« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

2012

今年もご愛顧ありがとうございました.ブログはすっかり現場の備忘録みたいになってしまいましたが,毎日数十名の方にお越し頂いており,うれしく思っています.

実際にはブログに反映されていない現場もあるので,今年は一年間で80から90近い現場に顔を出したことになります.現場に行くためのスケジューリングはとても大変で,いつも苦労の連続でしたが,行って良かったと思えるイベントやライブがこれだけたくさんあって,本当に鮮やかな時代だなと感じています.

また,文字通りいつどこに行っても知り合いの方がいらして,そこでのひとときは自身の研究や仕事に追われる毎日にあって,数少ない安らぎの場でした.そして,校正などほとんど行っていない記事を読んでくださっている皆さんの存在があるからこそ,このブログも続いているのだと思います.本当にありがとうございます.

来年は本業がいよいよ難しくなってきますので,どこまで顔を出せるのかは分かりませんが,Perfumeも,℃-uteも,女子流も,そしてコンサドーレも,その他いろいろな現場も,引き続き楽しめたら良いなと思っています.やはり,現場あっての現象だと思いますし,時代だと思いますし,文化だと思います.それは,私の場合,土木計画という本業にも通じるところなので,こういう日々の活動の方向性はもはや宿命なんじゃないか,とも思っています.

昨日まで遠征していて,今日は実家で大忙しという感じで全く実感はないのですが,ともあれ,みなさま良いお年を.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[℃-ute]コンサートツアー2012冬~神聖なるペンタグラム~@ Zepp Fukuoka

夜公演行ってきた.

福岡で℃-uteが単独ライブを行うのはすごく久しぶりで,最近の人気上昇も相まってZEPPがほぼ大入りという状態.当然のように2階席を開放し,当然のようにアンコールでメンバーが2階まで上がっていましたけれど,ZEPPの2階がきちんと埋まるというのはすごいことだと思います.

最近は人気が上がってホールだと後ろの席ばっかり当たってしまうため,オールスタンディングの今日は久々に,そしておそらくこのツアー唯一の,前のほうで見ることができる日でした.近くで見るとまた本当にこの5人は別格ですね.悲しきヘブンのダンス然り,FOREVER LOVEでのステッキによる☆然り,迫力がものすごい.

また,今日は新曲で森高千里さんのカバー曲でもある「この街」の初披露.すばらしく感動的な曲に仕上がっていて,カバーとはいえ2013年を代表する曲になってくれるのではないかと思いました.

なっきぃは途中で言いよどんだり歌詞を間違えたりなかなか相変わらずな一面を見せてくれるものの,最近の℃-uteはすぐにどこかからフォローが入るという素敵なチームっぷりを見せてくれます.なっきぃと愛理でのBig Dreamsは素敵でしたねー.やっぱりこの二人で歌うときって,何か音楽的なものを超えたバランスの良さみたいなのを強く感じます.

あとは,ちっさーが,即抱きしめてで(なっきぃほどまではいかないものの)ずいぶんと反っていたりとか,マイマイさんのソロが輝かしくかわいかったりとか.本当に5人それぞれがとどまることなく成長を続けるなぁとうれしくなるグループです,

つんく♂がメンバーに項目ごとに点数をつけていくペンタグラフのコーナーは,今日は℃-ute全体について.「変換されにくさ5点」を受けて「名付けたのつんく♂さんなのに」というあの空気は楽しかったですし,直後になっきぃが「自分たちが頑張って変換されるようになる」と発言したのは本当に頼もしいというか,さすがなっきぃだな,と.

そしてラストのMC,なっきぃが「また福岡に来たい,ZEPPじゃ入りきらないくらい大きくなりたい」と言っていて,来年も℃-uteメンバー,そして私たちを含めたチーム℃-uteの夢は続いていくんだな,と感じました.

今年は,手段の是非は別としてもシングルを5万近く売ることができたり,他のアイドルとのイベントに出場したり,といったような出来事があって,℃-uteそれ自体が大きな夢だと思える年になりました.来年は,その夢をどんどんかなえていく日々を期待しますし,そのために精一杯応援したいと思っています.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月29日 (土)

[東京女子流]アルバムリリース決定記念ミニLIVE&握手会@ LABI1なんば Namba LABI Gate

朝から新幹線の自由席に並んだら意外と簡単に座れて,彦根城を観光したあと,2回目に行ってきました.個人的にはこれで今年の女子流納めになります.セットリストは,ディスコード→Overnight Sensation→MC→大切な言葉→L☆Sis→Bad Flowerの5曲.アルバム収録曲の披露でした.

先週の今頃武道館のステージに立っていた人たちが,ヤマダ電機のイベントスペースでフリーライブをやっているのですからすごい時代です.逆に武道館を早いうちにやってしまうからこそこういう試みができるという意味では面白いな,と.この距離感はこの距離感で大切にしていたいなーと思います.

今日は友梨ちゃんが絶好調だった気がします.あとあぁちゃんものびのび歌ってて良かったな~とかやっぱり大阪コンビに目がいってしまうのは大阪だからでしょうか.Overnight Sensationは聞けば聞くほどTKの偉大さに気づくというか,今ああいう曲をオリジナルで女子流に提供できるクリエーターはいるのでしょうか...

アルバムを予約して握手会.あぁちゃんはアルバム曲では「幻」がお気に入りとのこと.みゆちゃんには今年の感謝を,そしていつも通りのしっかりした受け答え.ひーちゃんは(武道館で年齢公開されたことを受けて)「ひーちゃん寅年なんだね!」「そう寅年ー」「ぼくもなんだよ」「えーっと(左手を掲げた謎のポーズで固まる)」「…」「…」(流される)「あーだから12個上ってこと」「そうですよね」という謎の時間w 友梨ちゃんはアルバム曲では「月とサヨウナラ」がお気に入りとのことで武道館あのパフォーマンス良かったよ,と.めいてぃんにはTRFはやっぱ似合うね~的な話を.

ランダム生写真プレゼントはAIマネージャーから.あたったのは,こないだのジャケットに引き続きまたしてもあぁちゃん!あぁちゃん出現率高いよ! そしてAIマネにも今年の感謝を伝えてきました.そして握手会の様子を眺めていた知人のところに戻ったら,開口一番「ひーちゃんに何聞いたんですか?!考え込んでましたけど」と聞かれるという.いやあれ間近で見てた私が一番焦った,というか,かわいかったです.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月28日 (金)

[Perfume]COUNTDOWN JAPAN 12/13

行ってきた。

Perfumeは夏フェス(RSR)以来ですが、昨年一年間は一度も見なかったことを考えれば、今年は随分たくさん見ることが出来ました。ツアー10公演、フェス3公演の13回。

今日は緑色のティンカーベル的衣装で登場。ティンカーベルと言えば07年秋のライブあたりが想起されます。青と銀色の衣装に身を包み18歳だったかしゆかも、なんともう24歳。それでもいつまで経っても有香ちゃんは有香ちゃん、って呼びたくなるのが何とも不思議。

セットリストは、グローバルサイトの音楽に合わせたダンスから始まり、NIGHT FLIGHT、Spending all my time、MC(チーム分け)、Spring of Life、心のスポーツ、PTAのコーナー、FAKE IT、チョコレイト・ディスコ(2012-mix)、MY COLORだったと思います。

グローバルサイトのあのダンスはかっこいいな。そしてNFが久々に見られてびっくり、Samtはライブでしか見られないのですごく久々でそして相変わらず細かくて素敵。MCではあ~ちゃんが「ステージが低くなった」といったところを、かしゆかが「ステージが後ろに引っ込んだ」と訂正する相変わらずのかしゆかしさで、その間のっちはただあ~ちゃんを見つめており、変わらずPerfumeがそこにあるんだな、と思います。

例によって私は左前にいましたけれど、3人とも近くに来るたびに幸せ、という素敵なグループ。そしてやっとのことで心のスポーツの「なのゆか」を間近で見ることに成功しました。チョコの新しいアレンジも生で見るとまた楽しいものでした。

ほかにmiwa、きゃりーぱみゅぱみゅ、HALCALI、木村カエラあたりを中心に見てきました。みんな素敵というか、miwaさんとかかわいい上にあんな歌上手くて曲自分で作ってるとかもうなんというかもう。きゃりーさんは喉を痛めていて辛そうでしたが、それでも時の人といわんばかりの集客力。HALCALIはなんというか、例えとして正確かは別としてBerryzみたいなベテラン感が漂っています。ライムベリーだって楽しいけど、やっぱHALCALIすごいな、と。そしてカエラさんの途中で帰ってきました。

カエラさんもsaku sakuで初めて見た頃は私が高2だったんだから時が経つのははやいというかなんというか。必ずButterflyを歌ってくれますけれど、普段のカエラさんとはあきらかに違うテイストなのに圧倒的な代表曲なんですよね。例えるなら達郎さんのクリスマスイブみたいに・・・まあ、それもまた幸せなのかもしれません。ラストのMagic Musicを聞きつつ幸せな気分で帰路につきました。来年も笑顔が見たいよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月25日 (火)

[Tomapai]ミニライブ&握手会@ 新宿タワレコ

昨日の、Tomato n' Pine最後のインストアイベントに行ってきました。セットリストは、ジングルガール上位時代、雪がふるから…、大事なラブレター、ワナダンス。29日で「散開」する彼女たちですが、相変わらずの緩いトークで場を和ませ、緩い独特の音楽で場を魅了していきました。

なぜか自らの解散と混同して「あと5日で年越し」などとのたまい、ファンが「散開」と言い直すと今度は「サンカイって何?・・・・・あ、私たちのことか」とか言い出すような感じでこれがトマパイなんだろうなぁずっと見ていたいなぁと思うところではありました。

しかしまぁ、とはいえ、そういう高貴な遊び(もちろん彼女たちの音楽を遊びだと思ってるわけじゃなくて、ものの例え)ほど必ず終わりが来るもので、それなら今そこにある楽しみを得るしかないのですよね。

こうしてトマパイの散開を惜しんでいる間にも、他のところで他の楽しみが終わっていき、そして何かがはじまっているのでしょう、きっと。小池唯を知っていてもトマパイを知らない人がたくさんいて、でもそれで良いのかもしれません。それくらい自然に全ての物事が動いていったら、それも素敵なのかな、と思ったりもします。そんなイブの夜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月24日 (月)

[ベイビーレイズ]「ベイビーレボリューション」発売記念イベント@ ラクーア

昨日のリリースイベント行ってきました。ラクーアが大学から近いというのは良いことですね。4曲と握手会。CD買ったらポスターがついてきました。事務所の先輩にあたる9nineのうっきーこと佐武宇綺さんも突如登場した上に握手会まで並んで(※追記:列にではなく、握手されるメンバーの一人として)いました。

ベイビーレイズもキャッチコピーのついているアイドルなのですけれど、曲の印象でいうとロックテイストとはいえ意外と普通というか、意外と普通だからこそ頑張ってほしいというところ。普通の曲を売るのに変な演出しなきゃいけないのは本当に困るなぁとか思ったりしつつ。特にハッピーニューイヤーなんか良い曲だなーと。

普通のアイドルポップだと思うのに激しい。その一歩が、いや、その伸ばした数センチが未来を拓くって知っているかのような迫力。目の前の楽しさと先の見えなさが共存するあの感じは、かつて色々なグループで確かにそこにあったラクーアの光景そのもの。また来て下さい、覚えて下さいって必死にアピールしてくる握手も久々に経験しました。

アイドル音楽が盛り上がってなければそもそも存在しなかったグループなのかもしれませんが、この飽和しつつある世界に敢えて今から挑んでいくというよく分からない立ち位置、それもなんか気になってしまうところですね。

ちなみに佐武さんが来るのは事前に分かっていたらしいのですが、私は本当に知らなかったので本当に驚きました。握手で「本当に知らなくて」「ほんとー?!」と返してくるうっきーかわいいなおい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月23日 (日)

[東京女子流]LIVE AT BUDOKAN 2012

座席数は少なめの配置でしたが、それでもこれまでの女子流を考えればよくここまで埋まったなーというピンクのペンライトの海は壮観でした。ステージには生バンドをバックに歌って踊る5人。会場が武道館とはいえ、大きめの変わった形のホールでやっている、というような印象で、ただ普通に音楽が演奏されていきました。そんな意味で、今年見た他のコンサートで一番近かったと思うのはBeach Boysのツアーですかね。そういう貫禄のかけらみたいなのを確かに残していきました。

おそらく、それこそが女子流の魅力というか、要するに音楽の楽しさを歌って踊って云々、ってことですよね。私は今でこそアイドルばっかり聞いていますけれど、元々は自分がピアノを弾きたくて習わせてもらって、クラシックが好きで、ジャズが好きで、良い音楽が好きで。そんな純粋な気持ちは今でも変わっていません。

だからこそ、女子流みたいなグループがいてくれることに感謝したい、と思った今日の武道館公演でした。今日、ついにメンバーの年齢が公開され、結果的に女性グループの武道館公演における平均年齢最低記録を樹立しました。でも年が明ければまた定期ライブ、乱舞、そしてほぼZEPPツアーと、音楽は続いていくのです。

アンリミテッドからディスコード、L☆Sis、Bad Flowerと最新曲を並べ、MCを挟んでからは新曲や名曲を並べ。衣装チェンジ時の映像ではデビュー時の撮影風景などが流れ、そこからのキラリ☆は、やはり名曲。本編最後でゆうやけハナビ。そしてアンコール最後はアタックハイパーという感じ。新曲では椅子を使ったパフォーマンスだとか、娘のワクテカと℃-uteのKiss meを合わせたような複雑なダンス「ふたりきり」だとか、色々挑戦していて今後も楽しみだなーと思わせてくれました。

女子流について唯一最大の気がかりは、曲が枯れないか、という点。編曲が松井さんで固定されているとはいえ、良い曲が積み重なっていかないことには、良いパフォーマンスは維持できないですからね。そういう意味では、TRFのカバーあたりはさすがavexで育っただけあるというか、苦無くものにしている雰囲気が本当に素敵。曲さえ良ければ、というか今の5人の雰囲気に合えば、このままもっともっと大きくなっていける気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 9日 (日)

[℃-ute]コンサートツアー2012冬~神聖なるペンタグラム~@ 日本特殊陶業市民会館フォレストホール

昨日の名古屋公演の夜,行ってきた.

ネーミングライツによってまた名前が変わった名古屋のこのホールは,20列目くらいの段差が急になるあたりからだとすごく見やすくて,ステージとだいたい同じレベルに座席が来ることによって真っ正面に同じ高さでメンバーが見られるという素敵な会場です.そんな素敵な会場なのですが,昨日は℃-ute単独では初めて4階席までフルに開放されました.初めて℃-uteのライブに来たっぽい方も結構いらっしゃいましたし,人々が熱しにくいと言われる名古屋で集客が増えているとなれば,これはもう着々と℃-ute来てるんじゃないの? ってな印象ですね.

セトリはほとんど渋谷昼と一緒で,ソロが千聖のほめられ伸び子になり,The Partyを舞美・愛理で歌うということになったくらい.しかし舞美愛理のThe Party素敵だなー.というか,2パターンだと思って,あいだ2公演あけて見たものの実質3パターン(追記:これはソロ/ユニットの新録曲3曲のどれかは必ず披露されるという意味で、厳密にはソロ5パターンで愛理ソロのときはそれら3曲とも披露されるという変則パターン)だったために,2回目もほとんど同じものを見る羽目にw

さっきも書きましたけどステージレベルと同じくらいのところに座席があるもんだから,なんか全体的に見とれてしまって,綺麗なステージだなぁと思いながら見ていました.5人だから出来ることがこんなにたくさんあるんだ,ということを次々見せてくれる.見方によってはこれまでのツアーとそんなに変わらないのですが,それを毎回きちんと出来るというのはすごいことなんだろうなーと.

途中のしっとりした曲が続くゾーンの青い照明が綺麗でした.素人なのでよく分からないですが,青系の照明って綺麗なホールだとすっごくきれいに映える印象があります.君チャリのあのバージョンはなぜベスト盤に収録してくれなかったのでしょう...?

SHINESの無条件の幸福感,なっきぃが真っ正面でタオルを突き出すその瞬間,なっきぃの腕とぼくの腕が一直線に並ぶ気がする幸せ.アンコールでのまいみぃーとあいりんの通路間近でのパフォーマンスを見られて,ラストのバコーン!まで突っ走っていきました.

最近の℃-uteは,いわゆる外れの日が少なくなってきた気がします.調子が良い時は良いのは当たり前で,普通の時も悪い時も,やっぱりすごく良いパフォーマンスを見せてくれる,だからどこで見ても最高だなぁ.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月 3日 (月)

[Tomapai][ライムベリー][Negicco]PS2U@ 西麻布eleven

昨日のイベント,行ってきた.

ライムベリーは3人でのパフォーマンス.しかしMCが一人少ないとは思えない迫力でますます楽しみになってきます.「まず太鼓」で回り狂うフロアの熱狂,そしてライブ後の物販コーナーでのほのぼのとした雰囲気.まだTIF含めて数回しか見ていないですが,すっかりメジャーどころになってきた印象があります.

Negiccoはさすがの10年目安定のステージ.そして安定のラインダンス.盛り上がる曲があるというのは本当に素敵なことで,それさえあればどんなに小さな箱でもやっていけそうな気がする,そんな音楽の力を感じます.

その一方,年末での「散開」を発表し,この日がPS2UラストとなったTomato 'n Pine.途中冬らしいしっとりした曲もありつつ,笑顔あふれる元気いっぱいのサウンドを最後まで貫いていきました.ボリュームたっぷりのセットリストは,これだけで1つのライブイベントなのではないかと思うくらい.個人的には,本当に久々に見るトマパイでしたが,最後に見られて良かった...

なくなるグループを惜しむことは誰にでもできますが,それぞれのファンが活動が続くようにサポートができるグループの数は限られています.音楽的に本当に素敵―みんながそう思っていても,そういう人たちの中でトマパイがどういう位置づけだったのか...少なくとも,私は,そこにトマパイの音楽がある幸せに関しては完全にフリーライダーでしたし,ほとんど力になれていなかったと思います.

音楽に力があっても,ただ好きだというファンがいても,それだけでは続いていかない.そんな難しさを感じつつ冬の西麻布でした.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »