« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月26日 (土)

[東京女子流]LIVE*051 挑戦!K-POPカバーVol.2@ Zepp Divercity

なんだか久々に、あれが楽しかったとかこれが楽しかったとかいう前に「何から言って良いのか分からないけどすごかった」という感想を抱きました。ただ、前から2列目は近すぎる!最初数曲あまりの近さに眩暈がするレベル。

目の前に入れ替わりたち変わり5人がやってくるのですが困ったことにみんなかわいい。そしてオリジナルポジションに戻ると中江さんが目の前なのですが、もうとてつもなくかわいい。先の方だけウェーブかかった髪がなびいてかわいい。

ディスコードとふたりきりで始まったのですが、本当に目の前で歌って踊っているものだからどこを見て良いのやら。KARAのカバー2曲あたりで落ち着きを取り戻しつつ、Overnight Sensationで一緒に盛り上がり、BoAのカバー2曲とForbidden loveと続きました。そこから、目の前で聞く約束は感動的で、目の前で一緒に踊る大切な言葉は大切なひとときで、目の前でキャンディ持ってるKissing youは眩しすぎて、目の前で一緒に踊るおんなじキモチは本当におんなじ気持ちだなという感じです。

アンコールはウィーアー、カンナムスタイル、そしてAttack Hyper Beat POP。ウィーアー終わりでメンバーがタオルを突如投げ込んできたのですが、友梨ちゃんものすごいスピードで下手投げで入れてきたので顔の目の前を通過していきましたw AHBPではメンバーみんなに間近で煽られて飛びすぎたのか、なんだかいま足が痛いです。

カバーが多かったとはいえ、昔からやっているカバー曲もあって、そういう曲で見るとこの1年でも随分と大人になったなぁと思うことが多いです。ひーちゃんがたまにものすごく大人っぽく見えたりもして。間近で5人のステージを見られるのは幸せに決まっているのですが、この先の女子流がどうなっていくのかとか、そのとき私はどういう気持ちで応援していきたいのかとか、考えると難しい面もあるんですよね。メンバーからは紅白に出たいなどという発言もきかれましたが…

歌もダンスもどんどん成長して、人としてもグループとしても魅力が高まっていきます。そのときに、女子流についてアイドル的な見方をしている自分と、アイドル的な見方をしていない自分との葛藤は当然にあるわけです。場の雰囲気としてもまだまだどこに転ぶか分からないところが大きいというか。ただ、そういう未知の分野を開拓できるのは女子流だけだとも思うので、なにより楽しみなところでもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年1月25日 (金)

[吉川友]きっかフェス6~ザ・リクエスト・アワー~@ 品川ステラボール

先週のイベントに参加したら参加券が付いてきたので、今日もがんばって仕事を切り上げて品川まで行ってきました。CDを1枚買うとちょっと短めの単独ライブに無料招待される、というシステムです。まだ本調子に戻りきっていなかったのが悔やまれるところではありますが、きっかさんさすがの歌唱力といったところ。

今回は新曲2曲歌ったあと、ファンからのリクエスト上位10曲を10位から歌う企画でした。1位は「こんな私でよかったら」。2位が「Twinkle days」、3位が「さよなら涙」。1位は名曲なのでともかく、2位や3位がシングル表題曲ではなく、しかもいかにもきっからしい声が活きる曲が来るあたり、まだまだ濃いファンに支えられているという印象。

こういうランキングを取ると、どうしてもシングルの売れた曲が上位に来る、それが売れるということそのものなのですけれど、特徴的なランキングが見られる間は、もう少しこうしていたいなと思いました。「さよなら涙」は本人も言ってましたけれど2011年の冬のハロコンで、デビューに向けて披露した初めての曲で、私もあのとき見たきっかのことはよく覚えています。素敵な曲ですね。一方で個人的に好きな「Candy Pop」がランクインしていなかったのは意外でした。

あとは冬空花火の高音とか、Early Snowのキュンとするかわいらしい歌声あたりが聞けて、冬が楽しくなるようなイベントでした。繰り返しになりますがとにかく上手いなーと。「なんだかんだで吉川友」「他のところにいっても良いけど帰ってきて」って言ってたけど、あの実力でアイドル性の高い女性ソロシンガーはきっかただ一人だと思うので、帰ってくるにはくるんじゃないかなー。ターンテーブルで「やせろやせろ」と客にコールさせる自由さは変わらず素敵。

一人でやっていく難しさとか、一人で大きな会場を埋めるという図のイメージしにくさとかは確かにあるのですが、そのイメージが出来てきたとき、きっかがもう一段大きなアーティストになっていくんじゃないかなって思いながら握手して帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月23日 (水)

[モーニング娘。]「Help me!!」発売記念ミニライブ&握手会@ 池袋サンシャイン

17時半開始のイベント、なんとか17時くらいに到着すると、握手券が残り10枚切ったところという絶妙なタイミングで購入。上の方に行っても見やすい場所があまりなかったので、久々にB1(ステージレベル)の後ろの方から眺めることになりました。

最近は女性のお客さんが増えているので、172cmの私でも視界が無くなるというようなことはなくて見やすいです。…ということは、本当は女性の皆さんにも見やすいような設計になってくるともっと良いのでしょうけれど。

リハーサルから囲み取材が相当賑わい、開始時刻がずれ込みつつのスタート。こうして平日の夕方に集まる客の数だけではなくて、メディアの注目度も上がっているという印象。しかも、今回は久々にAKBとジャニーズを回避することに成功して、K-POPとの一騎打ち状態。「しょうがない夢追い人」以来のものすごく久々のウィークリー1位を狙えそうな週にリリースしているだけあって、メンバーも1位を取りたいという意気込みが半端無い状況。

Help me!!ショート→自己紹介→LOVEマシーンショート→One・Two・Threeショート→MC→Help me!!フル。

自己紹介では全国キャンペーンでやってみたいこと。飯窪さんは秋田でなまはげやりたいとか言い始めたので後で握手の時にネタにしてみる。

ラブマはショートならやらなくて良いんじゃないかなーとか思うというか、現メンバーにおけるラブマの見どころは確かにたくさんあるんですが、反面、通りすがりの人が曲で惹きつけられたところでその見どころに気づけるかと言えばそんなことはないでしょう、という。

MCではメンバーそれぞれHelp me!!してほしいこと。ここで「1位を取りたい」「紅白に出たい」などと強気に出るメンバー。確かに今年はれいなが卒業するし勝負の年になるのは間違いないんですけれどね。そしてここで1位を取れば、在籍メンバー全員1位獲得という記録も更新される訳ですし。

ここでさくらさん、「(6/9/10期内部の結束が強くて)先輩とまだ馴染めてない」と堂々とカミングアウトしたかと思えば、さゆが「一人には一人の良さがあると思うよ」と7期の一人娘小春との一件さめやらぬなか平然と言ってのけるリーダーっぷりを発揮した瞬間は今日一番印象的でした。そんなさゆは、娘オリジナルの年齢構成である最年長24歳(中澤姐さん→さゆ)、2番目19歳(石黒さん→はるなん)、という今年を復権の年にしたいと力強く語ってくれました。

Help me!!はフクちゃんのセリフスタートがすごく良いのと、フォーメーションが見ててかっこいいのと、歌にしろダンスにしろ良い面が随分伸びてきて揃ってきたなっていう印象と。そしてなにより小田さんの新人とは思えない圧倒的な安定感。

れいなから卒業コンサート(5/21@武道館)の発表があり握手会へ。

さゆのリーダーっぷりは本当に尊敬するし、フクちゃんの握手の力強さは本当にすごくて(係員とフクちゃんで私を引っ張り合う恰好にw)、えりぽん褒めたら照れる、鞘師の力強い意志、ずっきの笑顔、と来てはるなん。

私「なまはげ楽しみにしてます」
は「はい、ありがとうございます笑」
あ「ふふふふ」←隣で手持ちぶさたになってた石田さん乱入w

まーどぅーと楽しく来てさくらさん落ち着きのある応対、そしてれいなは年相応に落ち着きのある対応。握手会途中そのれいなさんが体調不良により10人で続行となってしばらく、さゆからデイリー1位の発表。

その場に崩れ落ちる小田さんのところに駆け寄る石田さんかっこいい! 小田さん歌はとても上手いしどう見ても即戦力ではありますが、途中斜め上から見ている私の方にダブルピースを返してくれたり、そういうあどけないところもあって、やっぱり新人だし中学2年生だな、と思うところでもあります。

眺めているだけで、ほんの一瞬会話するだけで、メンバーそれぞれが魅力的で、これからが楽しみだなーとつくづく思うイベントでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月17日 (木)

[吉川友]ミニライブ&握手会@ 渋谷タワレコ

6枚目のシングル「世界中に君は一人だけ/Valentine's RADIO/チョコレート魂」発売記念イベント、行ってきた。結構久しぶりのきっかですが、なんと体調崩していて絶不調という状況。声が伸びないというかくぐもっている感じなのと、トークに勢いがない感じ…。

たとえば、きっかの歌声って、メロディラインが下がってきて上がり始める、その一番低い音のところで異様に伸びる印象があるのですが、今日は普通に切れる感じというか。それでも、本来の圧倒的な力は随所にみえて、さすがきっかだなーと思いながら見ていました。

世界中に君は一人だけ
・MC(靴ひもが解けて結び直すために客にマイクを持たせるw)
私がオバさんになっても
こんな私でよかったら
Candy Pop
・MC
チョコレート魂

という感じでしたでしょうか。真ん中3曲順番あやふやですが。Valentine's RADIOも聞きたかったけれど、まあ、またの機会ですかね。個人的に大好きなCandy Popも聞けて満足です。

握手会では、久々だったけどいつも来たいと思ってるってことと、どんなコンディションでも一生懸命なのは伝わってるから大丈夫だよってことを言ってきました。普通「もっと来て下さい」みたいな返しをしてくるのがきっかだと思うのですが、「いやいやー。また来て下さいね」みたいな温かい返答で逆に困惑してしまう…というか、やっぱり体調悪いんだと思います。お大事に…

今回のシングル、トリプルA面でValentine's RADIOはユーミンの、チョコレート魂はあややのカバーです。きっかは昨年カバーアルバムも出していますが、歌が上手いのと声が明るいので、これからも色々挑戦したら面白いんじゃないかな、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月16日 (水)

[H!P]ハローチャンネルVol.11発売記念握手会@ 福家書店

行ってきた。

ももちとりなぷーがインフルエンザで欠席となり7人。
それでも多いので脳内がこんがらがるという。

めいめい、背が高くなったなー。隣に並んでる岡井ちゃんはともかくとして、おそらくその隣のなっきぃよりも高くなってたなぁ。

その岡井ちゃんには「この街」の話、そしてなっきぃには色々話してみるものの、例によって口を尖らせて否定されるのですがまあかわいいこと。℃-uteとの握手はだいぶ枠組みが定まってしまっているというか、なっきぃには常に向こうから「ありがとうございます」とはじまるパターン、からの、私が何か言えば大抵否定される…(面白いのでよいのですが)、みたいな不思議な儀式になっている気もしないでもありません。

なっきぃとしゃべりすぎてたら梨沙子と話す時間が殆どなくなり、となりのフクちゃんのところでゆったりした返答をしてくれるので至福の時間が訪れるものの前の人がいなくなってしまい、そこからあゆみん、真野ちゃんと二人がかりで剥がされながらの会話となりましたw まあでもちゃんとしゃべれたし良かったです。

個人的には、℃-uteですら4ヶ月ぶり、他のメンバーとなると相当久々、あゆみんとめいめいは初めて、という握手会でしたが、まあこれはこういうものだと思えば楽しいイベントなのかもしれません。なっきぃかわいかったなーって思えるだけで幸せといえばその通りですしね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月 1日 (火)

2013

あけましておめでとうございます。ことしもよろしくおねがいします。

前回のヘビ年は、中澤姐さんの卒業発表などというイベントがあった時で、ピースで梨華ちゃんがセンターをつとめた年で、私は中学2年生の冬で、やっぱり校庭の雪山で遊んでた頃ですね。あれが12年前とはもう、時が経つのはあっという間ですね。

26歳になってまだ学生を続けている身ですが、何か大きなことがしたいという思いは当然ありますし、その反面いまの専門を深化させていくことこそが大きなことなんだという思いもありますし、身近なところで小さな幸せを重ねることが現実的に幸せな人生だと思うことも増えてきましたし、でも何があるか分からないからこそ人生だとも思いますし。

同じことを続けたらいいのか、もっと別の道を切りひらく覚悟があるのか、むしろそれくらいの覚悟がなければ同じことすら続けられないのではないか、などと色々フワフワ悩む日々は続くと思います。ただ、これまで多くの皆様に支えられて日々生きてきましたし、これからも皆様に感謝しつつ一歩でも前に進めるように頑張っていきます。

削るものはどれで、譲れないものはどれなのか・・・そんな見極めを真剣にやっていきたい、と思っています。皆様にとっても素敵な1年になりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »