« [℃-ute]コンサートツアー2012冬~神聖なるペンタグラム~@ 日本特殊陶業市民会館フォレストホール | トップページ | [ベイビーレイズ]「ベイビーレボリューション」発売記念イベント@ ラクーア »

2012年12月23日 (日)

[東京女子流]LIVE AT BUDOKAN 2012

座席数は少なめの配置でしたが、それでもこれまでの女子流を考えればよくここまで埋まったなーというピンクのペンライトの海は壮観でした。ステージには生バンドをバックに歌って踊る5人。会場が武道館とはいえ、大きめの変わった形のホールでやっている、というような印象で、ただ普通に音楽が演奏されていきました。そんな意味で、今年見た他のコンサートで一番近かったと思うのはBeach Boysのツアーですかね。そういう貫禄のかけらみたいなのを確かに残していきました。

おそらく、それこそが女子流の魅力というか、要するに音楽の楽しさを歌って踊って云々、ってことですよね。私は今でこそアイドルばっかり聞いていますけれど、元々は自分がピアノを弾きたくて習わせてもらって、クラシックが好きで、ジャズが好きで、良い音楽が好きで。そんな純粋な気持ちは今でも変わっていません。

だからこそ、女子流みたいなグループがいてくれることに感謝したい、と思った今日の武道館公演でした。今日、ついにメンバーの年齢が公開され、結果的に女性グループの武道館公演における平均年齢最低記録を樹立しました。でも年が明ければまた定期ライブ、乱舞、そしてほぼZEPPツアーと、音楽は続いていくのです。

アンリミテッドからディスコード、L☆Sis、Bad Flowerと最新曲を並べ、MCを挟んでからは新曲や名曲を並べ。衣装チェンジ時の映像ではデビュー時の撮影風景などが流れ、そこからのキラリ☆は、やはり名曲。本編最後でゆうやけハナビ。そしてアンコール最後はアタックハイパーという感じ。新曲では椅子を使ったパフォーマンスだとか、娘のワクテカと℃-uteのKiss meを合わせたような複雑なダンス「ふたりきり」だとか、色々挑戦していて今後も楽しみだなーと思わせてくれました。

女子流について唯一最大の気がかりは、曲が枯れないか、という点。編曲が松井さんで固定されているとはいえ、良い曲が積み重なっていかないことには、良いパフォーマンスは維持できないですからね。そういう意味では、TRFのカバーあたりはさすがavexで育っただけあるというか、苦無くものにしている雰囲気が本当に素敵。曲さえ良ければ、というか今の5人の雰囲気に合えば、このままもっともっと大きくなっていける気がします。

|

« [℃-ute]コンサートツアー2012冬~神聖なるペンタグラム~@ 日本特殊陶業市民会館フォレストホール | トップページ | [ベイビーレイズ]「ベイビーレボリューション」発売記念イベント@ ラクーア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123631/56373707

この記事へのトラックバック一覧です: [東京女子流]LIVE AT BUDOKAN 2012:

« [℃-ute]コンサートツアー2012冬~神聖なるペンタグラム~@ 日本特殊陶業市民会館フォレストホール | トップページ | [ベイビーレイズ]「ベイビーレボリューション」発売記念イベント@ ラクーア »