっち「二人を見てて...」あ「のっちもがんばってたよ」みたいな不思議なトークが繰り広げられるあの瞬間だったり,それがPerfumeだな,と思うのも確か.

実際のところ.ファンクラブツアーのライブハウスも,当時は「何か昔と違っちゃったな」とか思ってたけれど,今DVD見るとあれもまぁ懐かしい,というか「昔」の方に入ったな~・・・などと思っているうちに,今秋のアジアツアーが決定しました.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 2日 (木)

[東京女子流]Special LIVE&TALK ~2ヶ月休止の真相~@ 横浜BLITZ

2ヶ月間の活動休止期間を終えて,ファンクラブ会員に向けて成果披露の場として設けられたのが今日のイベント.花火大会に向かう大量の人に紛れて,横浜BLITZに行ってきました.

スタートはデビュー曲「キラリ☆」.

2ヶ月の週末だけで何が変わるのか,という話もあるのですが,実は放っておいてもすごいスピードで変わる年頃だよなぁと感じます.2年前のデビュー時のPVと,いま目の前で踊っている5人の間には,大きな成長があることを再確認します.

ここで佐竹さん登場.活動休止発表時の未夢ちゃんの超早口音声が流れ,その瞬間の佐竹さんの面白いエピソードも聞けました.プロデューサとして,こういう時間をどこかで取りたいと思っていた,という話も最後に聞けました.練習時間取らないと,仕事で埋まってしまう感じがありますしね.

ここから2ヶ月間の成果を発表するコーナー.

まずはダンス,「Be My Baby」.振り付けも5人で考えたりと頑張ったところが随所に.やはりめいてぃんのダンスの安定感は魅力的ですね.5人縦に並んだときめいてぃんが一番後ろにいる画は,さながらスキー場のスキー教室で一列になって滑ってるときに先生が一番後ろにいる図のよう.

続いて歌.MISIAの「飛び方を忘れた小さな鳥」.

いつもの女子流であれば,こういう曲はあぁちゃんとひーちゃんのツインボーカルできれいに決めるところですが,課題曲なんだからそうは問屋が卸さないわけで,Aメロ未夢スタートというドキドキの展開.そこから,Aメロをめいてぃん,Bメロをあぁちゃん,ひーちゃん,友梨ちゃんとつないでサビをあぁちゃんとひーちゃんが歌うというパート割り.あぁちゃんの本領発揮といった感じでやはり歌姫は凄まじかったです.

さて,2番が始まって,Aメロをあぁちゃんとひーちゃんが歌って,Bメロの頭を未夢ちゃんが歌ったということは,つまりそういうことで,サビを未夢ちゃんが歌う...ということに気づいてしまい,もうこっちが緊張するわ緊張するわ.

で,ふと未夢ちゃんを見たらガチガチだし.ファンは未夢ちゃんをリラックスさせてあげなきゃ,と思うものの,あの表情見ちゃうとますます見てるだけで緊張するし.

とか思っているうちにその場面は来てしまうのですが,さすがリーダー.心配をよそにきれいに歌いきりました.さすがですね.芽生ちゃん,オーラスのサビ友梨ちゃんも見事につなぎ,女子流のポテンシャルを見せつけられた気がします.

さらにはアカペラで「上を向いて歩こう」.必死に音を取ろうとする未夢ちゃんが素敵.これまたかなり苦労したみたいですが,随分きれいに出来ていました.あとはRock you!→Lolita☆strawberry in summer→W.M.A.D.で楽しい時間も終了.

ハイタッチ会.あぁちゃんの素敵な笑顔に見送られ,みゆちゃんに「歌すごく良かったよ!」「ホントですか,ありがとうございます!がんばります!」というやりとりをしたところで,三日月目のリーダーが素敵すぎて段々発言が覚束なくなってくるわけですが,立て続けにガチャピン目のひとみから「ありがとう☆」みたいに言われます.あの,これは本当にこの世の出来事なのかと.あと,ひーちゃんも結構背が高くなったと思うのにハイタッチ会だと小さく見えるのはなぜw

中江さんには「あんまり佐竹さんいじめちゃだめだぞ(笑)」みたいに言ったら,「いぃじめてないいじめてないいじめてないです!」とか躍起に否定してましたw めいてぃんのところは若干時間切れ感がありましたが最後まで話を聞いてくれて嬉しいです.

歌って踊ってるときはあんなにポテンシャルを感じさせるかっこよさでありながら,間近で見るとこんな天使が5人揃っている奇跡のグループ.もう困っちゃいますね.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月 1日 (水)

[℃-ute]アロハロ!℃-ute写真集2012 発売記念握手会@ 福家書店新宿サブナード店

写真集発売を記念して,いつも通り福家書店にて℃-uteの握手会がありました.参加記念に写真が一枚ついてくる(しかもメンバー選べる)という太っ腹で,またそのなっきぃがかわいいったらもう.

今日はまあ,いつも通りの握手会でした.

いかんせん周りのファンの皆さんは,今年になってハロプロが本気を出した結果出現した「個別握手会」やら「ゆっくりな握手会」やらでいろいろ機会があったのでしょうけれど,私は℃-ute全員と同時に握手するのは,なんと半年ぶり.個別で見ても,なっきぃは6月以来ですが,他のメンバーは1月や2月以来という感じ.

ですが久々に間近で見ると1秒だろうと良いものですね.さすがベテラン10年戦士のアイドルは違うなーと改めて思うところです.愛理かわいいし,マイマイも一段とかわいくなったし,なっきぃはもちろんかわいいし,舞美は美しさに圧倒されるし,ちっさーかわいいし.

と,なんかまるで意味のない日本語を書き連ねて終わるのも良くないので.

愛理からはBuono!のアルバムについて「なんかね,新しい」,マイマイさんからは「おぉ!」といういい反応,なっきぃからは「えっ? あ,色々!」という必殺回答を(笑),舞美からは全力笑顔の「ありがとう!」を,ちっさーからは「あーわかんないなぁ!」みたいな感じでしたね.

会話の片方じゃ何の話か分からないと思いますが,あの質問じゃなっきぃは「色々!」って答えるだろうなぁとは思っていたものの,いざ本当にそういわれてしまうと「そりゃないだろうw」と思うような受け答え.

見るたびにどんどん高校生から大人になっていくんだなぁと思います.なんか表情にもお年頃感出てるというか,前向きな悩みならどんなモノでも素敵な未来に繋がると思うし,ちょっと慢性的にお疲れかなーとも思いますが元気は元気で何よりでした.

あと繰り返しになりますがとにかく舞美さん美しい.久々に間近で見ると本当にびっくりする.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »