« [山下達郎]Performance 2013@ 大宮ソニックシティ | トップページ | [℃-ute]Hello! Xmas Days@ 山野ホール »

2013年12月23日 (月)

[東京女子流]LIVE AT BUDOKAN 2013@ 日本武道館

2年連続の日本武道館公演に行ってきました。

集客が重要なのであれば、去年埋まらなかった会場が今年埋まるようなこともないのですけれど、それでもこういう場を経ることで成長していくというのもまた1つのあり方なのかな、と思いました。女子流にとっては音楽が何より大切で、それは普段の握手会やらなんやらというイベント中心の活動が活発になるにつれてちょっと見えにくくなる部分もあるのですが、こうして武道館でコンサートを見るとその原点を思い出すことができます。

最近の曲から懐かしい曲まで新旧織り交ぜてきれいなセットリスト。アタックハイパーからスタートしていきなり特効(テープ発射)を使ってくる意表のつき方はさすが。今回のバンドはほとんどBuono!のバックバンドと同じ編成で、ejiさんやらマイマイさんやら潤子さんやらモニターに映るたびに懐かしい気分。こんどはBuono!と一緒にこのステージに立って欲しいななどと余計なことも考えつつ。ejiさんのキーボードが奏でるRegretのイントロは素敵。

「きっと忘れない、、、」のラストのサビ前、観客含めた武道館全てから音が消えるああいう一瞬は、音楽をみんなが楽しもうとしているからこそ生まれるものだと思います。そしてそれは何より女子流のステージだからこそ実現する瞬間だと思います。次の曲「鼓動の秘密」のイントロ前のフォーメーションが完成した瞬間にわき上がる歓声なんかも一緒で、多くのファンがきちんと目を離さずステージを見ていることが感じられるのは女子流の現場のすごく良いところだなぁと。

Partition Loveでは「歌詞も振り付けも問題作」などと友梨が煽れば、「3部作のまだ1曲目ですからね」と未夢が期待感を増幅するMC。Mineみたいなかっこいい曲もだいぶなじんできた雰囲気。でもやっぱりちいさな奇跡みたいな曲を歌ってこそ女子流みたいにも感じるところはあります。そんなふうに何でもできるというか、多少ぶれても何でもやろうとすることは善し悪しかもしれませんけれど、去年とは違う姿がきちんとそこにあるなと思わせながら、アンコール最後はデビュー曲「キラリ☆」。

相変わらず発表をさらっと言ってのける未夢ちゃんですが、4月から女子流は全員上京して活動するとのこと。そこにはある種の決意があって、戻れない道を進み始めているんだなという気がします。まずは春の全国ツアーが楽しみですね。

|

« [山下達郎]Performance 2013@ 大宮ソニックシティ | トップページ | [℃-ute]Hello! Xmas Days@ 山野ホール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123631/58803605

この記事へのトラックバック一覧です: [東京女子流]LIVE AT BUDOKAN 2013@ 日本武道館:

» 東京女子流 最新情報 - Nowpie (なうぴー) アイドル [Nowpie (なうぴー) アイドル]
東京女子流 の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど [続きを読む]

受信: 2013年12月27日 (金) 08:39

« [山下達郎]Performance 2013@ 大宮ソニックシティ | トップページ | [℃-ute]Hello! Xmas Days@ 山野ホール »