« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月29日 (日)

[℃-ute]コンサートツアー2013秋『Queen of J-POP~たどり着いた女戦士~』@ ベイシア文化ホール

昼公演に行ってきました。

個人的には武道館以来のコンサート、℃-uteにとっても大阪以来二週間ぶりのコンサート。武道館とだいたい一緒、ちょっと違うという構成でした。一番すごいなと思ったのは、ホール規模であれば既に、℃-ute史上最強であろう今回の演出にも負けないくらい、℃-ute自身のほうがきちんと目立っていたということです。

なんか今日はとにかくみんな歌上手いな~と思いました。さてなぜそんなことを思ったのでしょうか?

(a)本当にみんな調子が良かった
(b)私が疲れていたので癒された
(c)オケよりマイクの音が良かった
(d)実はこのツアー℃-ute比でダンスは激しくない(ので歌が目立つ)
(e)実はこのツアー℃-ute比でダンスは激しくない(のでみんな安定して歌えてる)

まあなんでもいいや。

ところで、前橋というそれなりに東京に近い立地でありながら、そして別にそこまで大きいホールでもないのに、それでも売り切れないですか…。南関東の公演だけがなぜあんなにバブルになっているのでしょう。小さい会場のほうが近いし音も比較的良いし、実は良いことずくめだと思うんですけれど、とはいえ2階後方を別とすればそれなりに客席が埋まっていたので、数年前を思えば大進歩でしょうか。

そんな私はなんと実質3列目という恐ろしく良い席を引き当ててしまい楽しく見ていました。今日のホールは前のほうでもステージとの高低差がほとんどなかったので、普通の3列目以上に近い印象を受けました。

メンバーみんな近くて、アカペラが上手くなってるなぁとか、なっきぃ頑張って歌ってるなぁとか、そういうのが全部間近というのはちょっと落ち着かないところもあるのですが、とにかく圧倒的。あと、前で見てると裏方さんのめちゃくちゃきわどい動きが色々と見られて興味深いですね。

あとは、たぶん会いたい会いたい会いたいなだった気がしますが、本人達が捌けて映像での演出がPerfumeのI Still love U(のPV)っぽいとか、なにを始めるかと思ったら急に5人が複雑に絡み合って花を開かせるような鮮やかなパフォーマンスを見せたりとか、その辺はツアーに入ってから始まったんであろう見どころだと思われます。

まあ他にも色々ありますが、同じことをやっていても少しずつ良くなっていくという℃-uteらしさが随所に見られた、素敵な公演でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月28日 (土)

[東京女子流]Get The Star/Last Foreverリリース記念ミニライブ&握手会@ 東武池袋

昨日のイベント行ってきた。

まず集客なのですが、18時~という早めの時間であるということを考慮しても、それでもやっぱり2年連続武道館公演を行うアーティストとしては少ないなぁと思ってしまうところ。だからといって女子流の魅力が上がったり下がったりするわけではないのですけれど、とはいえあまり人が多くないと、どうしても握手会がすごく内輪に見えてしまうのは避けがたいのですよねー。

で、そういう状況なので、久々に近くで女子流を見られました。Get The StarにしてもLIFE SIZEにしてもそもそも見るのが2回目ですけれど、近い距離で見るとなかなか迫力あるなぁと思いました。そして、東武百貨店の屋上ステージは、秋の夜空が見渡せる空間。そこに響く女子流の音楽と歌声は素敵で、Last Foreverは特にいい雰囲気になっていました。久しぶりにヒマワリと星屑やおんなじキモチも聞けて良かったです。

握手会もゆっくりで色々話せて楽しい感じに。未夢とまともにしゃべれたのが何よりの収穫でしょうか。相変わらず、話がかみ合うと、スタッフにはがされてても長いことしゃべり続けてくれるという、なかなか不思議なリーダーです。それにしても、「ちいさな奇跡」を一緒に踊るのは難しいと主張する私に向かって「そんなことないですよ!簡単です!」みたいに言ってくるところはさすが未夢といったところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月23日 (月)

[東京女子流]LIVE*055 さよなら、横浜BLITZ-お世話になりました TGS Discography Vol.3-

女子流の定期ライブSeason 3の最後の公演、そして横浜BLITZでの最後の公演に行ってきました。私にとっても今度こそ最後のBLITZになると思います。

タイトルの通り、これまでのTGS Discographyのような構成。前回のアルバム(約束)の発売時にこのイベントがなかったので、TGS22の大切な言葉からとなりました。結果的に定期ライブでありながら女子流の曲だけ、という珍しいことになりましたが、そのぶんオリジナル曲をたっぷり聴けたので満足です。

やはり「約束」の収録曲は名曲が多いという印象で、しかもジャンルがバラエティに富んでいるので、まさしく何でもやってしまう女子流というのが次々見られて楽しい時間でした。通番外の新曲群を披露し、最後にTGS37が付番される新曲「ちいさな奇跡」が初披露となりました。

3作目のはなかっぱエンディングのようですが、これまでの二曲のエッセンスを取り入れつつもより複雑な曲になっていました。それはまるで女子流が大きくなってきた軌跡のよう。みんなで踊れる曲とメンバーは言いますが、めちゃくちゃフリのテンポが速いので練習しないと無理だと思いますw

ちょっと一部問題もありますが、現状ガールポップを良い意味で静かに見られる数少ないグループです。音楽も照明もどちらかと言わなくてもアーティスト寄りで、そのなかで5人がのびのびとパフォーマンスしているのを見ると、これがいつまでも続くと良いなぁと思うのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月17日 (火)

[℃-ute]「悲しき雨降り/アダムとイブのジレンマ」発売記念個別握手会@ 浅草橋ヒューリックホール

個別握手会はもういいや、といいつつも、大学からも近いのでちょっと抜けて行ってきました。到着すると代わり映えのしない光景が広がっており、本当にこれが武道館平日2Daysを埋めたアーティストがいる場所なのだろうか、と思うところもありますが、まあそういう時代なのでしょう。

℃-uteはメンバーとファンとの距離感を近く保ちたい、という本人たちの強い意向があるようで、こういうイベントをすごく頑張ってくれているのですが、個人的にはちょっと近すぎるかな、と感じるところもあります。まあそれはそれで良いのですけれど、もう一段売れるためにはやっぱりどこかで諦める必要が出てくるんじゃないかなーと。

例によってなっきぃのレーンばっかりずっと行ってきました。武道館の感想やら、個人的な話やらなんやら話してきました。11年間意外とあっという間だったよね、とか、最初なっきぃ見た時は私も15歳だったのにね、とかなんとか言ってるうちに、まあでも「これからもよろしくおねがいしますね」と言われてしまえばしばらくはついていこうと思ってしまうので、人間というのは単純な生き物だと思います。ちなみに、私の地元北海道公演については、地元北海道であのアカペラ聞けると思うと本当に嬉しい、というと「頑張って練習します!」とのことでした。

19歳で初めて武道館公演、平日2Days完売というのはぴったり5年前のPerfumeと一緒なんだよ、ということを伝えたら、「並んだねPerfumeと!」とすごく嬉しそう。喜んでくれて何よりです。しかしそういうからには「次はアリーナツアーだね」となるのですが、相変わらずの中島さんは「無理でしょ~笑」と言ってきます。数年後にはやりかねんよ今の勢いなら。

あと、なっきぃファンで有名なモーニング娘。の小田さくらさんについて、小田ちゃんとはその後どうなのか聞いてみましたが、全く進展がないようです。代わりに、私が「同じなっきぃファンとしては負けてられないなと」などと言ってみると、なっきぃ何を言い出すかと思えば「小田ちゃんとは手つないだこともないから勝ってる勝ってる!」とか手を握ったまま言ってくるので笑ってしまいました。あの、握手会とそれとは違うし、だいいち後輩が好きって言ってくれてるのにそういう問題じゃないでしょう…!

そんなわけで今日もなっきぃは相変わらずで、素敵な日でした。これがあるから睡眠を削ろうと何しようと日々頑張れるんだな、というように思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月15日 (日)

[Consadole]J2 #33 vs栃木@ 栃木県グリーンスタジアム

栃木 4-3 札幌

なんかもう色々ありすぎて疲れましたが、今年も誕生日には勝てなかったなぁと。

とにかくゲームとして悪かったのは事実で、ただその中で勝つために頑張っていたのもよく伝わってきたし、しかし守備がGKもDFもやっぱりそんなに上手くない、というのが現実なのだなぁという感じです。はっきり言えば1失点目が余計だったというか、なんであんな守る準備が適当なままにFKを蹴らせてしまったんですかね。

しっかしまあ、栃木さんはもう今の順位らへんでせいぜい頑張っててください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月14日 (土)

[Juice=Juice]ロマンスの途中/私が言う前に抱きしめなきゃね/五月雨美女がさ乱れる 発売記念ミニライブ&握手会@ ラクーア

3回目にいってきました。相変わらずの順番で4曲を披露していき握手会。はやく次の曲ができるといいなぁ。天まで登れ!では研修生4人を加えてのパフォーマンス。

佳林は本当にいつ見てもアイドルだな、と。佳林がセンターで踊れるようになって戻ってきたときが本当に楽しみです。あーりーは天然のかけ声がファンと揃うようになってきて微笑んでるあの瞬間がかわいい。で、相変わらず紗友希ちゃんに見つめられると何も言えなくなるんですが、これどうしたらいいんですかね。彼女の安定感は、このグループを支えていくカギになるような気がします。

リーダーはサブリーダーの無茶振りによりピーチジュースのCM案を披露することに。草原を走ってきて一言というあまりにベタな案をステージ上で披露していきました。無茶振りの返り討ちにあったサブリーダーのアップルジュースCM案もなかなか。そんなかなともさん、昨日のいいともの件があってますます頭が良さそうに見える。

あと、りっちゃんは本当にデビューしてほしいなーと。あそこまで周りの人が次々とデビューを果たす中で研修生として活動を続けられるその精神力は、絶対にダテじゃないと思うのです。ふーちゃんは久々に見たな~。かえでぃーとはまちゃんも変わらず頑張っていて何よりです。というか昔のエッグって結構ステージ後の握手会は疲れた感じだった気がするんですが、最近の子たちはみんな元気だなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月10日 (火)

[℃-ute]武道館コンサート2013『Queen of J-POP~たどり着いた女戦士~』@ 日本武道館

昨日9月9日、そして今日9月10日と日本武道館公演に行ってきました。ふたを開けてみれば平日2Daysにもかかわらず無事ソールドアウトということで、今の℃-uteならそれくらい簡単だろうとは思うものの、実際に武道館が℃-uteファンで埋まった光景は感動的でした。

コンサート全体についていえば、メンバーが夢に見た晴れ舞台ということでとにかく豪華。演出が豪華、衣装が豪華、特効が豪華(風船・銀テープ・紙吹雪というコンボw)、バックダンサーも大人数で豪華。つまるところ、質素にして圧倒的なライブを繰り広げてきた℃-uteらしさは薄れて、トップアーティスト路線という感じです。そういう試みが℃-ute自身初めてだということもあるのでしょうけれど、ちょっと散漫というか色々やり過ぎだな、とは思いました。でも、メンバーにとっては最高の思い出ではないでしょうか。

あと、昨日の公演でなんかちょっとこれはなぁ、と思ったところを今日きちんと改善してくるあたりはさすが℃-uteだなと感じるところです。もちろん初日のゲストがBerryz工房で若干だれてしまった(彼女たちは悪くないんですが、やっぱり℃-uteのコンサートで雅ちゃんがセンターにいるのを見るのは何か違う)のに比べて、今日はサプライズで森高千里さんが登場というくだり、これでより一層お祝い感が強まったというのはありますけれど。

とかなんとか、他にも色々どうなんだろうと感じてしまった点はあるんですけど、それこれ含めて要するに「売れた」んだなと。だからこそ本当に武道館にたどり着いたわけで、℃-uteは最高だな、と思いました。応援してくれた人がいるから今こうしてここにいられる、と5人5様に感謝の言葉を口にするとき、℃-uteが多くの人に好かれる理由がすごくよく分かります。

昨日の開演前は久々に何も手に付かないような緊張に襲われていて、それこそ5年前のPerfumeの初武道館の時のような緊張感でした。でも、始まってしまえば二日間はあっという間でしたね。5年前同じような光景を見ていたように、今日のMCでも、なっきぃが「200回目の単独公演を武道館でできるとは思っていなかった」と言えば、マイマイが「夢を口に出すことが大切だと思った」と語るという、長年苦労してきたグループだからこそのシーンがそこにありました。

そんなマイマイさんこそが今の℃-uteを支えているんだなと思うくらい、今の萩原さんはセンターにポジションを取ってこそ輝くような貫禄が出てきたように思います。かたや岡井ちゃんの歌が本当に素敵なアカペラコーナー。そういうメンバーを見ながら「足を引っ張らないようにしたい」と控えめな目標を掲げるなっきぃのハードワーク。5人が高め合えるかけがえのない関係を改めて目にしました。

「たどり着いた女戦士」の間奏部分に挿入される映像、昨日5人になって最初のよみうりランドEASTの映像から始まり、今日で武道館発表のサンシャインの映像まで繋がるようにできていました。すなわち5人の℃-uteがたどり着くまでのハイライトを切り取ったようになっていて、これは泣くだろ。特に昨日の5人になって、100回公演(ちなみに会場は全然埋まらなかった)を迎えて、という映像…良くここまで持ち直したなと本当に思います。

さて、今回は11月発売の新曲も披露されました。なっきぃのダンスが相変わらずなっきぃらしく跳躍する、勢いのある曲です。今回のようなコンサートを行った以上、これからの℃-uteが勢い任せにならないように、そこだけが難しいところかな、という風には思います。地道な努力で、真剣に続けてきたからこそ得られた実力派という評価。それが演出に隠れてしまわないように、人気が先行して陳腐化しないように、℃-uteらしさはいつまでも℃-uteだけのものであるように、新しい一歩が今日から始まります。

それにしても、今月はこのあと握手会やらチェキ会やらあるわけで、武道館アーティストになってもなおそういう仕事が相次ぐというのが時代というかなんというか…(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月 7日 (土)

[東京女子流]「運命/ワンダフル スマイル(新井ひとみと松島湾子)」リリース記念イベント~夏の思い出~@ 渋谷タワレコ

6月リリース曲のイベントが夏を挟んで今日行われ、3回目にいってきました。

3ヶ月ぶりに見る女子流は、また一段と大人っぽくなっていました。比較的昔から大人びていたあぁちゃんはあまり変わっていないのですが、他の4人は本当に見るたびに変わっていきます。そういう姿を見るときに抱く何ともいえない感情は、それこそ今のBerryz工房や℃-uteに対して抱いてきた感情そのものです。何度こんな想いを抱けば私は満足するのでしょうか。

そういう若干切ない感覚とは裏腹に、目の前の山邊さんはセブンティーンっぷりを見せつけていきます。思えば結成時には小学生が4人いました。それが今は高校生が4人。ちょうど5人になって先が見えるはずもなかったあの頃の℃-uteみたいな年齢構成になってきました。

運命・ワンダフルスマイル・それでいいじゃん・約束の4曲と夏の思い出トーク。後ろ2曲は山邊さんのセレクトということで、いかにも彼女らしい選曲だなと思いました。途中のMCでは佐竹さんと中江さんのトークという一幕も。しかしこの二人なんだか夫婦漫才みたいで相変わらず面白いな。「最近話してない」などと「倦怠期」というタイトルが付きそうな会話でした。

握手会もそれこそ3ヶ月ぶり。あぁちゃんとは衣装の話、未夢とは歌の話。「未夢ちゃん歌上手くなったよね~」というのを真っ向から否定するわけでもなくなってきたのでちょっと嬉しいです。あんまり自覚はないみたいでしたけれど、でも約束のソロパートなんてCDよりもだいぶ上手くなってると思いました。

ひーちゃんはMCで英語の勉強頑張ってるとか言ってたのでそういう話をしたのはいいのですが、またしても私を見てとりあえず驚くパターン。なんですかこれは。ついつい「あ、久しぶりだね」とか言っちゃうからやめてくださいそういうのw

友梨ちゃんと、日焼け止めぬってても焼けてしまうというMCの話から「ぼくもなんだよね~」「お仲間ですね!」とかやりとりしてたら、なぜか横にいる佐竹さんが「みんな気をつけてるんですけどねー」などと割り込んで、そのまま「ありがとうございますー」とはがしにかかってくるという椿事。その間、めいてぃんは私と握手したまま様子見。結果、

私「いや、(庄司さんと)喋らせてくださいよw」 佐竹さん「あ、どうぞw」

という謎のやりとりが発生したのち、めいてぃんには女子流が最近頑張っているらしい演技系のお仕事(中江曰く「秘密の仕事」)頑張ってね、ということを伝えてきました。ゆったりしてる握手会ってやっぱりいいですね。

あぁちゃんは決して本調子ではなく、友梨芽生もまだ調子にムラがあるという状態で、なかなか今は厳しい状況にあると思います。それでもステージ上は笑顔があふれていて、綺麗な音楽が流れていて、これが女子流だなと思う何かは確かにあります。支え合って信じ合って、あたたかい環境の中でやっていくことが、今の女子流チームにとっては良いことなのかもしれないな、と感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年9月 1日 (日)

[℃-ute]Cutie Circuit 2013~悲しき雨降り/アダムとイブのジレンマ~@ 横浜BLITZ

リリース記念イベントの2回目に行ってきました。

昔と違ってリリース週にこれでもかというくらいイベントをやるようになったので、CD封入の応募券で抽選、当選したら参加出来るイベントというのがどこまで希少なのかサッパリ分からないところではあるのですが、まあ気楽に見るイベントとしては良いのかなーとも。

悲しき雨降り→MC(自己紹介)→最高ミュージック→誰にも内緒の恋しているの→かっちょ良い歌→告知→トレジャーボックス。フォーメーションが複雑じゃない曲をメインにやっているのかもしれず、武道館を前にこの選曲は妥当なところだな~という感じ。

しかし℃-uteは色々問題はあってもリリースイベントだけはコーナーも曲も充実、というのが数年前の良いところだったので、なんとなくそれが無くなってきている現状はどうにかならないものか、むしろ毎回書いてますが握手はなくして曲たくさんやるとか、曲少なくても握手ゆっくりとか、あるいはそもそもリリースイベント自体いらないとか、根本から考えた方がいいのかなーなどと。

まあでも最高ミュージックにしてもかっちょ良い歌にしても盛り上がるんで良いんですけれどね。楽しいですし。結果、握手会でも楽しかった、とか、武道館頑張ってね、とかしか、今更言うこともないんですよねー(笑)

++

あと横浜BLITZが今度閉館することになっているので、もしかするとこのイベントで個人的には最後になったのかもしれません。なかなかお世話になったところですし、意外とアクセスも良いところで好きだったんですけれど・・・。

定期借地権で、こういうライブハウスを造るのは良いことだとは思うのですが、当然音楽は土地に根付いてしまうので、閉館した後にどう受け皿を作っていくのかも真剣に考えないといけない問題だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Juice=Juice]メジャーデビュー記念 Freshミニライブ・握手会@ 赤坂サカス

昨日のイベント行ってきました。Juice=Juiceは野音以来、5人になってからは初めてでした。しかも、宮本さんが足の負傷で座ってのパフォーマンスということで、完全な状態で見るのはまだ先になりそうです。

開始直前にサカスに到着するとそれなりにステージ前を客が埋め尽くしている状態。なんとか柵で囲われた領域に入り込むのが精一杯という状況。11日に発売になるトリプルA面のデビューシングル3曲と、天まで登れ!を披露していきました。

歌もダンスももちろんこれからというところはあるものの、全体としてはすごくレベルが高いな、と。そして℃-uteや娘の現場がすごくマイルドになってきているぶん、久々に「ああこれはアイドルの現場だな」という雰囲気を味わいました。

MCでは℃-uteやBerryzが武道館公演を行うことに触れ、自分たちもやれるようになりたいと語ってくれました。また、TBSでのイベントということもあり、レコ大の新人賞を取りたいとの発言もしてくれました。

++

植村さんがすっごくかわいくなってる気がしました。何かと評判の金澤さんは噂通りの握手対応。期待の理系女子として頑張ってほしいところです。あと、宮本さんはやっぱりスーパーアイドルだなと。一つひとつが難なく丁寧で、それは確かにやろうと思えば誰でもできることですが、やろうと思わなくても自然にできている印象なのが佳林ちゃんという人なのでしょう。きっと。

そして高木さん初めてしっかり見てたら、本当にきっちり歌えてて踊れててすごいなと。もうピシッとしててかっこいいなと。さゆべぇがこのグループを支えてるところはすごく大きい気がします。そしてリーダーの宮崎さん。大学生にしてあの謙虚さ、それにきっと救われる瞬間があるのではないでしょうか。

まあ、正直なところハロプロ自体がかなり過密スケジュールで、5つのグループを回していくだけでも相当大変な状態にある中で、末っ子ユニットであるJuice=Juiceがどこを目指していくのかは難しい問題だと思います。でも前に進むしかないのですから、明るくフレッシュに当面はやるしかないのかなー、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »