« [Consadole]J2 #33 vs栃木@ 栃木県グリーンスタジアム | トップページ | [東京女子流]LIVE*055 さよなら、横浜BLITZ-お世話になりました TGS Discography Vol.3- »

2013年9月17日 (火)

[℃-ute]「悲しき雨降り/アダムとイブのジレンマ」発売記念個別握手会@ 浅草橋ヒューリックホール

個別握手会はもういいや、といいつつも、大学からも近いのでちょっと抜けて行ってきました。到着すると代わり映えのしない光景が広がっており、本当にこれが武道館平日2Daysを埋めたアーティストがいる場所なのだろうか、と思うところもありますが、まあそういう時代なのでしょう。

℃-uteはメンバーとファンとの距離感を近く保ちたい、という本人たちの強い意向があるようで、こういうイベントをすごく頑張ってくれているのですが、個人的にはちょっと近すぎるかな、と感じるところもあります。まあそれはそれで良いのですけれど、もう一段売れるためにはやっぱりどこかで諦める必要が出てくるんじゃないかなーと。

例によってなっきぃのレーンばっかりずっと行ってきました。武道館の感想やら、個人的な話やらなんやら話してきました。11年間意外とあっという間だったよね、とか、最初なっきぃ見た時は私も15歳だったのにね、とかなんとか言ってるうちに、まあでも「これからもよろしくおねがいしますね」と言われてしまえばしばらくはついていこうと思ってしまうので、人間というのは単純な生き物だと思います。ちなみに、私の地元北海道公演については、地元北海道であのアカペラ聞けると思うと本当に嬉しい、というと「頑張って練習します!」とのことでした。

19歳で初めて武道館公演、平日2Days完売というのはぴったり5年前のPerfumeと一緒なんだよ、ということを伝えたら、「並んだねPerfumeと!」とすごく嬉しそう。喜んでくれて何よりです。しかしそういうからには「次はアリーナツアーだね」となるのですが、相変わらずの中島さんは「無理でしょ~笑」と言ってきます。数年後にはやりかねんよ今の勢いなら。

あと、なっきぃファンで有名なモーニング娘。の小田さくらさんについて、小田ちゃんとはその後どうなのか聞いてみましたが、全く進展がないようです。代わりに、私が「同じなっきぃファンとしては負けてられないなと」などと言ってみると、なっきぃ何を言い出すかと思えば「小田ちゃんとは手つないだこともないから勝ってる勝ってる!」とか手を握ったまま言ってくるので笑ってしまいました。あの、握手会とそれとは違うし、だいいち後輩が好きって言ってくれてるのにそういう問題じゃないでしょう…!

そんなわけで今日もなっきぃは相変わらずで、素敵な日でした。これがあるから睡眠を削ろうと何しようと日々頑張れるんだな、というように思います。

|

« [Consadole]J2 #33 vs栃木@ 栃木県グリーンスタジアム | トップページ | [東京女子流]LIVE*055 さよなら、横浜BLITZ-お世話になりました TGS Discography Vol.3- »

コメント

確かに
なっきぃ…ちょっとずっこけてて
楽しい!!??…それもなっきぃw

アイドルと11年を回想できるファンなんて
なかなかいないと思いますよww

…アカペラかぁ…
いろんなことできますね。
それこそ、武道館も握手会も
いろんなこと…

さっき思ったんですが
ダンスのうまい
健康的なアスリート系アイドル路線で
東京オリンピック公式アイドルになる
っていうのはどうですかね?
7年後ですがww

投稿: はとむぎ | 2013年9月19日 (木) 21:39

最近でこそ℃-uteファンは増えてきましたけど、
それまではむしろ、
ハロプロをずっと見てる人が大半だったので、
けっこうみんな11年前のことは覚えているんですよね~
それこそメンバーよりも記憶が良かったりw

愛理さんが言うように嵐みたいになれるのであれば、
オリンピックにも出番がありうるんじゃないかと思っています。

投稿: umrn | 2013年9月20日 (金) 20:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123631/58216011

この記事へのトラックバック一覧です: [℃-ute]「悲しき雨降り/アダムとイブのジレンマ」発売記念個別握手会@ 浅草橋ヒューリックホール:

« [Consadole]J2 #33 vs栃木@ 栃木県グリーンスタジアム | トップページ | [東京女子流]LIVE*055 さよなら、横浜BLITZ-お世話になりました TGS Discography Vol.3- »