« [モーニング娘。]ナルチカ2013冬@ 金沢Eight Hall | トップページ | [東京女子流]LIVE AT BUDOKAN 2013@ 日本武道館 »

2013年12月15日 (日)

[山下達郎]Performance 2013@ 大宮ソニックシティ

10月22日の公演を見に行きました。

達郎さんがツアーを再開してから毎年見に行っていますが、今回はメロディーズの30周年・シーズンズ・グリーティングスの20周年記念ということで珍しい曲も聞けて大満足でした。

「最近は若いお客さんも増えて、そういう人はOPUSを聞いてファンになってくれて、『予習』してきてくれたりして」とかなんとか、かつては「予習なんてくだらない」とハッキリ言っていたことを考えると随分マイルドな言い方になったなと思います。しかし、予習しなきゃ楽しめないのはライブじゃない、というのは本当にいつもその通りだと思うばかりです。

その「最近の客層」の他にも、毎年同じ内容のMCがいくつかあります。その一つが、「なぜライブが3時間越えになったか」について。曰く、地方のホールが半分も埋まらなかった時、ここでやるのは最後かもしれないと思って、それであれば今日できることは全部やろうと思ってやった結果どんどん長くなっていったのだと。30年以上経っても客が少なかった頃の記憶はすごく残るんだなーと感じます。

メロディーズの30周年によせては、夏のイメージがつきかかっていたときに「TUBEにはなりたくない」と作ったアルバムがこれだったというお話。そしてメロディーズに収録されている名曲が「クリスマス・イブ」。前にも後にもただ1曲のヒットチャート1位シングルであり、ただ1曲のミリオンセラー。それはかっこいいですよね。そして活動の三原則「テレビに出ない・武道館でやらない・本を書かない」「このホールが自分にとっての武道館であり東京ドーム」という定番の展開。

さて、達郎さんはツアーが終わるまでは「インターネット上でのネタバレには配慮するように」「わざわざブログにツアーのセットリストをずらっと並べたりするのは単なる自己顕示欲」というので、この投稿もそういうことにならないように配慮しています。しかし同時に「書くなとは言わない、配慮するように」ということを強調されるわけで、そこがいまたとえばPerfume周りで起きている「ネタバレは全部禁止」みたいなところよりはさすが違うんだな、と思うところでもあります。

まあそもそも、セットリストをずらっと並べた程度では分からないような見どころ聞きどころはたくさんあって、それでこそ「予習なんか必要ないライブ」だということなんだろうと感じます。本来的には、全てのアーティストがあのラインを目指せたら良いんだろうな、と思います。

|

« [モーニング娘。]ナルチカ2013冬@ 金沢Eight Hall | トップページ | [東京女子流]LIVE AT BUDOKAN 2013@ 日本武道館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123631/58503302

この記事へのトラックバック一覧です: [山下達郎]Performance 2013@ 大宮ソニックシティ:

« [モーニング娘。]ナルチカ2013冬@ 金沢Eight Hall | トップページ | [東京女子流]LIVE AT BUDOKAN 2013@ 日本武道館 »